公務員の給料・貯蓄

20代の地方公務員は年収こそ低いが浪費しなければ余裕で暮らせる

どうも、20代のほとんどを公務員で過ごしたアツシです。

20代の公務員って安月給と聞くけど、リアルな給与情報を知りたい!

結論から言うと、20代の給料はめちゃくちゃ安いです。

学歴があろうが問答無用なのが公務員の世界。

 

未だに公務員って「民間より給料が高い!」というイメージが先行してますが、ぶっちゃけ20代の地方公務員が贅沢なんて夢のまた夢。

一方で、地方暮らしであれば20代の年収でもお金に困らず暮らせちゃう事実もあります。

大家族を養うなど特別な事情がなければ余裕です。

  • 20代の公務員の年収や給与
  • 20代の公務員の貯金額

この記事では、元県職員だった僕が『20代の地方公務員のリアルな年収と暮らし』についてお伝えしていきます。

20代の地方公務員の給料

年齢 平均給料月額
20~23歳 約178,000円
24~27歳 約201,000円
28~29歳 約228,000円

公務員の給料については、総務省が公表している『地方公務員給与実態調査』を確認することで、各都道府県の具体的な数値がわかります。

地方では、大卒でも初任給が20万円を超えるところはほとんどなく、20代のうちは年に5,000円ずつ上がっていくイメージです。(2号級に昇格する時は1万円ほどアップします)

つまり、新採職員と29歳では業務の内容こそ違えど給料の差はそれほど開いているわけではありません。

給料に関しては、主査や係長になるまで我慢の日々。優秀な人ほど忙しいのに給料が大して上がらないことに不満を持っているのが現実です。

先輩だから奢るけど、「お前と手取りそんなに変わらないからな!」と心の中で呟いているので、後輩君は先輩を大事にしてあげましょう。

20代の地方公務員の平均年収

それでは、具体的に手当を含めた全体の額から年収を計算していきましょう。

夏と冬の年2回ボーナスが支給されるので、それらを含めた額から地方公務員の年収を算出していきます。

公務員は給料以外にも、住居手当や通勤手当などが支給されるので、住む場所や通勤距離によって給与に差が出ます。基本給だけだと悲しくなるほど年収低いです。

実家暮らしで通勤手当しか支給されていない人は、残業しないと事務補助員さん並みの手取りになるので、20代後半でも20万円を超えないこともザラにあります。

年収・・・給料(基本給)+各手当+ボーナス

地方公務員全体(一般行政職)

年齢 年収
20~23 約345万円(うちボーナス80万円)
24~27 約404万円(うちぼーなす90万円)
28~29 約460万円(うちボーナス100万円)

県庁・市役所・町役場の比較(一般行政職)

20代の平均年収
県庁 約404万円
政令都市 約427万円
特別区 約438万円
市役所 約400万円
町役場 約362万円

ボーナスは一律90万円で計算

某県庁に勤務しているA君の場合

都心から離れた地方で働くA君の給与モデルを作ってみたので参考にしてください。

ちなみに僕の後輩のデータになるので、リアルな数字になっていると思います。

  • 年齢…28歳
  • 配偶者(妻)…なし
  • 配属先…農林水産部
  • 時間外勤務…30時間/月
  • 住居…1K(家賃45,000円)
  • 通勤距離…6km(車通勤)

関東の大学を卒業し、ストレートで県職員になったA君。合コンで県職員と名乗ると、必ず「給料高いでしょー」と羨ましがられるそうです。

では、さっそくA君の1月の給与を算出してみましょう。

月額
給料 238,000円
通勤手当 4,200円
住居手当 22,500円
時間外手当 54,000円
合計 318,700円

ボーナスは夏・冬合わせて100万円くらいなので、A君の年収は482万円となります。28歳で約500万円なら同世代では貰っている方ですね。

平均よりも80万円ほど高いのは、時間外勤務が月30時間あることが要因となります。

人によっては月100時間を超える場合もあるので、A君が異常に激務というわけではありません。

 

勤務地や配属先によって、同じ28歳でも年間100万円以上の差が生まれることがあるので、本庁の忙しい部署にいるA君の年収は他の職員に比べて高い水準となっているのです。

