ニキビ跡

ダーマローラーの痛みは我慢できる?麻酔が必要な針の長さの目安は?

ダーマローラー(ダーマスタンプ)は針を肌に刺す治療なので、「痛みが不安だ!」という人もいますよね。特にニキビ跡の治療目的でダーマローラーを施術する人は、長めの針じゃないと意味ないですからね。

注射が苦手な僕も、最初にダーマローラーを刺した時はビクビクしたのを覚えています。普通に考えたら、顔に針を刺すなんて拷問ですよね(笑)

美容外科クリニックだと痛みの伴う治療を施術する時は麻酔薬を塗るので、自宅ダーマローラーも痛みに耐えられない時は麻酔を活用していきましょう。

この記事では、ダーマローラーの痛みと麻酔について紹介していきます。

ダーマローラーの痛みと麻酔薬の目安

ダーマローラーを初めてやる人は、一番短い0.25mmから開始しましょう。

いきなり長い針でやるのではなく、少しずつ長さを伸ばしていくことでダウンタイムの長さや痛みをチェックすることが重要です。

それでは、ダーマローラーの針の長さと麻酔薬の必要性を表で確認していきましょう。

もちろん痛みを耐える我慢強さや肌の厚みに個人差があるので絶対ではないですが、僕の体感レベルの結果なので参考になるでしょう。

針の長さ 麻酔の有無
0.25mm
0.50mm
1.00mm
1.50mm
2.00mm

最も短い0.25mm針はチクッと感じるレベルなので麻酔は必要ありません。痛みが心配な人でも安心して施術できる長さと言えますね。

0.50mmは皮膚の薄いオデコやこめかみ、鼻などは痛みを感じますが、麻酔がなくてもギリギリ大丈夫でした。人によっては必要かもしれないので、まずは皮膚の厚い頬で様子を見ながら判断しましょう。

しかし、1.00mmからは麻酔は必要だと実感しました!

痛みにかなり強い人だと1.00mmは我慢できるレベルかもしれませんが、僕みたいな凡人レベルは麻酔なしだと発狂してしまいます。

ちなみに僕は1.00mm針から血が出たので、血が出る=麻酔が必要という公式があるのかもしれませんね。

麻酔薬はドラッグストアで売っていなかったので、個人輸入を代行してくれるオオサカ堂でラクサールクリームを購入するといいでしょう。僕もオオサカ堂をリピートしていますが、トラブルもないので安心ですよ。

医療機関で使用されているエムラクリームのジェネリックで、同成分が同量配合されているので安全性も麻酔の効果も問題ありません。もちろんジェネリックなので値段が安いのが嬉しいポイントです。

麻酔が効いていれば痛みはかなり軽減できるので、長めの針を刺す予定の人はあらかじめ購入しておきましょう。

オオサカ堂の公式サイトはコチラ

おさらい
  • 0.25~0.50mm針は麻酔が不要
  • 1.00mm針以上は麻酔が必要

アンチエイジング目的で0.50mm以下の針しか使わないという人にとっては麻酔は不要ですが、ニキビ跡ケア目的で1.00mm以上の針を使う人は麻酔が必要です。

ダーマローラーを始める前に治療目的を明確にして、万全の準備で臨みましょう!

自宅ダーマローラーに必要な麻酔クリームの購入方法と使い方を解説する自宅ダーマローラー(ダーマスタンプ)を1.00mm針以上の長さで施術する時は、痛みや苦痛を緩和させるために麻酔薬が必要になります。 ...

 

▼ニキビ跡にお悩みの方はこちらの記事も参考になります。

【ニキビ跡まとめ】症状ごとのケア方法、おすすめ化粧品を解説どうも、ニキビ跡治療に10年以上の歳月を費やした男、とむです。 本記事は、ニキビ跡ケアに関する記事をまとめています。 ニキビ...