ニキビ跡

顔面真っ赤なニキビ跡の赤みケアに本気になった僕が効果のあった方法を書く

思春期ニキビや大人ニキビのブツブツが治ったのに、肌の赤みがいつまで経っても残ってしまうことはよくあります。

「なんでニキビが治ったのに肌は汚いままなの・・・」とガッカリしている人も多いのではないでしょうか。

赤みが残ったニキビ跡は、一生懸命ケアしているのになかなか消えないので、ニキビ以上に悩みが深い問題と言えます。

「いつか治るだろう」と安易に放置したり、気にするあまり過度なケアをしてしまうと、赤みの色が濃くなったり一生肌に定着することもあるので正しいケア方法を習得しないといけません。

後悔をする前に、赤いニキビ跡を綺麗に治す正しいケア方法を習得して、さっさと健康な肌を取り戻しましょう。

この記事では、赤みニキビ跡のケア方法と悪化予防についてまとめたので、肌の赤みに悩んでいる人は参考にしてください。

赤みのあるニキビ跡が肌に残る理由

ニキビが治っているなずなのに赤みが残ったままだというのは、まだ肌が完全に修復されていないからです。

炎症ニキビの腫れが落ち着いても肌の奥では炎症は続いているため、痛くはないけど色だけが残ってしまっているのです。

ただ、ニキビができたからといってニキビ跡が必ず残るというわけではなく、ニキビ跡が残りやすい条件としてニキビの炎症の大きさが関係しています。

同じ場所に何度もニキビを繰り返したり、赤ニキビや黄ニキビにまで悪化してしまうと、肌が弱ってしまいニキビ跡が残りやすくなるのです。

ニキビを放置すればするほどニキビ跡が残るリスクが大きくなるので、ニキビ治療は早期決着が望ましいです。

 

赤みニキビ跡は初期の状態なので、ここで正しいケアをおこなえば綺麗に治すことができますが、ニキビと違って肌の奥に広がったダメージを修復するのはどうしても時間がかかってしまいます。

