お金・資産運用

【資産運用】年収400万円の僕は1ヵ月の支出額を把握することから始めた

年収400~600万円程度の凡人が億万長者になるためには、やはり支出を抑えることがマストです。

なぜなら、収入と違って支出は自分の意志でコントロールできる部分だから。

収入を1万円増やすのは難しいけど、支出を1万円少なくすることは意外と簡単にできるからね。

なかなかお金が溜まらない人ほど、自分が毎月どれくらいお金を消費しているかを把握できていません。

僕も全然貯金が増えないから、これを機に毎月の支出額を計算してみようと思う。

1ヵ月の生活費を家計簿で管理してみよう

「よし!今日から食費を1日1,000円に抑えるぞ!」と気合を入れていきなり質素な生活を始めるのではなく、まずは自分の1ヵ月の生活費をチェックしてみましょう。

支出を把握するためには、いつの時代も家計簿をつけることが基本です。裏技はないので、自分で管理するほかありません。

ただし、1円単位でキッチリつけるのは面倒だ!

レシートを保管したりするとなると挫折しそうだから、まずは千円未満は切り上げで考えるなど大まかで大丈夫だと思う。

 

今の時代、アプリで家計簿をつけることが一番楽です。お金を使ったら、アプリに金額を入力するだけなので誰でも気軽に始めることができます。

中でもシンプルで使い勝手のいい『Monelyze』がおすすめ!

家計簿 マネライズ - シンプルな家計簿アプリ
家計簿 マネライズ – シンプルな家計簿アプリ
開発元:tetsuro hamakita
無料
posted withアプリーチ

実際に僕も使用していますが、固定費(家賃や携帯代など)以外の支出をアプリで管理しています。

洋服代や映画代、友達と遊んだ時の支出とかですね。

こんな感じで管理できます。僕の場合、1ヵ月の雑費は3万円程度かかることが把握できますね。

このデータをエクセルなど表計算ソフトで毎月管理し、毎月定額負担する固定費を加算すれば、ご自身の1ヵ月の生活費が見えてきます。

僕は、手取額22万円で生活費12万円だったので、毎月10万円ずつ増やせていることがわかりました。

これにより、毎月いくら貯金に回すか、積み立ての投資額をいくらにするかを決める目安が具体的に見えてきます。

つまり、資産運用は支出額を把握できないうちは始めることができないということですね。

凡人が億万長者を目指すなら、投資から逃げることはできません。ゆえに支出を抑えて毎月投資できる額を増やすことが基本中の基本だと思ってください。

家計簿は資産運用の第一歩

ズボラな僕でもアプリを活用することで、思ったより簡単に家計簿をつけることができました。

その場で金額を入力する癖が身につくので、3日坊主になりやすい人はアプリを活用することをオススメでします。

さらに、家計簿を見て「この部分は余計な出費だ」と自分で判断できれば、今度は支出を減らす努力をする段階に入ります。

ここまでくれば、お金を貯める楽しさが芽生える頃でしょう。

「家計簿なんて面倒だ!」と考えているうちは、我々凡人が億万長者になれる日は一生訪れないですからね。削れる部分は徹底的にです!