公務員の実情

地方公務員の出世コースは存在する!優秀な人材の歩む部署を紹介

どうも、元公務員のアツシです。

年功序列の公務員の世界でも、民間企業同様に『出世する人』と『出世しない人』の明暗がクッキリ分かれます。

仕事ができなければ人の上に立つことはできませんので、出世するためには日々の業務からコツコツ成果を出すことが一番大事です。

特に若手時代の仕事っぷりが出世に大きな影響を与えるのは間違いないです。

40代から頑張り始めても時すでに遅し。

正直言うと、30代前半までの経歴を見れば「この人は出世する」というのがわかります。

この記事では、出世する公務員がどのような部署を経験するのかリアルな目線で紹介していきます。出世に興味のある人は目を通した方がいいですよ。

出世する公務員は若手時代に激務部署を経験する

まず前提として、地方公務員が出世するためには激務部署を経験する必要があります。

県職員で言えば、本庁の中でも月の残業時間が平均40時間以上を超えるような部署のことです。

 

そして、20代のうちに配属されるということが重要

入庁して最初の異動で暇な職場に飛ばされる人は、既に黄色信号が点灯していると思った方がいいです。

 

つまり、出世したいなら若いうちに「優秀な人材だ」と思われなければいけないということ。

最初の職場が出先機関でも上司に認めてもらえれば、本庁の忙しい部署に異動することは可能です。

出先機関から財政課に異動した職員もいます。

逆に配属先の上司と揉めたりトラブルを起こす人は、いくら仕事で成果を出しても評価されないので注意が必要です。

 

個人的には「残業しないで最大限の成果を出す人材が最も評価されるべき」だと考えています。

しかし、公務員の世界は『定時上がり=暇で仕事しない人』というイメージが強いため、激務部署でめちゃくちゃ残業できるタフな人材こそが評価されます。

これはどうしようもないことなので、出世したいなら20代の貴重な時間を捨ててでも残業の多い部署を希望しましょう。

上司からの評価が高ければ、激務部署への異動希望は叶いやすくなりますから。

出世する公務員が配属されやすい部署(課)

王道の出世コースは確かにあります。部長級の職員の経歴を見ても、「やっぱりこの部署を経験してきたんだ」と一目瞭然です。

特に「人・お金」が絡む部署は、公務員のみならず重要な要素になるため、組織の中でも優秀な人材を集める傾向にあります。

逆に、誰でもできるルーチンワークを中心とした部署に優秀な人材を配置するのは勿体ないので、福利厚生や給与事務を担当する所属は『出世しにくい部署』と言えます。

よって、出世コースと言われている部署は『人事課・財政課』がトップに君臨し、二番手として『企画調整課』が挙げられます。

人事課

人事課は出世の登竜門と呼ばれるくらい、ほとんどの公務員が「人事課に行く人は出世する」という認識を持っています。

人事課には20代の若手が多く配置され、残業が月50時間を余裕で超える激務部署の代表と言える職場です。

僕が働いていた県庁では、入庁して3年目の最初の異動で1~2人の優秀な職員が人事課に配属されています。

同期の中でも「優秀だ」と言われるようなタイプなので、選ばれし者が人事課に異動するイメージですね。

 

ただし、人事課で働いた経験のある人が全員出世するわけではありません。

 

理由は3つ。

  • 人事課で仕事ができなく出世コースから離脱
  • 人事課の激務で体調を崩し出世コースから離脱
  • 人事課にも出世しにくい担当がある

特に長時間勤務に耐えられなくて休職する人、「次からは暇な部署でお願いします」と懇願して出先機関中心の働き方にシフトチェンジする人など、人事課を経験したことで出世コースから外れるパターンも少なからずあります。

また、人事課の中でも総務関係を担当するところもあるため、一概に「人事課だから出世する」とは言い切れません。

総務係は残業もそれほど多いわけではないので、出世コースに乗っている可能性は低いと判断した方が無難かと思います。

財政課

財政課も王道の出世コース。人事課同様、20代の若手が最初の異動で配置されます。

財政課は文字通り『自治体の財政を管理する部署』のため、言わば財源を循環させる心臓の役割を担っています。

自治体の事業は財政課が許可しない限り動くことができないので(厳密には議会の承認)、正直言って他の部署は財政課に逆らえないのが現実です。

 

