ライフスタイル

音痴で声が低い僕が選ぶカラオケで歌いやすい曲ベスト10

実は僕、おせじにも歌が上手いと言えません。むしろ音痴のレベル。

さらに地声も低く出せる音域も狭いので、最近の曲を歌いたくてもサビに辿りつく前にギブアップしてしまいます。

 

僕「ハァハァ、もう演奏中止してもらっていい?」

一同(あれ?コイツ歌う前に100mでも走ってきたんだっけか?)

 

本当はback numberの『クリスマスソング』とかRADWIMPSの『前前前世』とかを華麗に歌い上げ、女性たちをキュンキュンさせたい欲望があるんだけど、音痴かつ低音ボイスの僕には夢のまた夢のこと。

そもそも音痴の時点でカラオケ自体が苦手だから、できるだけ避けて生きていきたいと思っているくらい。

でもさ、社会に出ればどうしても合コンや職場の飲み会あたりでその時はやってくるんですよね。

歌いたくないのに、曲を入れる機械が順番に周ってくるあの恐怖が…

もう歌が上手いって褒められたいのではなくて、音痴が目立ってその場に流れる気まずい雰囲気を浴びることだけは何としても避けたい思いでいっぱい。

だから、大人数の前で歌う機会をそつなくこなせるよう、音痴+低い声に歌いやすい曲を一人カラオケで探してきました。

声が低くて音域が狭い僕が選ぶカラオケで歌いやすい曲ベスト10を紹介するので、大人数でのカラオケの恐怖に怯えている人はぜひ参考にしてください。

ベスト10を発表する前に

大人数でのカラオケをそつなくこなすには、どんなに歌いやすくてもマイナーな曲はタブーです。

というのも、誰も知らない歌を選曲すれば、一人また一人とスマホに夢中になり観客が見向きもしなくなるから。

これは僕も経験済み。

最初は「音痴を聞かれないからラッキーじゃん!」と思っていたけど、誰も注目してくれないのはそれはそれで地獄だったからね。

「え?何この時間?誰か演奏中止ボタンを押してくれーーーーー」と悲痛な声が心から溢れえてくるだろう。

だから、ミーハーでつまらない人だと思われようがメジャーな曲や歌手から選ぼう!

 

色々なジャンルの曲を歌ってわかったことは、

  • 裏声のパートが少ない
  • 音域の幅が狭い
  • テンポが比較的ゆっくり

この条件が当てはまる曲は比較的歌いやすいってことです。

単に声の低い歌手の曲を選べばいいという話ではないことを頭に入れておきましょう。

それじゃベスト10を発表します!

第10位 ハナミズキ(一青窈)

一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」

女性歌手で不安だと思いますが、スローテンポの曲で音程もとりやすいので男でも問題ないですよ。

もちろん一青窈さんの声に合わせると辛いので、キーを落として男性バージョンでしっとり歌うのがポイント。

ちなみにハナミズキは幅広い世代で認知度が高い曲なので、職場のカラオケなんかでチョイスするといいかも。

第9位 花唄(TOKIO)

TOKIOと言えば長瀬の高い歌声が特徴的だけど、花唄はキーもそんなに高くないし、テンポも一定で音域の高低差も激しくないので、音痴の人でも歌いやすいです。

そして何と言っても明るくほっこりする曲で、みんな口ずさみたくなるので、スマホチェックをさせない効果が期待できそう。

でもTOKIOの曲いけるかもと調子こいで「宙船」や「アンビシャスジャパン」に手を出すと火傷するので注意!

第8位 Poison(反町隆史)

人気俳優の反町隆史が歌うドラマ「GTO」の主題歌。

反町隆史は渋い声が特徴的なので、まさに低い声の男性にピッタリの曲と言えるでしょう。

サビの「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ・・・Poison♪」が気持ちいいから歌うのが楽しいよこの曲!

ただし、松嶋菜々子が惚れた歌声になりきってナルシスト感を出してしまうと女性陣のひんしゅくを買うこともあるから気をつけなはれや!

第7位 イージュー★ライダー(奥田民生)

ドライブにピッタリの曲だから、肩の力を抜いて歌える1曲。

奥田民生の曲を歌える男って女子ウケは良くないかもしれないけど、斉藤和義みたいに大人の男が歌い上げると超絶カッコイイのは間違いない!

