雑記

DAZN(ダゾーン)でJリーグを視聴して1年が経過したからスカパー時代との違いをまとめた

2017年シーズンからスカパーに代わってDAZN(ダゾーン)にJリーグの放映権が移ったので、多くのサッカーファンがスカパーの契約を解約してダゾーンに入会したよね。

 

サッカーは生観戦が基本だろ!

 

という熱狂的なサポーターもいるけど、テレビ観戦ならではの面白さもあるから文句言っちゃダメだよ。

だって、外出するとなると寝ぐせ治したりパジャマ着替えたりしないとダメでしょ。

そんな面倒なことしてると日が暮れちゃうから、僕みたいな休日ハイパー引きこもりマンにとってDAZNは最高の媒体なのである!

2017年シーズンをDAZNと共にサッカーを楽しんでみて、スカパー時代との違いをめちゃくちゃ発見したから、DAZNの良い点・悪い点を書いていこうと思います。

スカパーからDAZNになってよかった点

まず率直な感想としては、Jリーグの放映権がDAZNに移ってよかったです。

スカパーの人たちごめんなさい(汗)

ぶっちゃけ、1年間DAZNでサッカー三昧を過ごした結果として、DAZN>>>>スカパーくらいの差を感じているよ。

 

まず何と言っても、DAZNは年間費用がめちゃくちゃ安い!

 

スカパー時代は月4,000円くらい払っていたけど、DAZNの料金は月2,000円くらいだから差は歴然だね。

さらに、携帯電話をドコモと契約していれば月980円(税抜)のプランで視聴できるから、かなりお得にJリーグを楽むことができるんだよ。

家族の誰かがdocomoユーザーであれば、その人名義で申し込みした方がいいですよーってこと。

これまでスカパーがJリーグチャンネルの基本だったから料金設定が高いのか安いのか判断できなかったけど、DAZNと比較するともうスカパー時代には戻れないですわ。

 

サービス内容に関して、ユーザー目線で最もよかった部分は、見逃し配信により自分の好きなタイミングでサッカー観戦できるところ。

スカパー時代は、地上波のテレビ番組のように番組表が決められていたから、放送時間に自分が合わせないといけなかったのがネックだったんだよね。

さすがの休日ハイパーニートでも、たまには結婚式に呼ばれたりでスケジュールが合わない日もあるわけさ。

その問題をDAZNは解決することができた。

 

DAZNではLIVE配信も全試合選び放題だし、試合後30日以内であれば何度でも試合を見直すことができるのだ!

気軽にYouTubeを見る感覚に近いかな。

しかも早送りも自由にできるから、「後半戦だけ観たい」「ラスト15分だけ観たい」なんて要望にも臨機応変に対応できるのが素晴らしい。

このおかげで毎日夜ご飯を食べる時にJリーグを観る生活を送れるようになって、サッカー馬鹿には最高の配信システムだと実感しているところ。

ストリーミング配信とJリーグの相性は抜群だわ。

 

そしてDAZNのサービスで忘れていけないのが、1試合ごとハイライト動画を作ってくれるところ。

その試合のゴールシーンを始めとする肝となるシーンを5分間でまとめてくれるんだよ。

「自分の好きなチーム以外は別に全部観なくていいかな…でもゴールシーンは全試合観たい!」って人には最高のサービス。

簡単に言うと、やべっちFCで全試合編集しているのをDAZNでいち早く観れちゃうって感じかな。

試合終了後2時間くらいでハイライトモードを選択できるから、DAZNの仕事の早さにも脱帽だぜい。

 

あと、ネット環境さえ整っていれば外出してる時でもスマホやパソコンから視聴できるのも嬉しいポイント。

仕事や旅行などの移動中にもJリーグを観たいという要望が叶えられるから、自宅を離れていてもDAZNは僕のすぐそばに。

家以外でも気軽にJリーグが観られるっていうのはサッカー好きにはたまらないよね。

ただし、1試合を丸々観るとなると1GB通信することになるから、スマホやタブレットで視聴する時はモバイルデータ通信による速度制限がかからないように気をつける必要があるよ。

