ニキビ跡

自宅ダーマローラーに必要な麻酔クリームの購入方法と使い方を解説する

自宅ダーマローラー(ダーマスタンプ)を1.00mm針以上の長さで施術する時は、痛みや苦痛を緩和させるために麻酔薬が必要になります。

特にニキビ跡治療のためにダーマローラーを転がす場合は、麻酔薬はマストアイテムなので事前に準備しておきましょう。

この記事では麻酔薬の購入方法と使用方法について解説しているので、初めて自宅ダーマローラーを施術する方は参考にしてください。

麻酔薬の種類

美容外科クリニックでのダーマローラー施術で使用される麻酔薬は、患部に直接塗るクリームタイプが主流なので、初心者は飲み薬よりも効き目のある麻酔クリームを使いましょう。

自宅ダーマローラーで使われている麻酔クリームは、エムラクリームラクサールクリームです。エムラクリームは、美容外科クリニックで施術するレーザー治療の麻酔薬などでも使用されています。

麻酔成分としては、局所麻酔薬で利用されるリドカインとプリロカイン(プロピトカイン)を配合しており、ダーマローラーの痛みを緩和させる麻酔薬の効き目としては十分なものです。

なお、ラクサールクリームエムラクリームのジェネリック製品で、同成分が同量配合されていて値段も安いです。特にこだわりがない人はラクサールクリームを購入するといいでしょう。

麻酔クリームの購入方法

日本で麻酔クリームを購入する場合、薬局やAmazon、楽天市場などでは販売されていないため、個人が簡単に麻酔クリームを入手するのが難しい現状にあります。

このため個人が麻酔クリームを入手するためには、個人輸入代行サイトを利用して海外の製品を購入する方法が一般的です。海外に直接買いに行くのは現実的ではありませんからね。

簡単にイメージすると「海外で販売している商品を日本に送ってもらう」という感じです。英語もまともに話すことのできない個人が海外の商品を買うのは面倒なので、それを代行してくれるサービスが個人輸入代行というわけです。

一見「違法では?」と怪しく思ってしまいますが、厚生労働省でも通販サイトを経由した輸入代行を認めています。合法な購入方法なので安心してください。


(画像引用:厚生労働省HP)

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。 当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

●外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。): 標準サイズで1品目24個以内
*外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
*処方せん薬・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
● 毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内
● 上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

引用元:医薬品等の個人輸入について(厚生労働省HP)

どの輸入代行サイトを選べばいい?

輸入代行業者は日本でも複数あって、どのサイトから購入すればいいか悩みますよね。

「信頼性(安全性)」「料金の安さ」など判断基準はありますが、個人的には海外の製品を購入するわけなので、「信頼性」を重視することをオススメします。初めて輸入代行サイトを利用するならなおさらですね。

そこでオススメなのが、実績も十分あり口コミ評価の高い「オオサカ堂」です。

ラクサールクリームの口コミも500件ある中で評価が抜群に高いため、他サイトと比べて安心感があります。初めての購入で不安がある方はオオサカ堂で購入するといいでしょう。

参考までに、オオサカ堂でラクサールクリームを購入した方の口コミの一部を抜粋して紹介しますね。

ダーマローラーのため、使用しました。ラサールクリームを顔に薄く塗り、ラップをして、30分程待ってから、ダーマローラーでグリグリしましたが、無痛でした。
しかし、一度ローラーをひいた同じ場所にもう一度ひくと塗ってない時程ではないですが、痛みがありました。
血がしたたり落ちる程、顔中にグリグリローラーを転がしたので、このクリームが無いとダーマローラーできませんでした。
顔だけで恐らく10回以上使用出来たと思います。非常に助かりました。