つまり、財政課のポストは優秀な人材しか座れないということ。

個人的には、人事課以上に優秀な人が配置されているという印象を持ちます。

特に各部の予算担当を経験している人は、出世コースに乗りやすいこと間違いないです。財政課を二回経験したら部長級クラスまで出世できると言っても過言ではありません。

 

ただ、財政課も人事課同様に体調を崩して休職する人が少なからずいます。出世するためには2~3年を無事に乗り切ることが重要です。

特に次年度予算編成に関する業務により、下半期の残業時間は常人のレベルを遥かに超えるものになっています。

財政課もタフでなければ務まらないと言えますね。

企画調整課

人事・財政には及びませんが、自治体の総合的な企画を考える部署にも優秀な人が多いです。主席合格した後輩も異動していました。

ただ、20代の若手がそこまで配置されている部署ではないので、出世コースに乗っている30代~40代の職員が配置されるといった印象を持っています。

人事・財政と比べると残業時間がマヒしてくるので、企画調整課はそこまで激務というわけではありません。

頭の回転が早くて調整能力があれば、ここでも成果を出せて出世街道を順調に歩めるでしょう。

その他

上記3つ以外の部署でも、観光や農林、健康福祉などにも歴代の部長クラスの足跡がたくさん残っているので、何かしら他の人とは異なる強みを発揮できれば出世コースに乗ることはできるでしょう。

また、主管課と呼ばれる各部のとりまとめを担当する課にも優秀な人材を配置しているため、予算や議会に関連した業務を担当していれば出世コースに足を踏み入れていると判断できます。

結局のところ、忙しい部署を転々と経験している人が蓋を開けたら出世しているので、自分が担当している仕事で結果を出していけば自ずと出世コースには乗っていくというわけです。

地方公務員の出世に学歴は関係ない

地方公務員なんて地元の大学出身者が多いと思っていたのですが、蓋を開けてみたら東京の有名大学や偏差値60以上の猛者がゴロゴロいました。

中には日本で一番偏差値が高いあの大学出身者もいます。

地方公務員の出世って学歴関係あるの?

年功序列の古い体質で有名な公務員。

出身大学によって出世が決まるイメージがありますが、実際のところは地方公務員レベルだと学歴フィルターは関係ありません。

県職員や市役所職員なら、長時間の残業に耐えるタフさと調整能力があれば出世できると思って大丈夫です。

同期に東大や京大がいても億劫になることないですよ。

偏差値55レベルでも部長になれる

僕が入庁した時のとある部長は、なんと僕と同じ大学出身者でした。

見るからにオーラがあって仕事にストイックなタイプ。

決して自慢できる学歴ではないのですが、県職員の中ではトップの部長級まで上り詰めることができた生き証人です。

 

これが出身大学によって出世が決まるわけではない根拠の一つになります。

県職員になればこれまでの学歴はリセットされ、仕事の積み重ねにより出世するかどうか決まるのです。

 

この部長、何と言っても人脈がハンパありません。

 

県職員だけでなく地元企業の社長や団体にも顔が効くので、他の公務員とは明らかに別格な存在感があります。

僕が公務員を続けてもこのレベルに到達するのは至難の業。

県職員にはかなり厳しいことで有名な人でしたが、僕が一度お話しした時は「とても頭の回転が早くて時代を読める人」という印象を持ちました。

 

想像ですが、部下達の事業提案などの資料が、自分の求める推移に達していないことにストレスを感じていたのだと思います。

常に勉強するタイプの人だったので、普通の公務員ではついていけなかったのでしょう。

 

部長は知事からも信頼されていたので、定年退職しても重要ポストに就任していました。

地方公務員の出世モデルとしては最高ランクの人生を歩んでいると思います。

高学歴の職員ではなく叩き上げの職員が立派な経歴を歩んでいることは、同じ出身大学である僕の小さな誇りです。

僕にはその人生を歩むことはできませんが、志を高く持って行動していることを体現している姿はカッコいいと素直に思います。

公務員試験の上位合格者は出世コースに乗りやすい

学歴は出世にあまり影響しませんが、公務員試験を上位合格していると出世コースと呼ばれている部署に配属されやすい事実はあります。

僕が働いていた県庁では、主席(1位)や次席(2位)の人が人事課や財政課、企画調整課などの部署に配属されるケースが多いです。

もちろん入庁から3年間の仕事っぷり次第では出世コースから遠ざかる人もいるので絶対ではありませんが、精神的・肉体的にタフであれば出世街道を歩めるチャンスが上がります。

