投資の心得

30歳のサラリーマンが今後30年間のリアルな投資戦略を計画してみた

30歳から本格的に資産運用を始めたつきもちおです。

まだiDeCoとつみたてNISAを始めたばかりの未熟者ですが、今後も勉強しながら色々な投資方法を実践していくつもりです。

この記事では、30歳から60歳を迎えるまでの30年間にスポットを当てた投資戦略を計画してみました。各年代でどんな投資をどれくらいの規模で実践していく予定なのか参考にしてください。

30代の投資戦略

僕の仕事は、30代前半から年収が一気に上がります。生活水準を上げなければ自然と投資に回せる額は増えるでしょう。

とは言え、結婚適齢期でもあるので結婚式や引越しなど大きな支出も見込まれます。環境の変化に合わせて投資額を調整する必要がある可能性が高いです。

個人的には、300万円ほど現金資産があればお金に困ることはないと考えています。独身のうちは大きな出費がないので投資計画を立てやすいですね。

お酒を飲まない+ケチな僕としては300万円は既に確保済みなので、30代前半でも毎月5万円ほど投資に回せています。

もしも結婚したとして、僕は共働きを希望しているので月5万円の投資は崩さないと思います。将来のことはどうなるかわかりませんが、30代では月5万円投資できる前提で話を進めていきます

投資内容 月額
iDeCo 12,000円
つみたてNISA 33,333円

『iDeCo』と『つみたてNISA』はインデックスファンド(投資信託)を積み立てしています。

投資初心者の資産運用にインデックス積立投資をオススメする3つの理由資産運用を語るうえで、インデックス投資は外せません。 基本的に個別株やFXによる資産運用はインデックス投資のおまけみたいなもので、...

僕の資産運用は長期積立投資が基本なので、バイ&ホールドを徹底して相場に関係なく毎月一定額をコツコツ積み立てます。

仕事が予想以上に忙しく繁忙期にはチャートを見る余裕がなくなるので、手間がかからない投資方法のメリットを日々実感しているところ。

この積立投資を10年間継続した時の元本は以下のとおりになります

投資内容 総額
iDeCo 1,440,000円
つみたてNISA 3,999,960円

貯金したとしても500万円を超えるので、それなりの資産になります。毎月の支出を抑えてコツコツ貯めるだけでも資産運用としては合格ラインに達するかもしれませんね。

ただ、僕は投資で資産を増やすやり方を選択しているので、それなりのリスクを取っています。今度は、見事年利6%で運用できたと仮定した時の膨れ方を計算してみました

投資内容 総額
iDeCo 1,966,552円
つみたてNISA 5,462,590円

合計すると7,429,142円となり、約200万円ほどの利益になります。貯金と合わせて1,000万円の資産を作るのが30代での一つの目標となりそうです。

ただ、10年間のスパンだとタイミング的に株価の暴落等に巻き込まれて元本割れすることも考えられるので、この時点ではあまり利益に期待しすぎないようにしています。

まぁ、たとえ損失が出たとしても長期積立投資は継続します。10年はあくまで通過点に過ぎないので、むしろ「値下がり時に仕込むことができる!」と前向きに考えるでしょう。

30代の投資戦略はこんな感じです!

僕は仮想通貨やトルコリラなどハイリスク投資もしていますが、高騰や暴落、ロストカットなど先が読めないので、ここではノーカウントします。

40代の投資戦略

40歳になっても結婚していなければ、おそらくこのまま独身を貫くかと思います。最近ではそれもアリだと考えるようになってきたので、想定内の人生設計ではありますね。

仮に結婚した場合でも、30代の投資戦略は継続したまま月5万円の積立投資はやめないつもりです。

と言うのも、10年間の積立投資ができたなら、いよいよ複利効果の威力が発揮される頃合いなので、ここで積立額を減らすような真似は極力避けたいからです。

つまり、月5万円の積み立てができなくなるくらいの経済レベルに陥るのであれば結婚はしないってこと。まぁ恋は盲目と言うように、本気で好きになったら結婚するかもしれませんが(笑)