炎症の深さや大きさにもよりますが、正しいケアをしても早い人でも1ヵ月はかかると考えてください。

1週間で何とかしようと過度なケアで肌に負担をかけると、メラニンが過剰分泌してしまい色素沈着することもありますので、焦ってケアをやりすぎるのは危険なことです。

ニキビ跡ケアに即効性のある治療法はありませんので、コツコツ地道にケアできる人でなければニキビ跡ケアは困難な道になるでしょう。

赤みのあるニキビ跡のケア方法

赤みニキビ跡を綺麗に消すためには、原因となる肌の炎症を抑えて、いち早く肌を修復させることが大切です。

もともと肌には自らを回復する再生力が備わっているので、スキンケアで肌を整えて自然治癒をサポートすることができれば治りは早まります。

ただし闇雲に化粧品を使えばいいわけではなく、赤みニキビ跡に有効な美容成分を肌内部に届けることが重要です。

中でも「肌の炎症を和らげる成分」と「ターンオーバーを活性化させる成分」の2点に絞ると効果的なスキンケアをすることができます。

それでは、それぞれに作用する有効成分について確認していきましょう。

肌の炎症を抑える

赤みの原因は肌内部の炎症なので、それを和らげるアプローチは有効になります。

炎症を抑えると言っても、肌に刺激が強い成分を配合している化粧品だとニキビ跡を余計に悪化させることもあるので、刺激の少ない成分が望ましいです。

オススメは植物由来の甘草エキスになります。成分表示上は、グリチルリチン酸ジカリウムやグリチルリチン酸2Kとなっていることが多いです。

甘草の持つ成分には抗炎症作用がありますが、肌への刺激が少なく敏感肌の人でも安心して試せる成分になります。

ターンオーバーを活性化させる

ターンオーバーが整っていれば、ニキビの炎症で傷ついた肌細胞が次第に剥がれ落ちるので、ニキビ跡の赤みを綺麗に治すことができます。

しかし、ニキビ跡が治りにくい人の肌は、乾燥してゴワゴワ固くなっていることが多いです。

これはターンオーバーが乱れているせいで、本来剥がれるはずの角質が肌に貯留することで角質層が厚くなっているから。

自分の肌を触ってみて「ちょっと硬いかも・・・」と感じるのであればターンオーバーが遅れている可能性が高いですよ。

ターンオーバーが遅れる状態が続くと、肌内部の修復が終わっても役割を終えた肌細胞がずっと残ってしまい、綺麗な肌に戻りにくくなります。

だから、ごわつきを解消して肌を柔らかく保ちターンオーバーを整えることが、赤みニキビ跡を綺麗に治すためには重要なのです。

そこで肌を柔らかくするために一番大切なことは保湿です。保湿ケアを怠っているようでは、ニキビ跡の治りは遅れてしまいますよ。

主な保湿成分
  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

肌の保湿を考えるにあたっては上記の成分は特に有名ですので、ニキビ跡ケアに関しては覚えておきたい成分になります。

ただ、セラミドの保湿力はとても強力なのですが、水溶性ではないので保湿美容液に配合されていることがほとんどです。

このため化粧水を選ぶ際は、ヒアルロン酸やコラーゲンを基準に考えるといいでしょう。

肌への浸透力が高くないと意味がない

肌にはバリア機能といって、外部からの異物をブロックする役割があるため、化粧水は肌内部に浸透しにくいのが現状です。

つまり、普通の化粧品を使っても肌の表面に成分を塗るだけで、肌内部へ有効成分を届けることはできないということになります。

いくら保湿成分を豊富に含んだ化粧品でも、肌内部に浸透しなくては意味がありませんので、これでは効果的にニキビ跡をケアすることはできません。

このため、美容成分を小さくするナノテクノロジーや、成分の浸透スピードを上げるブースター機能など先端の浸透技術を採用した化粧品を選ぶことがニキビ跡ケアには重要になります。

赤みのあるニキビ跡にオススメなのはリプロスキン

  • 先端浸透技術による浸透力の高さ
  • グリチルリチン酸ジカリウムで肌内部の炎症を和らげる
  • ヒアルロン酸など豊富な保湿成分で柔らかい肌へ導く
  • プラセンタエキスによるコラーゲン生成と透明度アップ

赤みが残ったニキビ跡を効果的にケアしたいのなら、ニキビ跡専用化粧水「リプロスキン」がオススメです。

リプロスキンは、美容成分のナノ化とブースター機能を採用した先端浸透技術により、角質層への浸透効率をアップすることに成功しています。

これによりヒアルロン酸・シュガースクワラン・グリシルグリシンなどの保湿成分を角質層の奥まで浸透させ、それぞれの美容成分の働きを高めて潤いのある柔らかい肌へ導いてくれます。

また赤みの原因である炎症に働きかけるグリチルリチン酸ジカリウム、ターンオーバーの促進をサポートするプラセンタエキスなど、赤みニキビ跡に有効な成分も含まれているので、使用を継続することで健やかな肌を作り上げていきます。

赤みが残ったニキビ跡に悩んでいる人にとって、一度は試してほしい化粧品です。

リプロスキン公式サイトはコチラ

リプロスキンはニキビ跡に効果ある?2年間使用したリアルな口コミ評価ニキビケアで苦労した方の多くが、今度はニキビ跡による赤みやクレーターに悩まされます。 僕もその一人で、スキンケアや食生活も見直した...