 

ただ、それでも現場での仕事こそが一番の判断材料になるため、上位合格できなくても出世のチャンスが失われたわけではないので安心してください。

むしろ高学歴で上位合格したにも関わらず、プライドが高すぎて周りの職員と上手く関係を築けなかった人が出先機関に異動している様子も目の当たりにしています。

 

また、最近では筆記試験より二次試験(面接など)の配点が大きくする自治体が増えてきているため、昔みたいに勉強だけ頑張れば上位合格できるわけではありません。

今の時代、公務員には人間力が求められているため、上位合格したいなら二次試験にも力を入れた方がいいでしょう。

そして、無事に入庁できたら学歴なんかいちいち気にしないで、与えられた仕事以上の結果を求めて試行錯誤しながら全力を出してください。

所属長に認められたら出世の道が開かれるかもしれませんよ。

国へ出向する地方公務員は出世コースに乗っている超エリート

地方公務員として5年ほど働くと、国に出向する人がちらほら出てきます。「最近あいつ見かけないなー」と思ったら、実は出向していたことを後から気づくことも。

僕が県職員として働いていた頃、同期や後輩が経済産業省や国土交通省、農林水産省などに出向して1~2年ほど東京の霞が関で働いていました。

 

毎年3~4人くらい入れ替わりで出向している感じですね。

貴重な経験ができる出向ですが、もちろん希望すれば誰でも行けるわけではありません。

 

結論から言うと、国へ出向の声がかかるのは将来有望な職員のみ。

幹部候補として育てたい人材だと思っていいです。

 

出向しなくても偉くはなれますが、出向したら高確率で出世コースに乗ることは揺るがない事実です。

所属長から「出向の話があるんだ。」と言われたら評価されていると喜びましょう。

 

同期の中で約2人の選ばれた人材しかチャンスを与えられないため、霞が関への出向が狭き門なのは間違いないです。

希望したから行けるわけでもないので、財政課・人事課よりもハードルが高いと言えます。

興味があるなら、まずは本庁の忙しい部署で働くことが重要で、その中で所属長に「優秀な人材だ。」と評価されることが絶対条件です。

人事面接でも「出向に興味がある。」と積極的にアピールしてもいいでしょう。

そして、人事課に認められればきっと出向の話がやってくるはず。

日頃の業務からコツコツ成果を出すことが出向への唯一の道になるのです。

国へ出向する公務員の経歴

県職員のことしかわかりませんが、国へ出向する若手職員は本庁勤務をしている人から選ばれます。

出先機関から国へ出向した人を見たことはありません。

入庁して出先機関→本庁→経済産業省という経歴の職員もいるので、新採職員の配属先が出先機関でもチャンスはあります。

ただし、逆に本庁から出先機関に異動した人は可能性が下がります。

 

具体的な所属としては、財政課、産業課、市町村課、畜産課などあまり一貫性がないですが、総務や庶務ではなく事業担当課から選ばれることが多いです。

また、忙しい職場から選ばれるため、定時上がりしている職員には声がかからないのが現実です。

国へ出向するためには、入庁して最初の職場で評価されることが大切なのです。

 

なお、人事課としても環境の変化や長時間勤務に耐えられるタフな人材を重宝するため、基本的には女性が国へ出向するケースは滅多にありません。

僕が知っている限りは、他県庁への出向はあっても国は聞いたことないです。

結婚適齢期ということもあり、人事課も色々と気を遣っているのかもしれませんね。

これは男女差別ではなく、職員の生活を考えた判断なのでしょう。

国から戻ってきた後の配属先

国への出向は早い人で1年間。平均すると2年間がベースとなっています。

激務の霞が関勤務から戻ってきた職員が配属されるのは、出向先に関連した職場になります。

エリートには休息という言葉はありません!

