ライフスタイル

恋愛バラエティ嫌いの僕でもハマったバチェラージャパンの面白さを全力で伝えよう

いきなりですが、僕は『あいのり』とか『テラスハウス』などの恋愛バラエティーに全く関心がありません。

食わず嫌いということでもなく、何度かテレビで観た結果として「つまらない!」のレッテルを貼っています。

面白い人にはたまらない企画なんだろうけど、なんか爽やかな恋愛の押し売りみたいで気持ちが悪いから本能的に無理なんだと思います。

 

ただ、全ての恋愛バラエティーを批判するということでもなく、実は最近ある作品に出会ってしまい見事にハマってしまいました!

その番組とは、Amazonプライムビデオで配信されているバチェラージャパンです。

あんなに他人の恋愛に無関心だった僕が、何度も見返すほどハマったバチェラージャパンの魅力をドバドバ吐き出していきます。

バチェラージャパンとは何ぞや

バチェラージャパンとは、一人の独身男性(バチェラー)が複数の女性の中から真実の愛を探すという企画。

ざっくり言うと、集められた女性の中から自分好みの1人を選ぶというもの。

25名の女性のうち1人また1人とその場を立ち去らなくてはいけない過酷な共同生活の中、果たして誰が最後まで残るのか…

まさに、「恋愛サバイバル」と呼ぶにふさわしい衝撃作です!

 

これまで日本で放送されてきた恋愛バラエティというと、男女比がほぼ1:1のバランスで構成されており、日常生活の延長線上での恋愛ドラマが繰り広げられるだけでした。

テラスハウスなんかは特にゴールがあるわけでもなく、共同生活の中から「友情や愛情が芽生えたらいいね」くらいの軽いノリだし。

バチェラージャパンは、こうしたゆるい恋愛システムとは一線を画すもの。

まず、男女共に目的が明確です。

  • バチェラーは結婚相手として相応しい女性を選ぶ。
  • 女性陣はバチェラーに選ばれ続ける。

 

バチェラージャパンでは、選ぶ権利があるのはバチェラーのみ。

そもそも女性陣はバチェラーと結婚したいという前提で集められているのだから当たり前っちゃ当たり前か。

王子様とそれに群がる女性たちの構図で、圧倒的な男性優位の状況に今までにない新鮮さを覚えるのです。

なんかバチェラー偉そうじゃない?

女性の立場になって考えると、このような状況ではバチェラーに批難が集中しても不思議ではないよね。

だって、自分のことは棚に上げ、女性を品定めするなんて「お前何様だよ!」って感じだもん。

しかし、そんな逆風吹き荒れる状況でも、

  • 高ルックス
  • 高学歴
  • 高所得

この条件を満たす男性がバチェラーなら、企画として成立してしまうのが面白いところ。

どれか1つでも男としての武器になるはずなのに、3つも持ち合わせるとは少女漫画の世界から飛び出してきた王子様そのもの。

まさに、リアルパーフェクトヒューマン!

ここまで突き抜けた人物がバチェラーになると、同じ男であっても嫉妬心を抱くこともなく、なぜだか応援してしまうのであります。

だからバチェラーに対しての嫌悪感とかは一切なく、単純に「完璧な男って、どんな女性を選ぶんだろう?」とすんなり引き込まれるのです。

ロンハーとかにありがちなゲスな企画と思いきや、見事に視聴者がハマるよう計算された番組なのです。

女性たちの生き残りをかけたバトルが必見

バチェラージャパンの見どころは、何と言っても「誰が最後まで残るのか?」というところ。

沖縄や北海道、タイなど非日常空間を旅しながら、バチェラーと女性が距離を縮めていくわけですが、数日おきにローズセレモニーというイベントがあります。

これがバチェラージャパンの醍醐味であり、視聴者が一番ドキドキする場面です。

ローズセレモニーの内容は、バチェラーが次のステージでも一緒にいたいと思える女性にバラを渡すという簡単な仕組み。

しかし、バラの本数は限られており、名前を呼ばれなかった人はその場でバチェラーのもとを去らなければいけないのです!

なぜあの人が…

こんな衝撃を浴びせられるので、視聴者もローズセレモニーには自然と力が入ってしまいます。

「もう恋人やん!」って人でもバンバン落ちるから実に面白い。

ローズ1本で天国と地獄を味わう女性たちは気の毒ですが、下手な海外ドラマよりもハラハラしますよ。

 

こうした企画の内容ゆえにバチェラーは相対評価で女性たちを判断するしかないため、自然と女性同士のライバル意識が強くなり様々な思惑が交差するのも番組を盛り上げる名物シーンとなっています。

もはや「バチェラーが好き」という感情よりも「あの女には負けたくない!」という感情が勝っている人もいるので、女の戦いがバチバチと繰り広げられるガチ感もリアリティーたっぷりで見所の一つです。

1:25の構図から生み出される物語は想像を遥かに上回る展開で、仕事をしていても続きが気になってしょうがないレベルのドハマりがあなたを待っているでしょう。

女性陣のキャラクターが番組を盛り上げる

シーズン1に参加した女性たちは総勢25人。

年齢や職業もバラバラで、中には「この人テレビで観たことあるぞ!」って人も。

  • 女優
  • モデル
  • タレント
  • レースクイーン

のような華やかな世界で活動している人もいれば

 

  • 大学生
  • ウェイトレス
  • カレーショップ店員
  • ネイリスト
  • 愛犬家

など身近にいそうな女性まで幅広い女性たちが集められているのがわかります。

愛犬家なんて、【2017年版】奥さんにしたい職業No.1じゃなかったっけ?

