ニキビ跡

ニキビ跡の種類と症状を正しく理解すれば治療方針が見えてくる

ニキビ跡にも様々な種類があり、そえぞれの症状に合った治療法を選択しなければ効率的に治すことができません。

ニキビの炎症の大きさや、指で潰したりすることでの肌への物理的刺激によりダメージの深さが決まってくるので、人によって症状がバラバラなことがニキビ跡治療を難しくする一つの要因と言えます。

間違ったケアをしていれば時間とお金の無駄使いになるので、ここで正しいニキビ跡の知識を習得し、ご自身のニキビ跡を分析してきましょう。

ニキビ跡の種類

一般的にニキビ跡と呼ばれるものには、大きく分けて「赤み」「色素沈着」「凹み(クレーター)」の3つがあります。

それぞれの種類の症状と治し方を確認していきましょう。

赤みが残るニキビ跡

ニキビが炎症を起こすまで悪化すると、ニキビが治っても赤みだけが残ってしまうことがあります。体質にもよりますが、下手したら何年も肌に残ることもある症状です。

ただ、赤みタイプはニキビ跡の中では軽症の部類であり、適切なスキンケアにより綺麗に消すことは可能です。

しかし、裏を返せば間違ってケアをしては肌に定着したり色素沈着にまで悪化することもあるということも言えるので安易に考えない方がいいでしょう。

ケアの時間がかかれば治りにくくなるので、スピーディーかつ正しい方向で治療を進めることが何より大事なことです。

原因

ニキビの腫れが引いているのに赤みだけが残るのは、「肌内部の毛細血管が透けて見える」ことが考えられます。

白・黒ニキビから赤ニキビにまで成長することで、ニキビの炎症により肌内部の細胞が傷つけられます。

ここまで炎症が酷くなると、時間とともにニキビの腫れが引いたとしても肌内部は損傷したままの状態なので、修復作業を行うために毛細血管が損傷個所に集中し栄養を運んできます。

ニキビの炎症により肌が薄くなったことも重なり、集中・拡張した毛細血管の血の色が肌表面に透けて見えやすくなるのです。点々と赤く見えるのは毛細血管の色だということですね。

 

また、肌の修復作業中は毛細血管が集中・拡張しているため、ここで再度ニキビの炎症が起きてしまうと毛細血管が破損して血液が肌内部に滲み出てしまうことがあります。

いわゆる内出血のような状態をイメージするといいでしょう。酸素を運ぶヘモグロビンが血管から漏れ出すと、ニキビ跡の色が赤色から赤黒色や紫色に変化します

濃くなったニキビ跡はそれだけ重症になり、治るまで場合によっては10年以上かかるケースもあるくらい。

赤みタイプのニキビ跡を悪化させないためにも、新しいニキビを作らないことが一番大切です。

現時点でニキビ跡のみならずニキビが治らない人は、まずはニキビを治すことから始めてください。一一歩一歩着実に歩んでいきましょう。

赤みが残ったニキビ跡にオススメの化粧水・美容液ランキング炎症が酷かったり同じ箇所に何度もニキビができると、せっかく治っても肌に赤みが残ることがあります。赤みのニキビ跡が治らないうちはニキビの悩...

色素沈着(茶色シミ)が残るニキビ跡

何度も同じ場所にニキビを繰り返したり、赤みタイプのニキビ跡が日焼けや外部の刺激を受けることで茶色くシミになって残ったものです。

赤みタイプよりは改善が難しく治療期間も長くなる傾向にありますが、正しい知識とスキンケアにより綺麗に治すことは可能です。

また、医療機関での治療を併せて行うことでより早く改善することができます。

原因

赤みタイプと違ってメラニン色素が肌に染み出していることが原因です。

表皮層には肌を生み出す基底層がありますが、ここではメラニン色素を生み出すメラノサイトも含まれています。

メラニンと聞くと「悪者」のイメージが強いと思いますが、実はメラニンには外部の刺激や紫外線から真皮層の肌を守る役割がありますので、単に体の防衛反応が働いたに過ぎないのです。

問題はメラニンを分泌を促す僕達の生活習慣にあります。

赤みが残っているニキビ跡があるにも関わらず、外出時に日焼け止めを塗らなかったり、無意識に肌を触ったり、洗顔時に肌をゴシゴシ力強く擦ったりと「メラニン色素を出してください」と言わんばかりの行動によりニキビ跡がシミ化してしまうのです。

赤み・色素沈着に限らずニキビ跡が残っている場合は、紫外線対策を万全に行わなければ綺麗に治すことは難しいですよ。

クレーター

黄ニキビや赤ニキビが顔中に広がる人は、赤みや色素沈着など表皮層のダメージにはとどまらず真皮層にまで傷が広がる可能性が高まります。

これがクレーターの原因になり、ニキビ跡の中では最も完治が難しい重症レベルMAXの状態です。

思春期ニキビが酷い人がそのままクレーターになるケースが多いので、10代の頃のニキビ治療が遅れたり間違ったケアをすることでクレーターができてしまいます。

特にニキビが重症化しやすい頬からこめかみにかけてクレーターが残る人が多いですね。

原因

ニキビの炎症が進むと毛穴の壁や周辺の肌組織を破壊し、真皮層や皮下組織にまでダメージが広がることがあります。

真皮層の主成分であるコラーゲンが炎症のダメージにより壊されたことで、肌は補おうとコラーゲンを大量に生成します。

その際コラーゲンが変性することで、正常な毛穴の状態を維持することができなくなり肌が凹んだ状態になってしまうのです。

凹んでいる状態の肌は固くなった瘢痕組織を形成しているので、そのまま放置しても完治しません。

真皮層にまで凹みが及んでいる状態になっているので、肌のターンオーバーによる生まれ変わりは起こらないからです。

スキンケアにより凸凹を目立たなくすることはできますが、完治させるには医療機関での治療が必要不可欠です。

凸凹クレーターは一生治らないと思ってたけど本気で治療したら改善した世の中には、顔にクレーターがある奴とない奴が共に生活しています。 学生時代にできたニキビを放置したり間違ったスキンケアをしてしまっ...

参考:しこり&ケロイド

クレーターとは逆に肌が盛り上がるニキビ跡がしこりタイプになります。滅多に見られませんが、顎周辺に小さなしこりができることがあります。

しこりの原因は、ニキビによる重度の炎症により肌細胞が異常に再生しようと頑張りすぎてしまい、肌細胞が硬化してできるのです。

痛みや痒みはありませんが、赤みを帯びることがあるので目立つこともしばしば。

気にして触ってしまうと盛り上がりが悪化したり炎症を起こしたりするので絶対にイジってはいけませんよ。

また、体質によってはケロイドと呼ばれる火傷のような赤みを帯びた光沢が残ることもあります。

ケロイドの中には、範囲を広げるものもあるので放置していると症状が悪化するケースもあるので、「普通のニキビ跡とは違うかも」と感じたらまずは皮膚科へ相談しに行きましょう。