 

例えば、農林水産省なら農林水産部、経済産業省なら商工部など。

農林水産部→農林水産省→農林水産部とどっぷり専門分野にハマるでしょう。

 

その後も出向組は本庁を中心に忙しい部署を転々とし、いわゆる出世コースを歩むことになります。

本庁を中心として、たまに出先機関に行くって感じです。

国へ出向するのは仕事ができる人ばかりなので、体調を壊したり価値観が変わらない限り順調に出世するのは間違いないです。

霞が関も激務だけど県庁も負けてないから大丈夫

県職員から国へ出向すると、国家一般職と同じような待遇と仕事を与えられます。

県と違って国家総合職と国家一般職が一緒に仕事をしているため、ルックスだけだと誰が上司か判断つかないそうです。

県庁だとオジサンが上司で若い人が部下ですが、霞が関では30代課長と40代課長補佐とか普通にありますからね。

 

また、霞が関では終電帰りが当たり前といったイメージがありますが、全ての部署がそうではありません。

年間通してずっと忙しい部署も多くはないため、県庁と比べても残業時間に大きな差はないです。

それでもある月に100時間くらい残業していた人もいましたけど。まぁ2年間の修行と割り切って頑張るしかないですね。

県と国の仕事はスピード感が全然違う

県庁と霞が関を比較したとき、出向組は口を揃えて「スピード感が全然違う。」と言っています。

「県庁は何でもかんでも形だけ決裁を取るから責任感がない人が多い」という意見もあります。

 

県庁ではどんなに小さな案件でも決裁を取らなければいけないのに対して、国では担当の裁量範囲が広くて課長が介入しない案件も県より多いと聞いています。

このため、仕事が止まることが少なく、自分のやる気次第ではどんどん仕事が進むのが大きな違いだと実感しやすい環境になります。

 

優秀な人材ほど県庁でのスピード感のなさにウンザリしているため、「出向は大変だけどやりがいがある。」というのが本音。

県庁に戻ってくると、よりスピード感のなさにガッカリするのは言うまでもないです。

こうしたことを発見できるのも、出向することを許された優秀な人材ならではのことですね。

働く環境がガラリと変わるハードな数年になりますが、公務員としてのキャリアには確実にプラスになることは間違いないです。

公務員が出世するメリット

  • 年収が上がる
  • 自分の意見が通りやすくなる
  • 退職後の再就職先の選択肢が広がる

生涯年収が上がる

当たり前ですが、出世すると年収が上がります。

部長で定年を迎える人と課長補佐で定年を迎える人では生涯年収に差が生まれるのは当然ですね。

公務員は年功序列で平等に基本給が上がりますが、40代半ばになると出世する人とそうでない人の差が広がってくるので、後輩に年収が抜かれるなんてよくある話です。

 

本庁の次長・部長クラスになると基本給と管理職手当も上がりますし、年2回のボーナスの合計が課長補佐より100~150万円ほど多く貰えるので、出世することで年収が格段にアップするのです。

年収1,000万円プレイヤーを経験したいなら部長まで出世しましょう。

お金はモチベーションになりやすいですから。

自分の意見が通りやすくなる

優秀な人ほど無能な上司の下で働くのはストレスになりますよね。

それでも組織で働く以上は上司を立てなければいけないので、もどかしい思いをしている職員もいるでしょう。

 

公務員の世界は肩書きこそが説得力のすべてなので、どんなに優秀で正しい判断であってもヒラ職員の意見は無能な上司に押しつぶされます。

内容うんぬんではなく誰が言ったかが重要なので、役職が発言力に大きな影響を与えるのは言うまでもありません。

 

逆に言えば課長・次長・部長になれば自分の意見を施策に反映しやすくなるので、自分の思い通りに仕事を進めたいなら出世すればいい話です。

また、出世コースに乗って上司に認められると「あいつの意見だからな」と後ろ盾になって協力してくれるケースもあるので、出世するにつれ仕事に良い影響を与えるのは間違いないです。

退職後の選択肢が広がる

定年退職する際の役職次第で、その後の人生の選択肢が大きく変わります。

課長補佐クラスであれば、『無職になる』か『再任用職員になる』かの二択。

公務員の再雇用になると30代前半くらいの給与まで下がりますが、アルバイトするよりはマシです。

 

もちろん自分で事業を始めたり人脈を作って民間企業に就職する方もまれにいますが、正直言って課長補佐でくすぶる職員を雇用したいという企業や団体はほとんどありません。

残念ですが、経験やスキルのない高齢者は時給制でこき使われるのがオチです。公務員の肩書きがいかに自分を支えていたかに気づかされるでしょう。

 

一方で、出世すれば退職後の選択肢が増えるだけでなく、それなりの待遇で迎えてくれる会社や団体があります。

課長クラスになれば、再雇用ではなく再就職という形で仕事が見つかるのです。

 