赤みのニキビ跡を悪化させる原因を排除しよう

せっかく正しいスキンケアで肌を整えても、日々の生活でニキビ跡を悪化させる習慣をしていれば治りが遅くなります。

最悪ニキビ跡を悪化させることにも繋がりますので、改善できる部分は見直しましょう。

日焼け

  • 赤みニキビ跡を炎症性色素沈着(茶色のシミ)に悪化させる
  • コラーゲンを傷つけターンオーバーを乱す
  • 肌の水分を蒸発させ乾燥させる

日焼けはニキビ跡を悪化させる原因になるので、絶対に避けなければいけません。

「肌が黒くなればニキビ跡が目立たなくなる」と考える人がまれにいますが、むしろ肌が汚く見えるのでやめた方がいいですよ。

僕も日焼けマシンでニキビ跡を誤魔化そうとした時期があったけど、ニキビ跡が余計濃くなって元に戻すのに苦労したからね。

 

紫外線を浴びるとシミの原因となるメラニンが分泌され、これがニキビ跡だけでなく肌全体に悪影響を与えるので注意しましょう。

外出する日は必ず日焼け止めを塗りUVケアを万全にして、肌を紫外線から守ることが大切です。

普段使いの日焼け止めでは、肌に負担の少ない以下の条件を満たしたものをこまめに塗るといいでしょう。

  • 紫外線吸収剤フリー
  • SPF20以下
  • PA++以下

睡眠不足

睡眠不足は肌の修復とターンオーバーを乱す原因になります。

夜更かしや入眠時間のバラつきによりニキビ跡の治りが遅れてしまうだけでなく、大人ニキビができることで新たなニキビ跡を作る可能性もあるくらい。

ゴールデンタイムと呼ばれる夜10時~深夜2時までは睡眠中であるのが理想ですが、忙しい人は深夜0時までには入眠できるようコントロールすれば問題ありません。

ただし、どんなに忙しくても最低6時間の睡眠時間を確保して、ニキビ跡の治りに足を引っ張らないようにしましょうね。

過度な洗顔

ニキビ跡は毛穴汚れではないので、ゴシゴシ擦ったからといって消えることはありません。

過度な洗顔は肌を傷つけてしまい、肌を乾燥させてターンオーバーの遅れを誘発したり、新たなニキビを作る原因になることも。

洗顔は朝晩の1日2回を守りましょう。

洗顔料を使ってしっかり皮脂汚れを落とすことが基本ですが、乾燥肌が酷い人は朝は水だけの洗顔で様子見るなど調整してもいいでしょう。

しっかり泡立てて優しく洗うことを心がけ、肌に極力負担をかけないようにしましょうね。

ピーリングのやりすぎ

ピーリングは古い角質を除去するのでニキビ跡に効果的ですが、それは医療機関で正しい治療を受けることが前提で言えることです。

ピーリングコスメを使った自宅ケアではニキビ跡を消すほどの威力はないため、回数を重ねてもそれほど効果は実感できないでしょう。

むしろ使用範囲を超えた過度なケアをすることで肌に刺激を与えて乾燥を招く原因になるので、まずは週1回の使用から始めて様子をみることが大事です。

ただ正しいスキンケアをしていればターンオーバーを整えることはできるので、ピーリングコスメは無理に使用しなくてもいいと個人的には思います。

赤みニキビ跡は正しいスキンケアで早めに決着をつけよう!

赤みニキビ跡ケアまとめ
  • 肌内部に美容成分を浸透させ炎症を和らげる
  • 保湿力のある化粧品を使い肌を柔らかく保つ
  • ニキビ跡を悪化させる日々の習慣を見直す

ニキビ跡は治りにくいと言われていますが、初期段階である赤みニキビ跡は早急に対処すれば綺麗な肌を取り戻すことは可能です。

しかし、裏を返せば放置すればするほど肌に定着するリスクが大きくなるため、赤みニキビ跡は早くケアをすることが一番重要なことだと言えます。

ただ先ほども言ったとおり、ニキビ跡が消えるまでには時間がかかるので、結果をすぐに求めてはいけません。

「今やっているケアが本当に正しいのか?」と不安な日々を過ごすかもしれませんが、まず3ヵ月は腰を据えてじっくりケアしてみてください。

ここで紹介したスキンケアを実践して、頑固なニキビ跡を徐々に治していきましょう。

凸凹クレーターは一生治らないと思ってたけど本気で治療したら改善した世の中には、顔にクレーターがある奴とない奴が共に生活しています。 学生時代にできたニキビを放置したり間違ったスキンケアをしてしまっ...