投資の心得

くりっく株365におけるFTSE100の決済ルール変更から学んだこと

2019年5月、東京金融取引所の株価指数証拠金取引(通称:くりっく株365)において、現行商品の上場廃止が発表されました。

今回のリリース内容を要約すると、現行商品は決済期限が無制限でしたが、新商品では1年に1度だけ決済をしなくてはいけないことになりました。

要するに「ガチホできなくなった!」ってことです。

これは個人投資家に人気の『FTSE100』もターゲットの一つ。僕自身もFTSE100を購入したばかりの出来事で驚きました!

市場のルールに適用するしか個人投資家の生きる道はないので、今後とも投資家として生きていくために今回の教訓をまとめていきます。

インカムゲインを狙った長期積立投資はやめる

銭太郎
銭太郎
長期保有によるスワップ投資や配当狙いの投資は色々な意味でハイリスクだと思う!

投資と言えば、売買損益(キャピタルゲイン)をイメージする人が多いですが、スワップや配当など利子所得(インカムゲイン)を狙った投資も人気です。

僕自身も新興国通貨やFTSE100に少額投資をしており、複利運用により20~30年後に大きな利益を得ようと考えていました。

このため、インカムゲインを狙った投資は長期保有のバイ&ホールドが基本で、含み損が出てもインカムゲインでカバーするため強制ロストカットされるまでは損失を確定させないつもりでした。

 

一見、何十年も保有していれば利益が膨らむような夢の投資法に思えますが、これは現在の条件が何十年も続くことを前提としていることを忘れてはいけません。

 

今回の発表で、市場や会社の都合により強制的に決済される可能性があることがわかりました。

これまでは、「強制ロストカットさえ免れれば長期保有できる」と思っていましたが、たった一つの発表だけで状況が一変するのは恐ろしいことです。

現在保有しているFTSE100に含み損が出ている場合、相場が回復しないなら2021年3月に損失が確定してしまうのですから。

 

今回はくりっく株365での出来事でしたが、スワップ投資もいつ状況が変わってもおかしくありません。むしろ、この水準が20年続く可能性は低いと思った方がいいですね。

「1年に1度決済しないといけない」ということはないにしても「スワップを半分にする」と明日発表されても不思議ではないです。正直、発表のたびに戦略を練り直すのは心臓に悪いです。

色々考えた結果、自分でコントロールできない部分に大きな影響を与えられるのは本意ではないので、インカムゲインを狙った長期保有投資に資金を追加するのはやめることにします。

インカムゲインがダメと判断したわけではなく、不動産投資は全然アリだと思います。不動産投資においては、キャピタルゲインに期待するより、しっかりインカムゲイン(家賃収入)を得ることが重要ですからね。

『FTSE100』『スワップ投資』の投資戦略

銭太郎
銭太郎
追加投資はストップして少額で運用していこう!

僕が本格的に投資を始めたのは2018年なので、FTSE100に20万円、スワップ投資に10万円ほどしか資金を入れていません。どっぷりハマる前でよかったと前向きに捉えましょう。

FTSE100

現在、FTSE100は2万円ほど含み損が出ていますが、決済期限である2021年3月までは配当を得つつ売りのタイミングを図っていきます。

FTSE100はくりっく株365だけでなくGMOクリック証券CFDでも取り扱っていますが、そちらでも長期保有ができない可能性がある今、そもそもFTSE100が投資対象として優秀なのか疑問なところ。

このため、しばらくは撤退して様子を見たり情報収集して投資するか決定していきたいと思います。

スワップ投資

メキシコペソ、南アフリカランド、トルコリラの新興国通貨に投資中です。スワップが小さい豪ドルはだいぶ前に撤退しました。

スワップ投資に関しては、追加資金を入れずスワップが貯まったら保有数を増やすだけにしていきます。

今後の状況次第で臨機応変に対応していきますが、元々10万円から始めているので全部失ってもいい覚悟で運用します。

10万円の資金でどこまで伸びるか気になるので、投資というよりは興味本位になっていますね(笑)

長期積立投資が必ずしも正義とは限らない

銭太郎
銭太郎
長期目線で運用すれば負けない可能性は高いけど、何でもかんでも「長期投資サイコー」って考えるのは怖いね!

自分の中で「ドルコスト平均法で毎月一定額を積み立てすれば長期的には元本以上になる」と安易に考えてた部分がありました。思考回路が停止していたなと反省です。

何でもかんでも長期積立投資をすればいいわけではなく、状況や投資内容によってベストな形を自分で判断しなくてはいけません。

一番ダメなのは「あの人がやっているから自分もやっている」と人任せに自分のお金を運用することです。

最初は真似から始めてもいいですが、いずれは自分の頭で考えないと損失が出た時に後悔しますよ。(経験談)

特に新しい投資を始める時は、自分でコントロールできない部分をリストアップして、悪い状況を予想して対処法を検討する投資脳をフル稼働させることが大切です。

 

今回の発表を受けて、FTSE100を保有していた人の中でも『撤退する組』と『GMOクリック証券で運用する組』などに分かれると思いますが、どっちの判断が正しいかなんて現時点ではわかりません。

誰かに判断を委ねないで、自分の投資判断を信じて突き進むしかありません。自分のお金のことくらい自分で決めましょう。