セルフダーマ用に購入。
厚めに塗布後、ラップを密着させ、45分~1時間待ちます。
1.5mm針を使用していますが、ほぼ痛みは感じません。

もう何回目のリピートか正直分かりません。
とても気に入っています。
コストパフォーマンスもとてもいいのでこれからも使い続けますよ♪

びっくりです、本当に皮膚の感覚がなくなるのですね。
そしてしっかり塗ったところには効果がよくでます。ダーマローラをやる方にはこれは必需品ですね。

10代
10代

説明通りに使用すれば、確実に聞きます。
私はダーマローラーの時に使用しています。
2mmのローラーでやった時もしっかり麻酔は効いていて全然痛くなかったです。
私はほぼ全顔で、4〜5回程使用できました。

僕自身も自宅ダーマローラー用にラクサールクリームをオオサカ堂で購入した経験がありますが、注文~到着までトラブルもなく普通に通販サイトで買い物するのと大差ありませんでした。

ただ、海外から商品が発送になるので、注文してから到着まで1週間~10日くらい時間がかかります。計画通りダーマローラーを施術するために、麻酔クリームの注文は早めに行い準備を整えましょう。

オオサカ堂の公式サイトはコチラ

麻酔クリームの使用方法

麻酔クリームは間違った使い方をすると、麻酔の効き目が落ちるのはもちろんのこと、副作用のリスクも出やすくなるため正しい使用方法を確認していきましょう。

まず、肌に皮脂やホコリなどの汚れが付着したままだと麻酔の効果が落ちるので、洗顔料を使って肌を綺麗にしましょう。洗顔後に化粧水で肌を整える必要はありません。

 

薄く塗ると効き目が落ちるので、ここはケチらずたっぷり厚めに塗ってください。塗る時のコツは、擦り込まずに肌に盛るイメージがいいですね。

麻酔クリームの上からラップで覆い密閉状態を保つことで麻酔効果が上がりますので、余裕のある人はサランラップなどを活用しましょう。

麻酔クリームの効果が現れるまで、肌に塗ってから50~60分ほど時間がかかるので、クリームが落ちないように時間を潰してください。

時間をかけたからと言って、麻酔の効果が上がるわけではありません。60分を目安にクリームは落としてください。

時間が経つにつれて麻酔クリームが減ってきます。だんだん肌の感覚も鈍くなってくるので、麻酔が効いているのが実感できますよ。

1時間ほど経過したら残ったクリームを落とすのですが、水で洗い流すと目に入って沁みることがあるので、ティッシュで拭き取ることをオススメします。目に入るとめちゃくちゃ痛いので気をつけてください!

 

無事にクリームを拭き取ったら、いよいよダーマローラーを施術していきます。

麻酔は10分ほどで効き目が落ちてくるので、ダラダラせずに素早く施術しましょう。顔全体を転がす時は時間配分に気をつけてくださいね。

以上が麻酔クリームの使い方です。一度やってみると意外と簡単ですよ。

最初は麻酔の効果で顔の感覚が鈍るのにビックリしますが、十分に効いている証拠なので慌てなくてOKです。

まとめ

ダーマローラー麻酔薬まとめ
  • クリームタイプの麻酔薬を使用する
  • ラクサールクリームが料金が安くてオススメ
  • 麻酔クリームは個人輸入代行サイトを経由して購入する
  • 安全に購入したいならオオサカ堂が一番

初めて麻酔クリームを購入する方は、信頼性の高いオオサカ堂で買いましょう。変なサイトだと違法な取引を行っているかもしれないですからね。

ちなみにオオサカ堂で購入する場合の価格設定は以下のとおりです。

料金
1本 約2,500円
2本 約4,200円
3本 約5,900円
6本 約9,800円

表からわかるとおり、1本より6本まとめ買いする方が断然お得です。5,000円くらい割引になるから驚きです!

ラクサールクリーム1本でダーマローラーを4~5回ほど施術できます。継続してダーマローラーを施術する予定の方は、ラクサールクリームをまとめて買った方がコスパはいいですね。

オオサカ堂の公式サイトはコチラ