ニキビ

中学生のおでこニキビの原因と治し方を徹底的にまとめてみた

僕の中学生時代はニキビとの肉弾戦の連続であった。特にオデコのニキビは一つそこらのレベルではなく、一気に額全てをニキビに占拠された状態でした。

しかし、僕は窮地に立たされたその状況からスキンケアを見直して見事に逆転勝利を掴むことに成功し、今でもツルツルのおでこを維持しています。

中学生のニキビは頬よりもオデコにできるケースが多いのが特徴なので、この記事では中学生のおでこニキビの原因と治し方を紹介していきます。おでこニキビに悩む中学生は必読ですぞ!

中学生のおでこニキビの原因

中学生のおでこニキビの原因
  • 皮脂の過剰分泌
  • 汗拭きペーパーの使いすぎ
  • 物理的な接触

皮脂の過剰分泌

中学生にできるニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れからくる皮脂の過剰分泌が考えられます。

思春期のホルモンバランスの乱れは成長期からくる自然な生理現象なので誰にでも訪れることです。

男性ホルモンは体質的な影響も大きいため、全然皮脂が気にならない人もいれば脂取り紙を何回使っても皮脂が落ちない人もいます。

特に男の子は男性ホルモンの影響をモロに受けるため、女の子よりも皮脂がドバドバ出やすい傾向にあります。

必ずではありませんが、ニキビに悩む中学生のほとんどは体質的に皮脂分泌量が多い傾向があります。

中学生のオデコの皮脂量は人生でもMAXレベルの時期なので、皮脂詰まりによるニキビができやすいと言えるのです。

小さなニキビがプツプツと広がるのはおでこニキビの特徴と言えます。これは肌全体で皮脂詰まりが起こっている証拠です。

汗拭きシートの使いすぎ

中学生におでこニキビができやすいのは、皮脂過剰分泌によるものだけではありません。

中学生と言えば部活動が盛んな時期で、毎日授業終わりに運動する習慣がありますよね。

部活後に汗の処理をするためにデオドラントペーパーで顔を拭いていませんか?

デオドラントペーパーにはアルコール成分が含まれているため肌の水分量を奪う原因になります。水分量が減って皮脂量が増えると肌のバランスが崩れニキビができやすくなるのです。

体を拭く分には悪影響がほとんどありませんが、顔にデオドラントペーパーはタブーです。

体育の授業後や皮脂が気になる時など1日に何度もデオドラントペーパーを使用すると、アルコールの刺激で肌が敏感になり外部の刺激の影響を受けやすくニキビができやすくなります。

皮脂が気になる時はタオルハンカチや脂取り紙を使用し、部活後の汗はタオルで優しく拭き取るだけでOKです。

また、汗の成分のほとんどは水なのでニキビの原因にはなりません。神経質になるほど気にする必要はないですよ。

物理的な接触

オデコは外的刺激を受けやすい部分です。特に前髪がおでこに触れると肌に刺激を与えニキビができやすくなったり、今あるニキビが治らずに悪化する可能性も高いです。

無意識におでこを掻く癖がある人もいるので、知らず知らずにオデコを爪でひっかいてしまい汚れや菌が顔に付着してニキビになることも考えられます。

また、指でツンツン触るのは、やっぱりニキビを悪化させる原因になります。

中学生の多感な時期にニキビができると周りの目とか気になり、ニキビを触っちゃダメなのはわかっていても触っちゃうんですよね。その気持ち僕も理解できます。ダメと言われると余計に気になっちゃうしね。

 

これは考えようですが、あまりにも気になって我慢できないくらいストレスが溜まるようなら1日1回くらいは触ってもいいと僕は考えます。

でもルールは守りましょう。まず触る前には必ず手を洗って、なるべく菌や汚れを肌に付着させないこと。そして指でつまんだり擦ったり刺激を与えないこと。

ニキビを潰した方が治りが早くなることもありますが、素人判断で潰すのは僕は推奨しません。

オデコは新陳代謝が活発なのでニキビ跡が残りにくい事実は確かなことですが、ニキビ治療の観点から考えると肌に刺激を与えてダメージを蓄積させるとオデコ全体のニキビの治りが遅くなるため潰すのは反対です。

根本的な原因を解決しないと何度もニキビを繰り返す羽目になります。ニキビを潰して治ったと感じるのは一瞬のことですからね。

中学生のおでこニキビの治し方

中学生のおでこニキビの治し方の基本は、皮脂量を適切に保ちニキビを予防することです。ニキビを治すではなく、ニキビを作らないという視点が大切なのです。

このため毛穴詰まりを予防するために洗顔と日中のケアが大事になります。特別なケアなど必要ないので、まずは基本をマスターすることから始めてください。

洗顔

朝と夜の洗顔で皮脂汚れを落としていきましょう。

ただし、力いっぱいゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけてしまうので、正しい洗顔テクニックを習得してください。