そりゃ激戦を勝ち上がって出世した人材は重宝されます。

人脈もあり公務員時代の影響力を考えると、ほしがる企業や団体があるのは当然のこと。

出世しない公務員と違って、たとえ公務員という肩書きがなくなっても活躍の場が残されているのです。

老後の先行きが見えない現在、可能性を広げることで安心感が増します。

公務員が出世するデメリット

今度は出世することのデメリットについてです。出世するためには犠牲にしなくてはいけないことがあり、それを受け入れることができるかがポイントになります。

要は、公務員は出世と引き換えに乗り越えなければいけない試練があるって感じです。

  • 人生という時間を消耗する
  • うつ病のリスクが大きい

人生という時間を消耗する

出世するためには激務部署を転々としなければいけません。暇な部署でのんびりしている人が部長まで出世することは100%ないです。

民間企業だと仕事の成績が出世に影響しますが、公務員の世界ではどんなに優秀でも長時間勤務をしなければ出世できない現実があります。

 

つまり、出世と時間を天秤にかけなければいけないということ。仕事終わりに趣味を楽しみたい人にとっては出世を諦める必要があるかもしれません。

基本的に出世コースを歩んでいる多くの職員は毎日遅くまで仕事をしているため、平日は家族団らんで過ごすことは難しくなります。

 

20時に帰宅できればいい方で、22時に帰宅して翌日また出勤するのがエリート公務員のデフォルトです。18時に帰宅する当たり前の生活はそこにはありません。

さすがに土日休みまで仕事をする人は少ないですが、休日も家族サービスに追われ自分自身が心休まる時間はほとんどないと言えます。

うつ病のリスクが大きい

公務員はうつ病で休職する人が多く、優秀な若手でも激務部署で精神が削られて休職するケースも珍しくありません。

忙しすぎて円形脱毛症になる人や頬がこけて老けてしまう人もいるくらい。

 

出世コースと呼ばれる忙しい部署ほどピリピリした空気が常に流れているので、精神的に弱い人にとってはかなりの負担になります。

暇な部署の職員と比べると顔つきが全然違いますから。

 

このため、長時間勤務に耐えられるタフさだけでなく、仕事のプレッシャーや複雑な人間関係にも耐えられるタフさがなければ出世する前に力尽きて潰れてしまう可能性が高いです。

優秀な公務員は鬱のリスクを抱えながら仕事をしていると言っても過言ではありません。

僕自身、公務員になってうつ病で2ヶ月休職した経験がありますが一度でも心を壊すと完全に元の状態まで戻ることは難しいです。薬を服用しながらじゃないと仕事ができない人もいます。

精神的な病気のリスクを考えると出世の道は険しいなと感じます。

【まとめ】仕事が楽しいなら出世を目指そう

  • 出世する公務員は若手のうちに激務部署を経験する
  • 出世に学歴は関係ない
  • 国への出向話があったら出世のチャンス
  • 公務員の仕事が楽しいなら出世を目指すのもアリ

ここまで読めば何となく理解できるかと思いますが、どんなに優秀でも出先機関での勤務が続く人は出世コースからは外されています。

人事課・財政課を経験した後に、出先機関で1回休ませるといった配慮もありますが、それでも出先機関から出先機関への異動をする職員は厳しいです。

 

また、本庁でも暇な部署や係ばかり経験している人も出世は難しいです。

本庁だから優秀というわけではなく、〇〇課の△△担当だから優秀というのを忘れてはいけません。

 

部長級クラスや同世代の有望株を見ていても、誰一人として出先機関や暇な部署を2連続で歩んではいません。

20代や30代のうちに出世コースから外れたら、よっぽど成果を出さなければ戻ることはできないです。

 

公務員の出世に関しては、一つでも傷がつくと致命的になるので、入庁直後から定年間際になるまでコンスタントに認められなければいけない厳しい道のりが待っています。

やはり『長時間の残業に耐えられないと出世できない』という部分に適用することができるか否かがポイントで、頭脳だけでなく体力的・精神的にタフな人じゃないと出世できないのが現状です。

忙しい部署で働いてしんどくても、「これは出世の試練だ」と考えるか「もう嫌、こんな人生はまっぴらだ」と考えるかで公務員の適正なんかも見えてきますね。

ちなみに僕は、「まっぴらごめんだ!」のタイプです(笑)

 

公務員は無能ほど稼げる組織!優秀な人は苦労と不満が尽きないですどうも、公務員の徹底的な年功序列に不満爆発のアツシです。 逆です。 仕事が早く優秀な人ほど安月給なのが現実です。 ...