ちなみに、A君の時間外勤務手当が0円の場合は、年収は418万円まで下がります。

結局のところ、残業すれば高給取りにあるし、残業ゼロなら安月給になるって感じですね。

これで、20代後半の地方公務員のリアルな年収がイメージできたのではないでしょうか。

20代の地方公務員の手取り額

公務員も民間同様、毎月の給与やボーナスから社会保険や年金、所得税などが差し引かれます。

だいたい年収の8割が手取りベースになるので、20代の公務員の手元に残る額の目安は以下のとおりです。

年齢 年収
20~23 約276万円
24~27 約323万円
28~29 約368万円

ボーナスを除くと、毎月の手取り額は17万円~24万円くらいになります。29歳にもなって手取りが10万円代しかない人もいるので、イメージとのギャップがありますね。

結婚適齢期にもかかわらず専業主婦を養うことすら厳しいのが現実なので、ほとんどの同僚は共働きで頑張っています。なので、公務員に養ってもらうのは難しいと思います。

公務員は遅咲きなので、給与に関しては40代以降に期待してください。そこまで耐えることができれば年収の不満が一気に失います。

低賃金でも田舎暮らしでは不自由しない

20代とは言え、結婚費用や持ち家の購入を考えると否が応でも貯蓄を意識しますよね。

地方公務員の中には20代のうちから財形貯蓄を始めている職員も珍しくはないので、遊びたい年頃ですがお金のことも考えていきましょう。

先ほどの説明で、20代の手取りは残業しないと伸びないことがわかったはず。お金の使い方を一歩間違えると貯金ができないのは一目瞭然ですね。

 

月の手取りが20万円で毎月の生活費(家賃・光熱費・食費・スマホ代など)が10万円の支出だと仮定すると、手元に残る額は10万円になります。

ここから趣味や娯楽、貯金に配分していきます。

この辺は個人でバラつきがあるので正直なんとも言えない部分ではありますが、結論から言うと地方公務員は20代でも趣味を楽しみつつ無理なく貯蓄ができます。

お金のかかる趣味がなければ、普通に生活しているだけで1年後にはそこそこお金が溜まっていると実感できるので安心してください。

ちなみに、僕の月にかかる主な支出は以下のとおりです。

  • ジム代…9,000円
  • 洋服代…10,000円
  • 飲み代…15,000円
  • ガソリン代…8,000円
  • 交際費…15,000円

地方は娯楽が少なく、友達や彼女と遊ぶにしても飲み会・温泉・映画のローテーションばかりでした。

年に2回くらい旅行にも行っていましたが、ボーナスから支出していたので、月々に関する費用は約6万円くらいでしたね。

このことからも、20代でも豪遊さえしなければ毎月4万円くらいは余裕で残せることがわかります。

ボーナスを合わせると年間100万円の貯蓄を作ることは決して難しいことではありません。

 

大学を卒業して22歳で地方公務員になった方は、最初の1年こそ貯蓄をする余裕がなくてもお金は少しずつ貯まっていきます。

確かに20代のうちは給与がなかなか上がらないので不安な気持ちになりますが、普通に生活していればお金に困ることはありません。

 

ちなみに、僕の同期では20代で1,000万円近い貯蓄を生み出した猛者もいます。

実家暮らし+激務という条件が重なったレアケースではありますが、年収の低い田舎でも財を築き上げることは可能なのです。

 

しかし、一方で30歳になっても貯金が100万円以下という職員もいます。

彼らに共通するのが、無駄な支出が多いということです。当たり前ですが、毎月の支出額が多いと貯蓄は少なくなります。

車や時計などにお金をかけたり、毎週飲み歩いたり女遊びが激しかったりする人は、なかなか資産を築くことができていません。

公務員の年収は低くはありませんが、贅沢をするとすぐに家計は火の車になることを覚えておきましょう。

県職員時代のリアルな貯金額

僕は30歳で200万円の預金額がありましたが、周りと比べると正直言ってめちゃくちゃ少ないです!

いくら若手公務員の年収が低いからと言って、社会人8年目の公務員の中では倹約できていない印象を受けるでしょう。

浪費家と言われても反論できないレベルですね。

 

ただ、言い訳をさせてもらうと、29歳の前半までは約600万円近くの現金資産がありました。同期と比較しても多い方だと自負しています。

勘のいい方は察しがついたと思いますが、29歳の後半だけで約400万円の現金が銀行から逃走してしまったのです。

 

強盗にでもあったのか?