僕の大好きな「旅猿」のテーマソングでもあるから、この曲を聞くとフラッと旅をしたくなるんだよね。

第6位 GO!!!(FLOW)

ナルトの曲でもお馴染み。

テンポがやや早いのですが、練習すれば結構早い段階でそれなりに歌えるようになりますよ。

高いキーもないので、リズムにさえ乗り遅れなければこっちのものです。

しっとりした曲が歌える雰囲気じゃない合コンの二次会とかに役立つ曲だからマスターしておくといいでしょう。

第5位 虹(福山雅治)

低い声でカッコイイ歌手の代表である福山雅治は外せないのでランクイン!

ドラマ「ウォーターボーイズ2」の主題歌でもあり、夏を連想させる爽やかな曲です。

「聞いて・・・欲しい・・・歌が・・・あるよ」のように息をつくポイントが多いから、歌が下手な人でもそれなりに聞こえるカラクリがあります。

ただ、途中裏声でささやくパートがあるのが難しいところ。

ここは、無理に完コピしないで地声で歌った方が怪我しないで済むぞ!

第4位 海の声(桐谷健太)

auのCMの浦ちゃんでお馴染み桐谷健太の曲がランクイン!

島唄のようなスローテンポで、サビになってもキーが高くなることもないのでマジで歌いやすい。

CMから生まれた曲ともあって知名度も抜群だから、周りの人も一緒に歌えるのも一押しポイント。

ただ沖縄感が強いから、熱唱してしまうと「内陸人のくせに」とひねくれた奴に言われる危険性も!

第3位 東京にもあったんだ(福山雅治)

虹に続き、福山雅治の曲がランクイン!

田舎から上京してきた人にとって染みる曲で、二次会のしっとりタイムに歌うとカッコよく見えるんだなこれが。

なんか実家に帰りたくなるそんな風に思わせてくれる。

歌いやすい+歌詞が好きということで個人的に大好きな曲です。

第2位 白い雲のように(猿岩石)

有吉の曲(笑)

一発屋で終わった猿岩石だったけど、この曲は歌詞もなかなか良くてカラオケで歌っても様になる不思議な魅力がある。

声も張らなくていいから、息切れすることもなく無難に歌い上げることができる貴重な一曲です。

話のネタにもなるし変にナルシスト感が出ないから、歌が下手な人ほどオススメします。

第1位 GLAMOROUS SKY(中島美嘉)

1位には意外にも女性の曲がランクイン!

声が低い男が中島美嘉の歌だと…Shit!

と憤慨している人もいるかもしれないけど、実際に歌ってみたらこんなに歌いやすくて気持ちのいい曲は他にはない。

履歴から探して何となく入れてみた僕自身が驚きの発見だったからね!

もちろん高音を絞り出しては意味がないので、中島美嘉のハモリを歌うつもりでやると超絶カッコよく歌えるようになります。

さすがhyde様が作った曲。男が歌ってもカッコイイとは恐れ入りました。

カラオケで歌う時は、機械を操作して音源のキーを下げるより単純に自分の声の音程だけを下げるといい感じになりますよ。

ちなみにGLAMOROUS SKYは映画『NANA』の主題歌なので、同じ劇中歌のEndless Storyもイケると思ったのですがあえなく撃沈ww

出だしの英語の発音でボロが出る結果に…

伊藤由奈の歌唱力に脱帽するだけなので、下手に手を出すのは危険ですよー。

まずは一人カラオケで練習するべし

僕が選んだ歌いやすい曲ベスト10は、実際に何回もカラオケに通った中で巡り合った選抜メンバーです。

もちろん僕の声とマッチしていたりと個人差もあるとは思いますが、カラオケが苦手な人はこの中から選ぶと自分にピッタリの曲と出会える可能性が高まるはず!

ただ、歌詞もうろ覚えの曲については練習しないと上達しないので、大人数の前でぶっつけ本番じゃなくて必ず一人カラオケで練習して自分の持ち歌にしようぜ。

これで地獄のカラオケタイムを乗り切る術を習得できるぜよ!