さぞかしワンちゃんが大好きなんでしょうねー

 

最初はバチェラーに気を遣っておしとやかな振る舞いを見せていた女性たちも、回を追うごとに個性がどんどん爆発し始めていきます。

どんなにゴージャスなドレスで身を繕っても、心の中は簡単には変えられないですからね。

  • ぶりっ子全開でアピールする者
  • 涙を巧みに操る者
  • 愛情をストレートに表現する者
  • 圧倒的な雰囲気に飲み込まれる者

人数が少なくなるにつれて1人1人の女性にスポットがあてられる時間が増えるので、5話くらいから本格的な恋愛争奪戦が始まるって感じです。

「お前そんなキャラだったんかい!」って人も出てくるし、とにかく番組を盛り上げたお鶴さんゆきぽよには感謝でいっぱいですわ…

 

また、女性同士も時間を重ねるにつれて戦友としての絆も深まるので、ローズセレモニーではバチェラーに選ばれなかった悲しさと同じくらいこれまで一緒に旅をしてきたメンバーとの別れが辛いというシーンを目にすることも。

バチバチの恋愛バトルの中にも友情があるというのは、日本人の優しさを垣間見るいい機会なのかもしれないですね。

「いや、もうみんなで仲良く暮らしてくれよ!」とこっちまで悲しくなるくらい感情移入しちゃうことも時にはありました。

ハッピーエンドを迎えることができるのが1人というのは残酷です…

女性陣の中から推しメンを見つけて応援しよう

バチェラージャパンをより楽しむなら、早い段階で推しメンを見つけることが大事。

バチェラーとの絡みを見ながら誰が最後まで残るのかを予想しておくと、ローズセレモニーのハラハラ感が一層増すことに!

推しメンとバチェラーがツーショットデートをする時なんて、こっちも応援に力が入りますからね。

もしバラを受け取れなかったもんなら、「おい!バチェラー!お前に彼女の何がわかるんだ!」と憤慨することも。

いやそれはないか…

 

ある程度女性たちの性格やキャラクターを知ることのできる4~5話あたりでベスト3予想をすると、番組の見方が面白くなるので是非お試しあれ。

ちなみに、僕は最後はハズレましたけど、最終決戦に残った2名を当てることができたよ!

フフッ、女性を見る目があるってことかなー

あれっ?何で僕は結婚できていないんだろう…(ほろり)

結果を知ってから観るとさらに面白い

これはマニアックな楽しみ方ですが、バチェラージャパンは2周目からも別の楽しみ方ができるのです。

1周目は「誰が最後まで残るんだろう?」という目線で楽しむだけですが、

結果を知っている2周目からは「なぜこの娘は落ちたのか?」とか「この娘どのタイミングでバチェラーの心を掴んだのか?」とかを分析するのがめちゃくちゃ面白いのです!

ネタバレになるので個人名は言えないですが、最初の評価は決して良くない人が下克上で這い上がったりもあるので、ターニングポイントを探すのが楽しかったりします。

あと結果を知ってから振り返ると、「バチェラーは最初からその娘に決めていたのでは?」と思ってしまう瞬間もあるので、バチェラージャパンの良さをしゃぶりつくすためには最低でも2周目まで観ましょう!

僕は5周くらい見ちゃいましたけどww

バチェラージャパンの視聴方法

バチェラージャパンはAmazonオリジナル作品なので、Amazonプライムビデオでのみ配信している作品です。

Amazonプライムビデオを観るためには、年会費3,900円(月額325円)のAmazonプライム会員に入会する必要があります。

バチェラージャパンのほかにも話題作やオリジナル作品が目白押しなので、充実したゴロゴロライフスタイルを過ごしたい人にはうってつけのサービスです。

プライム会員になれば、パソコンやスマホからも視聴できますし、Fire TV Stickを使えば自宅のテレビで観ることも可能です。

バチェラージャパンの緊張感をより体感してほしいので、どうせなら大画面で観ることをオススメします!

正直Fire TV Stickを使わないのはもったいないレベルですからね。前向きに検討してください!

今なら30日間の無料体験もやっているので、お試しで楽しんでみて気に入らなかったら退会することもできます。

つまり、タダでバチェラージャパンが観ることが可能なのです!

ぶっちゃけ、こんなにお金がかかっている作品を無料で観ることも可能だなんてAmazonさん凄すぎですわ。

Amazonプライム会員登録・30日間無料体験を試してみる

 

無料期間で辞める場合でも解約金が発生したりしつこい勧誘とかも一切ないので、気軽にプライム会員になってバチェラージャパンを楽しんでください。

好評につきシーズン2の放送も決まったので、今後のバチェラージャパンから目を離すことができません!

「最近、刺激がないなぁ…」と日々の生活にマンネリしている人ほど要チェックやで!