いえいえ、自分で財を放出したのです。

 

あれは遡ること29歳の夏…

 

社会人になっても大きな買い物をしたことのない僕の人生は、早くもマンネリ化を迎えていました。

ただ仕事をして帰るだけの日々の中、彼女もいないし熱中できる趣味も見つかりません。

 

何かを変えたい!

 

そう思った僕は、何となく「車でも買おう」と考えるようになりました。

大学生の頃に親から買ってもらった車は、購入から10年以上が経過していたため白羽の矢が立ったわけです。

普段はあまり物欲がない僕ですが、公務員になって初めての高額な買い物にウキウキした気持ちでいっぱいでした。

そして、車検が近かったことも後押しになり、勢いで200万円の車を現金一括で購入!

 

これで貯金が400万円にダウン。

 

まぁ、地方暮らしには車は必需品なので、この出費は珍しいものではありません。

下手にローンを組むより一括購入した方が将来的には安上がりですからね。

 

ここからが問題。

残り200万円が消えたわけ…それは29歳の冬に手を出した仮想通貨にあります。

ご存知の方も多いかと思いますが、2018年に仮想通貨市場がヒートアップして12月にはビットコインの価値が1BTC=約200万円まで高騰しました。

 

「今買えば、数ヵ月後には倍になる」

「億り人になればアーリーリタイアも夢ではない」

 

こんな仮想通貨ドリームを掴もうと、多くの日本人が一斉に仮想通貨に手を出したのです。

僕もその中の一人で、気がついた頃には貯金200万円でビットコインを購入していました。

 

しかし、仮想通貨バブルは崩壊し、ビットコインの価値はジェットコースターのように急落。

投資のリスクを全く考えていなかった僕は、一気に地獄へと突き落とされたのでした。

 

損失を確定させることに躊躇している僕は、未だにビットコインを現金化できすにるのが現状です。

今後、仮想通貨の価値が上がるかどうかは不明ですが、僕の中では200万円の貯金は最初からなかったものとして考えるようにしています。

 

激動の29歳が終わり、僕の手元に残ったのは約200万円のみ。この出来事がきっかけになり、30歳から本気で資産運用に取り組み始めました。

これが僕のリアルなデータになりますが、かなり特殊な事例なので全然参考になりませんね(笑)

20代公務員の平均貯蓄額を計算してみた

20代の地方公務員の給料と年収は低いけど贅沢しなければ余裕で暮らせる』で詳しく年収について解説していますが、大卒で公務員になって7年間働いた人のトータル収入をざっくりと計算すると約2,800万円になります。

手取りは約8割くらいになるので、約2,200万円ほどが銀行に振り込まれます。

 

ここから7年間の支出額を差し引くわけですが、『家計調査報告(総務省)』からざっくり計算すると一人当たりの月の支出額は以下のとおりになります

食費 40,000円
光熱費   7,000円
被服費   9,000円
医療費   4,000円
交通費 11,000円
通信費   7,000円
娯楽費 20,000円
交際費 10,000円
雑費 15,000円
合計 128,000円

ここに家賃を入れた額が月々の支出額となるわけです。家賃を5万円だとすると約18万円になります。なお、家賃補助は収入に含まれていると仮定しています。

このことから、18万円×12月×7年=1,512万円となり、2,200万円(手取り額)ー1,500万円(支出額)=700万円が銀行口座に残ると計算できますね。

ただし、この計算には旅行や車の購入などイレギュラーな出費が考慮されていないので、600万円くらいが妥当なところではないでしょうか。

 

ほとんど残業しないとなると400~500万円が目安になりますが、安月給の20代でもそこそこ貯金を増やすことは可能だということがわかります。

そこまで節約をしなくても、しっかり貯金ができるので安心してください。

もちろん、飲み代や趣味にお金をつぎ込むタイプの人は思うように貯蓄できないです。

まぁ、公務員は財布の紐は固い人が多いので大丈夫でしょう!

