ライフスタイル

一人暮らしの冷蔵庫の容量サイズの選び方とオススメ製品を紹介する

これから一人暮らしを始める方にとって、家電の購入は高い買い物であり最も失敗したくないところですよね。

特に冷蔵庫の購入に関しては、サイズで失敗する人が多いです。

ここで、自分に合った冷蔵庫選び方について確認していきましょう。

一人暮らしの冷蔵庫の容量サイズは?

冷蔵庫の容量サイズは、小さいものでは45Lの冷蔵庫のみのタイプのものもあれば、大きいものでは735Lまでと大きさは様々です。

また、基本的に大きい冷蔵庫には食材によって部屋を分けているタイプが多く、例えば刺身の保存に活躍する「真空チルド」や品質を下げない「スリープ野菜室」など、食材の品質を保持する機能が充実しているのが特徴です。

ただ、これらの機能は本格的な自炊をしない人にとっては宝の持ち腐れになります。一人暮らしで料理を極める人なんてほとんどいないでしょう。

このため、まずは自分の生活に合った冷蔵庫を購入することが大切です。

基本的に、一人暮らしの容量の目安としては100~200Lの範囲になります。

毎日誰かに料理を振る舞うようなことがない限りはこのサイズで十分です。

自炊する人でも2日に1回ペースで買い物する分には容量に不満はないでしょう。

ただし、1週間分の食材をまとめ買いする人には小さいと感じるでしょう。

特にキャベツなどの葉物野菜は冷蔵庫のスペースを占領するので完全に容量オーバーになります。

一人暮らしの冷蔵庫の選び方のポイントは?

冷蔵庫を購入する前に必ず置くスペースのサイズを測りましょう。

この時のポイントですが、置くスペースより10cm以上小さな冷蔵庫が対象になります。

例えばスペースが70cmでしたら60cm以下の冷蔵庫しか選べないということです。

なぜ、壁にぴったりくっつけることがダメなのかと言いますと、冷蔵庫は中の温度を下げるために熱を放出しているからです。

このため、ピッタリくっつけてしまうと熱がこもり、冷蔵庫が十分冷えにくくなったり電気量の増加にも繋がりますので、

ゆとりのあるスペースの確保は絶対です。

電子レンジを上に置きたい時の注意点

1Kや1ルームにお住まいの方にとって、キッチンスペースは限られているため、冷蔵庫の上の部分に電子レンジを置く方が多いです。(風水的にはダメと聞きますけどね)

この時に注意してほしいのが、冷蔵庫によって電子レンジを置けるタイプと置けないタイプがあるということです。

今の冷蔵庫はほとんどが電子レンジを置いても大丈夫なタイプなのですが、冷蔵庫の説明書に「耐熱テーブル仕様」と記載されていないタイプは、あらかじめメーカーに問い合わせしましょう。

ただし、オーブントースターは床面が高熱になるタイプのものがありますので、冷蔵庫の上には置いてはいけません。

また、電子レンジの位置が高すぎると料理をこぼしたりする原因になりますので、その点も考慮して冷蔵庫を選ぶといいでしょう。

扱いやすいのは、冷蔵庫の上部が胸の高さぐらいのものです。

一人暮らしの冷蔵庫でおすすめは?

人それぞれ環境は違いますが、「最低限の機能がついていて安いのがいい!」というのが本音ですよね。

そこでオススメなのがハイアールの冷蔵庫になります。

僕が使っているのは冷蔵室92L、冷凍室46Lの138Lタイプのものです。

正直、大学生から単身赴任のお父さんまで幅広い生活環境にここまで対応できる冷蔵庫はなかなかありません。

img_2076

今回紹介したポイントをすべて押さえていますし、何よりスタイリッシュなデザインで安っぽく見えないのも素晴らしいところ。

機能面も問題なく、一人暮らしの食生活の柱「冷凍食品」も十分に収納できるスペースがあるので、

冷凍食品をまとめ買いする時も対応できます。

僕自身、週に3回ほど食材を買いますけど、冷蔵・冷凍ともに収納は問題ありません。

img_2078

また、霜取りも不要ですし、音も静かなので生活に支障が出ないのも嬉しいポイント。

人気メーカーですので店舗では売り切れがほとんどなので、ネット通販で自宅まで運んでもらうといいでしょう。