ということで、引き続き『iDeCo』『つみたてNISA』の2本柱の積立投資を継続すると、50歳直前までの元本は以下のとおりになります

投資内容 総額
iDeCo 2,880,000円
つみたてNISA 7,999,920円

元本だけでも約1,000万円。

これだけでも十分凄いですが、30歳からの20年間で年利6%で運用できたと仮定するととんでもない額になります

投資内容 総額
iDeCo 5,544,491円
つみたてNISA 15,291,419円

合計すると約2,100万円。

30代から積立額を変えていないのに元本の2倍まで資産が増える計算になります。いかに複利効果が10年以降にグンと伸びてくるのがわかりますね。

これに合わせて株取引の売買益が出れば、40代でもかなりの資産を作ることができるでしょう。

この結果から、40代の投資戦略としては総資産5,000万円が一つの目標になります。ここで億万長者の半分に到達できれば万々歳でしょう!

仮想通貨などハイリスク投資で見事大きな利益を上げることができればアーリーリタイアも視野に入ります。宝くじよりも確率は高いので、自分の運に賭けてみるのも面白いですね。

着実に資産を増やす戦略になりますが、40代の投資戦略も30代と変わらないので正直つまらないですよね。

なので、時間を見つけて不動産投資の勉強を始めたいと思います。というか、現時点で始めているので、投資額とは別に貯金が1,000万円を超えたら不動産投資にチャレンジするつもりです。

ただ、利益面よりも人生経験のためにやる目的が強いので、300万円程度のワンルームの小規模投資が現実的かと考えています。

ただ、手間と利益のバランスを考えると、今のところ不動産投資にはあまり魅力を感じないんですよね(笑)

まぁ、未来の僕がどう考えるか楽しみです!

50代の投資戦略

正直、20年後以降になると日本や世界の状況が今とは大きく変わっていると思うので、今実践している投資が最適なのかが微妙なところです。

そもそも50代に突入したら、投資リスクを小さくするスタイルに変えていったり、安全資産の割合を増やすなど検討するかもしれません。

定年が65歳になっているはずですが、「定年前に辞めるか?」など年金や退職金も視野に入れた運用計画を立てる必要がありますね。

 

とは言え、40代で5,000万円ほどの金融資産を作ることができれば、追加投資しなくても利回りだけで十分な利益をもたらしてくれるので、ハイリスクさえとらなければ資産は増え続けるでしょう。

よって、『iDeCo』『つみたてNISA』はそのまま積み立てしていく流れになるかと想定しています。

ただ、今は独身でガンガン攻めていますが、金額が大きくなるにつれて『失う恐怖』が強くなると思います。ハイリスク投資を利確して現金化するかもしれないし、超真面目に安全なポートフォリオを形成するかもしれません(笑)

とりあえず55歳を過ぎたらリスク管理を徹底して、積み立てだけでなく老後に向けた出口戦略も考えるのが今のところの戦略になります。

ただ、その時になってみないとわからない部分が大きすぎるので、僕の思い通りには動かないでしょう。

時期が来たらもう一度考えよう!

各年代の資産目標
  • 39歳…2,000万円
  • 49歳…5,000万円
  • 59歳…1億円!

独身or二馬力を想定した資産運用なので、これが専業主婦やパートの奥さんとなると話が変わってきます。圧倒的に投資額が減るので、長期的に考えても大きな利益を出すのは無理でしょう。

そう考えると、僕みたいな平均そこそこの年収の男にとっては投資戦略の鍵を握るのは配偶者ってことになります。

結婚を打算的に考えるのは好ましくないと思いつつ、やはり貧乏になるくらいなら独身の方が…とか思ってしまいます。

ぶっちゃけ、投資を始めてから将来のことを考えすぎるが故に、自分自身の身動きを制御している気がしてなりません(笑)

何も考えないでヘラヘラ人生を楽しんだ方がいいかもしれないとか思う瞬間も多々ありますし…

おいおい、資産運用計画を考えた結果ネガティブになるってどんなオチだよ(笑)