ライフスタイル

ホワイトデーのお返しは義理でも職場に必要!人気の品物とは?

男性諸君!バレンタインで職場の女の子から義理チョコを貰いましたか?

バレンタインチョコを貰った男性は、1ヵ月後の3月14日のホワイトデーで女性にお返しをする文化がありますよね。

彼女や奥さんからチョコを貰った場合、お返しとしてプレゼントするのは一般的ですが、職場で貰った義理チョコにもお返しをする必要があるのだろうか?

その辺が曖昧だったので、色々と調べてみた。

ホワイトデーのお返しは義理でも職場に必要?

原則として、義理チョコでもお返しは必要です。

ホワイトデーは義理チョコであろうが貰ったらお返しするのが一般的となっているため、お返ししないと不要なトラブルを生む危険性があるからです。

これは年賀状と似ていて「送ったのに返事がこない」と相手が不快に思うケースと同様です。

女性の中には「ホワイトデーでお返しを期待していない。」という方もいますが、ホワイトデーでお返しをしたかしないかでギクシャクするぐらいなら、ここは諦めて素直にお返しを渡しましょう。

 

なお、お返しを渡すときは直接渡した方がいいです。

学生みたいに机に入れたりすると気持ち悪がられる危険性もあります。

だって、断りもなく自分の机を開けられるのって好ましいことではないですよね。

義理チョコのお返しぐらいでサプライズを演出するのは止めましょう。

ホワイトデーは安くても大丈夫

義理チョコのお返しは安くて大丈夫です。

むしろ高価な物を渡すと気を遣わせたり不審に思われることもあるので、貰った義理チョコと同等の値段と考えてOKです。

「ホワイトデーのお返しは3倍返しが基本だ。」とよく聞きますが、それはホワイトデーが作られた時が、ちょうど日本が高度経済成長期であり、景気がよかったためにそのような風習が広まったのではないかとされています。

いわゆるバブル時代の名残ですね。

彼女や奥さんであれば3倍返しでも喜ばれますが、義理チョコの3倍返しは不要です。

 

ただし、男性職員全員からお返しする場合は話が変わります。

全員からのお返しで500円程度のお菓子では正直ケチくさいです(笑)

もし職場に男性が多い場合は、男性職員から少しづつ集金し、まとまったお金でお菓子を買う方法がいいでしょう。

そうすれば一人の予算も少なくて済みますし、少し高めのお菓子も購入できるので一石二鳥ですね。

ホワイトデーで義理チョコのお返しで人気なのは?

お返しとして人気なのは、形の残らないクッキーなどのお菓子です。

そのほかハンドクリームやタオルなど日用品の人気も高めです。

逆にアクセサリーなどは、義理チョコのお返しには不向きです。

不気味に思われる危険性が高いので絶対に止めましょう!

 

お菓子も、わざわざデパートとかで買わなくても市販の物で十分です。

義理チョコのお返しですので、あまり考えすぎず気軽に選んで大丈夫ですよ。

選ぶ際のポイントとしては、スーパーなどで普段は買わない300~500円台のチョコお菓子なんかが喜ばれます。

普段なかなか買わない分、ちょっと贅沢な気分になるんですよね。

そんな感じでホワイトデーを乗り切りましょう!