ブログ運営

ブログ初心者は経験談を書くとpvが伸びやすい!コタツ記事とは決別せよ!

どうも、ひたすらにブログを書いているアツシです。

ブログを書いているのに全然アクセス数が増えない…

こんな悩みを抱えている駆け出しブロガーは多いはず。

僕も100記事書いた時点では1日100pv以下だったので、落ち込む気持ちはめちゃくちゃわかります。

ですが、諦めずに継続すれば成果が出てくるので、100記事書いてダメでもまだまだ諦める必要はないですよ。

凡人でもブログ200記事書くと月2万PV・収益3万円くらいは達成できるどうも、ブログ運営2年目でようやく200記事を達成したアツシです。 100記事達成の時は、1日100pvも伸びずに収益なんてゼロに...

ブログを始めた当初は、何を書こうか試行錯誤していましたが、200記事ほど執筆していたらpvを集める記事と全く読まれないゴミ記事の特徴を少しずつ掴めるようになってきました。

ハッキリ言えることは、二次情報を集めただけのコタツ記事は検索上位にヒットせず、自身の体験を交えた意見のある記事がよく読まれているということです。

ネットで調べたことを記事にしているアナタ!その戦略間違ってますよ。

恥ずかしがらず体験記事を書こう

体験記事となると、多少なり自分のプライベートなことに足を踏み込むので、「それはちょっと…」と尻込みする人もいるかと思います。

ですが、僕のように顔出ししているならまだしも、弱小ブログの内容が拡散されて恥ずかしい思いをする可能性なんて、海外旅行で友達に偶然遭遇するくらい低いので全然気にすることありません。(え?わかりづらい?)

僕自身、体験記事を書いたことにより日常生活で恥ずかしい経験したことはないので、初心者ブロガーはどんどん体験記事を書いて、ネット上に価値のある記事を量産しましょう。

体験記事は書きやすい

ブログのネタに悩むのは初心者あるあるですが、体験記事を書くとネタに困ることはほぼなくなります。

パソコンの前に座って「何書こうかな…」状態から脱出できるはずです。

というのも、現在進行形のものだけでなく自分が子供の頃から今までの人生で起きた出来事全てがネタになるので、生い立ちから整理していけばアイデアがドバドバ出てきます。

また、体験記事はコタツ記事のようにリサーチする時間が短くて済みます。自分に起きた出来事に対しての考えや行動を正直に書くだけで記事が出来上がるからです。

 

体験談と聞くと、「転職で年収が上がった」とか「英語学習でTOEIC800点取った」など、大きなことを書かないといけないと思っている人もいますが、コンプレックスや失敗談など日常生活の小さなことでも全然OKです。

むしろ、深いテーマの体験記事の方がライバルが少なく、価値のある記事を仕上げることができます。「マイナーすぎて大丈夫かな?」など心配する必要はナッシング。

特にコンプレックス系は同じ悩みを持つ人に刺さりやすいので、最後に解決法を踏まえてアフィリエイトリンクを貼ることで収益化に繋がりやすいです。

まずは、自分が悩んだ体験とそれを克服するために努力した結果の成功談や失敗談を記事にしてみるといいでしょう。

特徴のないブログは淘汰される

以前はGoogleで検索上位されればpvが増えるという単純明快なシステムだったので、ありきたりな記事でも他の記事より少し情報量が多かったりキーワード選定だけで勝負できました。

とにかく文章量を増やしたり、リサーチした二次情報をガンガン記事に追加していけば、誰でも成果を上げることができたのです。外注化して記事量産して稼いでいた人もたくさんいましたね。

 

ですが、今では状況が変わり、大きなテーマで検索してみると、上位にくるのは公式サイトや企業の記事ばかり。特にアフィリエイトしやすいキーワードは占領されています。

これはGoogleの動向が変わったことや、単純にブログ業界にマンパワーを持った企業が参入してきていることが影響しているので、個人で対処できるレベルではありません。

こうした時代の移り変わりにより、結果的にブログではなくYouTubeに主戦場を変える人が続出したわけです。ハッキリ言ってブログの難易度は上がりました。

 

よって、個人ブログが生き残るには、どこかで差別化するしか道はなく、人と同じような記事を書いても需要はありません。

どこでも手に入るような情報を発信しているだけで稼げる時代は終わったので、自分の色をどんどん出すことが個人ブロガーに求められると言っても過言ではないのです。

差別化できるようになればTwitterなどSNSからブログに流すことも可能で、Googleに依存しないブログ運営ができます。

Googleに嫌われた特徴のない個人ブログは消え去るのみ。

僕のブログの具体例(コタツ記事の失敗談)

僕のブログは、ほぼ自分が経験したことを記事にしています。

民間企業から公務員に転職した話、公務員時代の話、退職してプログラミングを勉強している話、マッチングアプリで彼女を作った話、ニキビに悩んだ話など、人生の歩みが文章化されているって感じですね。

今でこそ、このスタイルに落ち着いたのですが、ブログを書き始めた当初は、『インフルエンザ予防に期待できる食材10選』みたいな生活お役立ち情報記事を書きまくった黒歴史がありました。

 

これが全然読まれないのなんの(笑)

 

いくつかヒットした記事もありましたが、薄っぺらい情報を書くことが楽しくなかったですし、ほとんど知識のない情報を発信していたので、リサーチ時間が長くて効率が悪くてしょうがなかったです。

その状態に嫌気がさして、「どうせ読まれないなら人が書きにくいことを記事にしよう」と半分投げやり状態で始めた戦略がヒットし、企業が書けない記事を増やすことでpvも収益も少しずつ伸びてきました。

僕の場合、Googleやブログ業界の変化を見抜いていたわけではなく、たまたま自分のやり方が今の時代に合っただけなのでラッキー要素が強いですが、それでも個人ブログが生き残る方法をリアルタイムで実感したところです。

【まとめ】あなたの体験には価値がある

  • 個人ブログが生き残るためには、徹底して一次情報にこだわる
  • 無色透明な個人ブログに未来はない
  • 企業が書きにくいテーマで攻める
  • 今後はGoogleに依存しないブログが強くなる

ブログを取り巻く環境は目まぐるしく変化しています。

今の状況すら1年後にガラリと変わっても不思議じゃないので、情報収集や洞察力もブロガーには必要な能力になるのは言うまでもありません。

とにかく、ネットに落ちている情報を並べただけの記事を集めたブログの価値は、今後とも下がり続けることは間違いないです。

今こそ、自分をテーマにしたブログ作りを始めるべきです。