30代の恋愛論

31歳独身男、結婚を目標に婚活する友達に違和感を覚える

どうも、とむです。

突然ですが、僕は独身です。バツもありません。

こないだ高校からの友人と遊んだ時、いつもヘラヘラしている彼が「周りの結婚報告に落ち込む」と珍しく悩んでいました。

確かに30代にもなると同世代がドンドン結婚していきます。

中には小学生の子供がいるって人も。

 

ですが

 

僕には独身という焦りが微塵もありません。

というか、僕は結婚のために婚活を頑張っている男性に違和感を覚えます。

同じ31歳の男なのに、片方は辛いほど悩み、片方は何も感じない。

彼が変なのか、自分が変なのか。

結婚というゴールに向かうのは奇妙

「彼女がほしい!」って気持ちは理解できます。

ですが、「結婚したいから彼女がほしい!」って感覚がわかりません。

何でそんなに結婚をしたがるのだろう。

 

『3年以内に結婚する』と目標を立てて、婚活パーティやマッチングアプリで出会いを増やして見事結婚できました。

こんなストーリーを耳にしても、「すごい!」って感覚はなく「結婚って達成するものなのか?」と疑問を抱きます。

 

もちろん、『奥さんになって温かい家庭を作る』って夢があるならしょうがない。自分のやりたいことを叶えるのはスバラシイ。

でも、それ以外の人が結婚を目標に行動するのって何か違うような気がする。

30代になり結婚できていない現実への焦りに突き動かされていないか?

世間体を気にして結婚する時代は終わった

僕らの親世代とかは、ほとんどの方が結婚しています。

その価値観が続いているからか、「男は結婚して一人前」みたいな風潮が未だに残っている。

特に地方で独身でいると「まだ結婚していないの?」と残念な目で見てきます。

結婚していない人は何かダメな部分があると言わんばかりに。

 

こうした世間体を気にしてしまうと「結婚しないといけない」と強迫観念に近い焦りが生まれます。

無事に結婚できたとして、果たしてダレトクなのか。

 

結婚適齢期という理由で、付き合っている彼女にプロポーズして結婚した先輩がいます。

最初は幸せだったけど、一緒に生活しているうちに「そこまで好きじゃない」ことに気づいたそうです。

そして、わずか結婚生活が1年でピリオドを打つ結果に。

 

先輩は、その3年後に再婚しています。

今度は、世間体を気にせず一人の女性と向き合ったそうです。近々お子さんが生まれるそう。

年齢と結婚を結びつけた結婚は不幸を生み、人と向き合った結婚は幸福を生んだのだ。

 

世間に惑わされて自分の人生を選択するのは愚かな行為ではないか。

結婚するのが正しい選択肢とは限らない。

世間の前に自分を大事にしてほしい。

老後に備えて結婚するとか馬鹿馬鹿しい

結婚を焦っている友人に「なんで結婚したいの?」と聞いてみた。

すると「老後を一人で生きるのは辛い」と真顔で答えてきやがった。

 

なぜ老後を心配しているのか。君は今を生きているのではないか?

 

お金のこともそうですが、日本人は老後の心配をし過ぎている。

数十年後の未来なんて想像するのは自由だけど、今の自分が一番大事なことを忘れてはいけない。

なぜなら、人はいつ死ぬかはわからないからだ。想像通りの未来に自分がいる保証はどこにもない。

だからこそ、老後の自分という幻影を追いかけるのではなく、この1秒を刻んでいる自分に寄り添って生きていくべきだ。

どうか今を生きてくれ。

「彼女が大好きだから結婚する」というシンプルな発想が大事

結婚したら楽しい人生になると思っている独身は数知れず。

人は隣の芝が青く見える性質があるから、独身者は結婚に対して憧れを持つのだろう。

しかし、結婚を手に入れることを使命感にしてしまうと大事な部分が抜けてしまいます。

 

好きだから結婚する

 

結婚は相手がいて成立するもの。複雑な人間関係だからこそシンプルに考えた方がいい。

つまり、彼女がいないのに結婚を考えるのは必要ない悩みなのだ。

「結婚したい」ではなく「好きな人がほしい」と考えよう。

この気持ちで婚活パーティやマッチングアプリで出会いを増やせば、余計なことを考えずに恋愛ができるでしょう。

『結婚』の呪縛でがんじがらめになるよりずっといい。

友達には、結婚したいから結婚することだけはやめてほしい。

どうか、幸せになってくれ。