公務員の給料・貯蓄

【iDeCo】公務員が30歳からの老後資金運用をシミュレーションしてみた

僕は、30歳の年から老後資金をiDeCoで運用しています。

退職金を2,000万円と仮定すると、定年退職する60歳までに最低でも1,000万円は必要になるので、iDeCoで1,000万円の資産を築くためのシミュレーションをしようと思います。

果たして30年間の運用で目標の1,000万円を達成できるのかシュミレーションしてみたので、経済的に将来の不安がある方やiDeCoに興味のある方は是非参考にしてください。

毎月12,000円の積み立て投資(年利5%)で目標達成!

30年間積み立てたところで、掛金が少額であれば目標を達成できないです。

このため、iDeCoでは元本確保型(定期預金)ではなく、元本変動型(投資信託など)で運用しないと1,000万円には届きません。

インフレを考慮しても現金資産だけで運用するのは危険なので、リスクを受け入れたうえで積極的に投資をした方がいいでしょう。30年間の時間を味方につければ短期の損失は気にならないので、iDeCoは攻めの姿勢が望ましいと個人的には考えています。

銀行預金大好き公務員はインフレにより資産価値が下がることを認識するべき毎月の給与やボーナスをコツコツ銀行に納めている公務員のみなさま。 まさか「投資なんて損したら勿体ないから銀行預金が一番だよ」なんて...

それでは、シミュレーションを開始します!

今回は積極投資を前提に運用していくので、条件を以下のとおり設定しています。イメージとしては投資信託1本で運用していく感じです。

  • 30年間毎月12,000円の積み立て
  • 年利5%
  • 米国株インデックスファンド

この条件で資産運用したと想定したグラフがこれです。

結果としては、元本432万円が998万円まで増えました!年利5%ってそれほど厳しい設定でもないので、実現可能なリアルな額だと思ってください。

銀行に預けているだけではここまでの成果は出ないですから、長期積立投資の凄さが身に沁みます。利息が利息を生む『複利効果』を味方にすることが長期投資の最大のポイントですね。

さらにiDeCoは掛金が所得控除の対象になるので、毎年の所得税と住民税が安くなるメリットもあります。年収600万円の場合、年間28,800円×30年間=約86万円の節税に繋がります。

iDeCoの恩恵を全て合わせると998万円+86万円=1,084万円になり目標である1,000万円をクリアしました!

この結果から、30歳からでも毎月12,000円を銀行に眠らせるのではなく積立投資に回すことで老後資金にかなり余裕を持つことができることがわかります。

30年間の積み立て期間はかなり貴重である

現在iDeCoで積み立てできるのは60歳までなので、当たり前ですが若ければ若いほど運用年数が長くなります。

特に30代と40代では大きな差があるので、iDeCoはできるだけ30代前半から始めたいところです。

これは、先ほどのシミュレーションで年数を30年→20年に変えたグラフになります。積み立て額と年利は同じ条件ですが、20年では元本合わせて493万円という結果になりました。

 

30年では1,000万円なのに…

 

つまり、20年から30年の間に一気に資産が増えることがわかります。iDeCoに加入するタイミングが10年遅れるだけでもこれだけ大きな差が開くのです。

毎月12,000円の積み立てでも1,000万円の資産を作ることができたのは、30年間の時間があってこそ。少額の積み立てで大きなリターンを得るには時間が必要不可欠ってことですね。

長期積立投資は複利効果により雪だるま式に資産が増えるメカニズムであることは知っていましたが、実際にこれほどの差が出るとは驚きです。

運用益
10年 約42万円
20年 約205万円
30年 約566万円
40年 約1,255万円

10年単位で利益を見てみると、利益の膨らみ方のエグさがよーくわかりますね。

さすがに40年間近くの積み立てになると20代前半から資産運用について意識していないと難しいので、現実的には30年ならかなり優秀と言えるでしょう。

老後資金を増やすためには30代前半までにiDeCoに加入することをオススメする

僕がiDeCoを始めたのは2017年。

30歳でしたが当時はまったく資産運用について深く考えたこともなく、正直iDeCoの存在自体を知りませんでした。

話題になった仮想通貨で150万円ほど損失したことをキッカケに資産運用について勉強を始めてここで運よくiDeCoと出会えました。

結果的に30歳からiDeCoで老後資金を運用することができたので、これからの運用次第では「仮想通貨の大損も悪くなかった!」と言えるようになるかもしれません。

今の若い方には「年金も少なくなる」「退職金もどんどん下がる」など将来が不安になる情報ばかり耳に入りますが、iDeCoやNISAなどの制度を利用できる点は昔の人より優遇されています。

逆を言えば、iDeCoを上手に活用しないとせっかく与えられたチャンスを無駄にしてしまいます。

若いうちにiDeCoに興味を持った時点で既に利益が出ていると言っても過言ではないのです。

この記事に辿り着いた一人でも多くの方が、iDeCoをとことん利用して30年後に笑っていられるような未来がくることを願ってますぞ!

iDeCo(イデコ)にすら加入しない公務員の老後はお先真っ暗になるかもしれないこのご時世、老後の暮らしが約束されている時代ではありません。 危機感を抱き、定期預金でコツコツ貯蓄を増やしている方もいますね。確か...