また、ゴシゴシ洗いで皮脂を落としすぎると肌のバランスが崩れ、もっと皮脂を分泌しようと脳が皮脂腺に指令を出します。

「オラオラもっと皮脂出さんかい!」と命令された毛穴から皮脂が過剰に分泌することで、毛穴詰まりを引き起こしニキビのリスクが拡大します。

さらに、肌を傷つけると肌内部の水分が蒸発しやすくなり肌のバリア機能が低下し、髪の毛や手で触るなど物理的な刺激に敏感になりニキビができやすくなります。

中学生の洗顔は自己流で間違いやすいため、一度洗顔の基礎を徹底的に学びましょう。

https://ame-mizuame.com/sisyunki-sengan-ranking

日中のケア

中学生は男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に出やすい時期のため、洗顔だけでは皮脂量をコントロールできない人もいます。

これは体質的な問題のため皮脂分泌を防ぐことは難しいので、日中テカテカが目立つ人は皮脂を拭き取る努力が大切です。

お昼休みや部活前など時間を見つけてケアするといいでしょう。教室だと恥ずかしいなら自分の隠れ家を探しましょう。僕も昔は自分だけのスペースを探していたなぁ。

ただし、気にするあまり1日何度も皮脂を拭き取るのは危険です。トイレ休憩があるたびに皮脂を拭き取るのはやりすぎケアです。

自分では皮脂がヤバいと思っていても周りと比べると普通の量だったりしますからね。皮脂のことばかり考えないで、他の楽しいことに集中したり気分を紛らわすこともニキビケアには重要ですよ。

おでこニキビにオススメの化粧品

おでこニキビを減らすためには、新たなニキビを作らないことが大切です。

思春期ニキビ予防においては洗顔が基本になりますので、正しい洗顔方法を習得しつつ自分の肌と相性のいい洗顔料を見つけましょう。

ここでは実際に思春期ニキビに悩んだ僕が厳選した2つの化粧品を紹介しますので、ぜひ悩んでいる人は試してみてください。

プロアクティブ

おでこは頬よりも丈夫なので、サリチル酸系の洗顔料やスクラブ入りの洗顔料でも肌が荒れにくい箇所です。このため、サリチル酸系のスキンケア商品は過剰皮脂が原因のおでこニキビには効果的と言えます。

中でも僕がオススメするのは、思春期ニキビケアに有名なプロアクティブです。

王道ですが、おでこニキビとの相性は抜群ですので試さない手はないでしょう。泡立てない洗顔は肌を傷つけないよう力加減に注意が必要ですが慣れれば楽勝です。

僕自身もプロアクティブを使用したことがありますが、額のニキビとの相性の良さを実感できました。

プロアクティブ公式ぺージはコチラ

プロアクティブは使用方法を間違えると、ニキビを悪化させるだけでなく肌全体を赤く炎症させることもあります。刺激が強いスキンケア商品を使っているのだという自覚を持って、使用回数を守り洗う時も肌を優しく丁寧に扱うことが絶対条件になります。

NonA(ノンエー)石鹸

プロアクティブは合う合わないがハッキリ分かれる商品です。

口コミサイトを見るとわかりますが、ニキビが治る人と悪化する人で真逆な結果になることもあるくらいですからね。

このため、思春期ニキビだからといってプロアクティブを使えば必ず治る保証はどこにもありません。

肌が敏感な人ほどプロアクティブとの相性が悪い傾向にあるので、自分の肌の状態を見極めながら使用するか判断しましょう。

もし、プロアクティブが肌に合わない場合、僕ならNonA(ノンエー)石鹸を使います。

NonAはプロアクティブを代表とするサリチル酸系のスキンケアとは真逆で、肌に優しい成分しか配合していないので敏感肌でも安心して使用することができます。

固形石鹸本来の洗浄力は十分にありますので、皮脂汚れを綺麗に落とす力は文句なしです。プロアクティブでおでこニキビが悪化する人は、肌に優しいNonAを試してみるといいでしょう。

Non A公式ぺージはコチラ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想ニキビに効果的な洗顔料を調べると有名なNonA(ノンエー)石鹸に辿り着きますよね。 口コミの評価も高い人気の固定石鹸なので、「自分...