ライフスタイル

中古の外車はすぐ故障する説は本当?10年落ちアウディttを購入して検証した

車好きなら「一度はカッコイイ外車に乗ってみたい」という願望がありますよね。

しかし、外車を新車で買えるのは裕福層の特権であり、年収300~400万円の庶民がカッコイイ外車を乗るためには中古車から選ぶしか選択肢がありません。

しかし、「中古の外車はすぐに壊れるから維持費が高い!」と昔から言われてきているため、欲しい車種があってもなかなか購入に踏み切れない方もいるでしょう。

年収400万円の僕も維持費の不安がありましたが、「百聞は一見に如かずだ!」ということで2017年に念願だったアウディttを中古で購入しました。

あれから1年が経過したので、中古の外車はすぐに壊れる説が正しいか検証してみました。これから中古外車を購入するか悩んでいる方は参考にしてください。

10年落ち2代目アウディttを1年乗った結果

「どうせ外車を買うなら2ドアのスポーツカーがほしい!」ということで、以前から気になっていたアウディttを購入。セクシーなフォルムはいつ見ても惚れ惚れします!

現行3代目のttは中古価格ですら最低400万くらいで手が届かないですが、2代目ttなら走行距離5万km以内でも200万円前後で買えるので狙い目です。

一つ前のモデルですが見た目に古臭さを感じません。ぶっちゃけ車に詳しくない人からは「新車で買ったの?」と聞かれるレベルで中古なのに普通にカッコイイです。

それでは、私が中古で購入したアウディttのスペックを確認していきましょう。

  • 価格:約200万円(整備費用込)
  • 年式:2007年
  • 駆動方式:4WD(クワトロ)
  • 排気量:2000cc
  • 走行距離:40,000km
  • 修理歴:なし

新車と中古の大きな違いは走行距離です。

走行距離が5万kmを超えると中古市場の価格がガクッと落ちるのは、やはり故障のリスクが関係しているからでしょう。

私は最低でも4~5年は大きな故障なく乗り続けたいので、走行距離5万km以内は譲れなかったです。価格とのバランスを考えた結果、約4万kmに落ち着きました。

次の車検までしか乗らない人は気にしなくていいかもしれませんが、長年の相棒を探しているなら走行距離は慎重に考えた方がいいでしょう。

修理歴のある中古車は、同じ箇所が故障しやすくなります。多少高くついても修理歴がない中古車を選ぶべきです。

気になる故障についてですが、10年落ちの外車でも1年間で大きな故障は1度も起こりませんでした。

一昔前までは中古の外車は購入できても修理費用が高くて泣く泣く手放してしまうことがあったようですが、今のところ中古車のデメリットは実感していません。

年間4,000km程度走りましたが、走行中に緊急停止したり部品が壊れたりのトラブルはなく快適に運転できました。

正直言うと故障で20万円くらいの修理費が発生したら手放すことも考えていたので、予想以上の快適さに当の本人が一番ホッとしています。

納車3ヵ月で警告メッセージが表示


ただ、1回だけビビった件がありました。

納車して3ヵ月が過ぎた頃、走行中に「ピーーーー」と警告音が鳴ってコックピットのディスプレイに警告マークが点灯!

警告メッセージの内容が「右のライトに異常あり」ということで、さっそく確認することに。

まずはフロントライト。

ピカッと光っているので異常があるとは思えない…

じゃあバックライトの方かな?

こちらも点灯しています。何だろう…どこに異常が発生しているのだろう。

不安感が募って修理工場に持っていったら、どうやら電球が劣化していたそう。

故障ではなく消耗品の交換で済みました。3,000円程度で問題解決したのでよかったよかった。

中古の車だとちょうど消耗品の交換時期にあたる可能性が高いので、これくらいの異常が起きても不思議ではないですね。

警告メッセージが表示されたらすぐに修理工場で確認してもらいましょう。ちょっとの異常だとしても放置することで大きな故障に繋がる可能性があります。

中古の外車でも一定条件を満たせば故障のリスクは減る

そりゃ新車に比べたら中古車は故障のリスクは大きいです。前オーナーの管理方法によってアタリハズレもありますし、運の悪い人だと納車して1年以内に大きなトラブルが起きることも考えられます。

ただ、故障する可能性は昔に比べたら低いのも事実です。

私の周りにいる中古外車オーナーからも「修理費がハンパないから手放した」という声は聞こえてきません。何より私自身が中古の外車に乗っていて後悔したとか1mmもないですし。

 

確かに100万円以内の古い中古車を購入するならそれなりの覚悟が必要ですが、

  • 走行距離が5万km以内
  • 10年落ち以内
  • 修理歴なし
  • ワンオーナー

この辺をクリアできていれば今の外車ならそう簡単には壊れないので、過剰に心配しすぎることはありません。

 

ただし、見た目はピカピカでも内部の部品はボロボロということもあるので、気になる中古車が見つかったら販売担当者を経由して整備記録を確認するといいでしょう。

私は中古車販売大手ガリバーのサイトから上記の条件で絞って探した結果、満足のいく一台と巡り合いました。

細かな部分でも気になる点は全部潰していったので、ガリバーの担当者からは面倒な客だと思われたかもしれません。

それでも中古車を買う以上、しつこいくらいがちょうどいいのです。

何か引っかかることがあるうちに勢いで購入するのではなく、自分自身が納得した一台に巡り合うまで根気強く探し続けましょう。

中古の外車を購入した後悔は一切ない

僕のアウディの維持費は、今のところガソリン代や税金くらいです。新車と何ら変わらない状況が続いているので、当初心配していた故障の不安は今では微塵も感じていないですね。

たとえ次の車検で修理箇所が見つかったとしても、中古の外車を購入したことに後悔はありません。だって好きで欲しい車があるのに、我慢して他の車に乗るなんてモヤモヤするだけですから。

街ですれ違った車を「いいなー。」と羨ましがるだけの人生を送るくらいなら、僅かなリスクを抱えても自分が満足する車に乗る方が100%満足すると実感しています。

控えめに言ってアウディttとの生活は最高ですよ。外車好きに幸せを分けてあげたいくらいです。