実家暮らしだと1,000万円も夢ではない

地方公務員の方だと、実家から通勤できる人も多いですよね。

実家暮らしになると、家賃や光熱費、食費などを合わせて月6万円家に入れたとしても月々5万円ほど一人暮らしよりコストを抑えることができます。

つまり、5万円×12月×7年=420万円ほど一人暮らしに比べて貯金額を増やすことが現実的に可能ということ。

お金のことだけを考えると、実家に留まるのがコスパ最強と言えますね。

 

机上の空論かと思いきや、実際に1,000万円を貯める地方公務員は僕の同期にも数名ほどいます。

物欲もなく黙々と仕事をこなすTHE公務員って感じのタイプです。

 

まぁ、僕自身も実家で生活していれば1,000万円は不可能ではないと実感しているので、忙しい部署に異動希望を出して汗水流して一生懸命働けば到達するラインというのは間違いないです。

20代のうちに1,000万円の貯金があれば、30代以降の生活にかなりのアドバンテージを生むことができるので、これから公務員になる方は1,000万円にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

地方公務員は20代のうちから投資の勉強をした方がいい

20代のうちからコツコツ貯金をしている人こそ、ぜひ資産運用の勉強をオススメします。

投資と聞くと「損をする」「怪しい」というイメージが先行しがちですが、正しい知識と時間があれば銀行貯金をしている方が勿体なく感じるはずです。

特に公務員は真面目で慎重な人が多いので、銀行預金のみで資産を形成している人が目立ちますが、お金に関する知識を「知っている人」と「知らない人」では、将来の貯蓄に大きな影響を与えるのは間違いありません。

 

リストラのない公務員は資産運用を計画しやすい職種になるので、何も考えずに銀行預金が増えるだけでは正直もったいないです。

10年後、20年後、30年後に不安のない生活を送りたいなら、20代のうちから資産運用を始めましょう。

 

ただし、素人が仮想通貨やFXなどハイリスクの商品に手を出すのはオススメできません。

短期の利益ではなく長期的な目線で資産を増やすことを考えなければ失敗するリスクが大きくなります。

僕自身も「仮想通貨は儲かる!」という情報に飛びついて150万円ほど損したことで、一瞬で財を失う恐怖を身を染みて体験しましたから…

よって、資産運用を始める際には、人から聞いたことを鵜呑みにするのではなく、自分自身でとことん調べることが何より大切です。自分の資産は自分でしか守れないのですから。

 

収入を大きく増やすことができない公務員が財産を築くためには、上手に制度を利用して資産を増やすことが大切です。

中でも公務員と相性抜群の制度が、iDeCo(イデコ)積立NISAになります。特に注目すべきはiDeCoです!

2018年から公務員もiDeCoに加入することができるようになったので、20代のうちから目をつけておくと同期より上手に資産を形成することができるでしょう。

一生公務員を続けるつもりなら絶対にやるべきです。

所得税と住民税の節税効果だけでも年間4万円ほど税金を安くすることが可能なので、20代の公務員は真っ先にiDeCoの制度を把握した方がいいですよ。

後から「もっと早く知っていればよかった…」と嘆かないよう、今やれることは後回しにしないように!

公務員こそiDeCo(イデコ)に加入して老後資金を運用する時代がきたどうも、公務員時代に投資にハマったアツシです。 このご時世、老後の暮らしが約束されている時代ではありません。 危機感...

20代地方公務員の年収まとめ

  • 20代の昇給は微々たるものだから年収は低い
  • 残業しないと手取りが20万円を超えない
  • とはいえ、地方の暮らしなら貯金は余裕
  • 30歳までの600万円貯まれば上出来
  • 給料が安いからこそ資産運用の勉強を始めよう

僕の県職員時代の経験からリアルな情報を書いてきました。

20代の労働環境は正直良くはないですが、ボーナスも年2回きっちり出るので生活に困るレベルではありません。

30代になると年収がトントン拍子で上がるので、20代で結婚したとしてもお金の心配は民間企業と比べると少ないと言えます。

「20代は安月給だけど過度に不安になるな!」

以上、アツシでした。

 

▼公務員の金銭事情を知りたい人はこちらもどうぞ

【地方公務員】給料・ボーナス・年収・退職金などリアルな金銭事情まとめ地方公務員のお金事情については、公務員のみならず一般の方も興味津々だと思います。 地方公務員の給与に関しては、総務省の『地方公務員...

 

▼公務員になりたい人はこちらを参考にしてください

公務員試験を独学で合格した半年間の極意を元県職員が全部伝えるどうも、民間企業で働きながら公務員試験に合格したアツシです。 公務員を目指すにあたっては予備校で勉強する選択肢もありますが、僕は働...
社会人から公務員試験に一発合格した僕のリアルな経験談を全部伝えるどうも、民間企業で働きながら半年間の勉強で公務員試験に合格したアツシです。 民間企業・公務員・フリーランスを経験した僕から言わせる...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です