スカパーからDAZNになって不満な点

「DAZNはストリーミング配信だから映像の鮮明さに不安がある」って最初っから言われていたけど、蓋を開けてみたら嫌な予感は的中でした。

これまでスカパーやBSでサッカー放送を観ていた人からすれば、DAZNは明らかに画質が落ちていると感じているもんね。

特にテレビなど画像の大きい媒体になればなるほど、画質の問題が浮き彫りになるのが痛い部分ではあるね。

 

選手がコマ送りに動いたり、映像自体が止まったりなんかは日常茶飯事のことで、ちょうど自分の応援しているチームの絶好のチャンスの時にビタッとフリーズするもんなら

 

うぉーらー、今いいところなんだよ!

 

と温厚な僕でも激おこですわ。

マジの話、フリーズ中に点数が入っていた時もあったからね!

 

残念だけど、これはストリーミング配信の技術上ある程度しょうがないことだから、ダゾーンに文句を言っても解決しない問題。

それぞれのネット環境に依存している部分が大きいんだよね。

だけど、裏を返せばネット環境を整えることで試合が途中で止まるケースはだいぶ改善できる!

僕も当初は無線LANで設定していて1試合に何度も映像が止まったりエラーが発生したりで不満があったんだけど、有線LANに設定を変更したら画質も安定したしフリーズすることもシーズン通してほとんどなくなったよ。

アナログの力恐るべしだね。

大画面でDAZNを観るなら有線LANがオススメだよ。

ダゾーンをテレビで観る方法

サッカーは大画面で観てなんぼのスポーツだから、パソコンやスマホではなくテレビで観たい人が多いよね。

でもYouTube同様、DAZNはネット上の配信だからテレビのチャンネルに登録しているってわけじゃないんだ。

スカパーは専用アンテナを設置すれば、地上波テレビのようにスイッチ一つでチャンネルを変えることができたけど、DAZNをテレビで観るにはちょっとした手間が必要になるってこと。

DAZNに対応しているスマートテレビなら簡単に観ることができるんだけど、普通のテレビの場合だとDAZNアプリをインストールするためのデバイスが必要になるんだ。

「そんな技術的なことはわからないわ」って人には、最も簡単なAmazon Fire TVを設置することをオススメするよ。

専用ケーブルをテレビに接続してネットを繋げばOKなんで、機械音痴の僕でも簡単に設定することができました!

類似商品にFire TV Stickってあるんだけど、これだと有線LANを接続することができないから、DAZNを観るならAmazon Fire TV一択だね。

ただ2017年10月以降、Amazon Fire TVは新モデルにチェンジしたことでイーサネット端末がなくなり、有線LANを接続するためには別売りのイーサネットアダプタが必要になったから気をつけてね。

ちなみにAmazon Fire TVはDAZNの他にも様々な動画配信サービスを利用できる端末です。

Amazonプライム・ビデオ等に入会すれば映画や海外ドラマなども観ることもできる便利グッズだから、充実した引きこもりライフを送りたい僕にとってはなかなかいい買い物だった。

結論|DAZNで僕のJリーグ生活は充実したものとなった

DAZNは賛否両論あるけど、見逃し配信と月額料金の安さを考えると、スカパー時代より充実しているのは間違いないよ。

DAZN元年の2017年は、毎日のようにJリーグの試合を観ることができたから、サッカー脳みそ野郎の僕にとっては最高の1年だったからね。

DAZNのせいでよけい引きこもりが加速したと言っても過言ではない!

少しはスタジアムで観戦しろよって話だけど、DAZNだけでJリーグの試合と選手チェックは満足できるレベルに達しているから、当分は家でのサッカー観戦はやめられないだろうな。

とりあえず、DAZNサンキューーーー!