公務員の実情

地方公務員の出世コースは存在する!優秀な人材の歩む部署を紹介

年功序列の公務員の世界でも、民間企業同様に『出世する人』と『出世しない人』の明暗がクッキリ分かれます。

仕事ができなければ人の上に立つことはできませんので、出世するためには日々の業務からコツコツ成果を出すことが一番大事です。

特に若手時代の仕事っぷりが出世に大きな影響を与えるのは間違いないです。40代から頑張り始めても時すでに遅し。

正直言うと、30代前半までの経歴を見れば「この人は出世する」というのがわかります。

この記事では、出世する公務員がどのような部署を経験するのかリアルな目線で紹介していきます。出世に興味のある人は目を通した方がいいですよ。

出世する公務員は若手時代に激務部署を経験する

まず前提として、地方公務員が出世するためには激務部署を経験する必要があります。県職員で言えば、本庁の中でも月の残業時間が平均40時間以上を超えるような部署のことです。

そして、20代のうちに配属されるということが重要。入庁して最初の異動で暇な職場に飛ばされる人は、既に黄色信号が点灯していると思った方がいいです。

つまり、出世したいなら若いうちに「優秀な人材だ」と思われなければいけないということ。

最初の職場が出先機関でも上司に認めてもらえれば、本庁の忙しい部署に異動することは可能です。出先機関から財政課に異動した職員もいます。

逆に配属先の上司と揉めたりトラブルを起こす人は、いくら仕事で成果を出しても評価されないので注意が必要です。

 

個人的には「残業しないで最大限の成果を出す人材が最も評価されるべき」だと考えています。

しかし、公務員の世界は『定時上がり=暇で仕事しない人』というイメージが強いため、激務部署でめちゃくちゃ残業できるタフな人材こそが評価されます。

これはどうしようもないことなので、出世したいなら20代の貴重な時間を捨ててでも残業の多い部署を希望しましょう。上司からの評価が高ければ、激務部署への異動希望は叶いやすくなりますから。

出世する公務員が配属されやすい部署

王道の出世コースは確かにあります。部長級の職員の経歴を見ても、「やっぱりこの部署を経験してきたんだ」と一目瞭然です。

特に「人・お金」が絡む部署は、公務員のみならず重要な要素になるため、組織の中でも優秀な人材を集める傾向にあります。

逆に、誰でもできるルーチンワークを中心とした部署に優秀な人材を配置するのは勿体ないので、福利厚生や給与事務を担当する所属は『出世しにくい部署』と言えます。

よって、出世コースと言われている部署は『人事課・財政課』がトップに君臨し、二番手として『企画調整課』が挙げられます。

 

なお、20代から30代前半くらいで国に出向する職員が少数いますが、彼らは高確率で出世コースに乗っていると判断していいです。

国(霞が関)へ出向する地方公務員は出世コースに乗っている超エリートだ地方公務員として5年ほど働くと、国に出向する人がちらほら出てきます。「最近あいつ見かけないなー」と思ったら、実は出向していたことを後から...

人事課

人事課は出世の登竜門と呼ばれるくらい、ほとんどの公務員が「人事課に行く人は出世する」という認識を持っています。

人事課には20代の若手が多く配置され、残業が月50時間を余裕で超える激務部署の代表と言える職場です。

僕が働いていた県庁では、入庁して3年目の最初の異動で1~2人の優秀な職員が人事課に配属されています。

同期の中でも「優秀だ」と言われるようなタイプなので、選ばれし者が人事課に異動するイメージですね。

 

ただし、人事課で働いた経験のある人が全員出世するわけではありません。

 

理由は3つ。

  • 人事課で仕事ができなく出世コースから離脱
  • 人事課の激務で体調を崩し出世コースから離脱
  • 人事課にも出世しにくい担当がある

特に長時間勤務に耐えられなくて休職する人、「次からは暇な部署でお願いします」と懇願して出先機関中心の働き方にシフトチェンジする人など、人事課を経験したことで出世コースから外れるパターンも少なからずあります。

また、人事課の中でも総務関係を担当するところもあるため、一概に「人事課だから出世する」とは言い切れません。

総務係は残業もそれほど多いわけではないので、出世コースに乗っている可能性は低いと判断した方が無難かと思います。

財政課

財政課も王道の出世コース。人事課同様、20代の若手が最初の異動で配置されます。

財政課は文字通り『自治体の財政を管理する部署』のため、言わば財源を循環させる心臓の役割を担っています。

自治体の事業は財政課が許可しない限り動くことができないので(厳密には議会の承認)、正直言って他の部署は財政課に逆らえないのが現実です。

 

つまり、財政課のポストは優秀な人材しか座れないということ。個人的には、人事課以上に優秀な人が配置されているという印象を持ちます。

特に各部の予算担当を経験している人は、出世コースに乗りやすいこと間違いないです。財政課を二回経験したら部長級クラスまで出世できると言っても過言ではありません。

 

ただ、財政課も人事課同様に体調を崩して休職する人が少なからずいます。出世するためには2~3年を無事に乗り切ることが重要です。

特に次年度予算編成に関する業務により、下半期の残業時間は常人のレベルを遥かに超えるものになっています。

財政課もタフでなければ務まらないと言えますね。

企画調整課

人事・財政には及びませんが、自治体の総合的な企画を考える部署にも優秀な人が多いです。主席合格した後輩も異動していました。

ただ、20代の若手がそこまで配置されている部署ではないので、出世コースに乗っている30代~40代の職員が配置されるといった印象を持っています。

人事・財政と比べると残業時間がマヒしてくるので、企画調整課はそこまで激務というわけではありません。

頭の回転が早くて調整能力があれば、ここでも成果を出せて出世街道を順調に歩めるでしょう。

その他

上記3つ以外の部署でも、観光や農林、健康福祉などにも歴代の部長クラスの足跡がたくさん残っているので、何かしら他の人とは異なる強みを発揮できれば出世コースに乗ることはできるでしょう。

また、主管課と呼ばれる各部のとりまとめを担当する課にも優秀な人材を配置しているため、予算や議会に関連した業務を担当していれば出世コースに足を踏み入れていると判断できます。

結局のところ、忙しい部署を転々と経験している人が蓋を開けたら出世しているので、自分が担当している仕事で結果を出していけば自ずと出世コースには乗っていくというわけです。

暇な部署で働く期間が長いと出世は難しい

ここまで読めば何となく理解できるかと思いますが、どんなに優秀でも出先機関での勤務が続く人は出世コースからは外されています。

人事課・財政課を経験した後に、出先機関で1回休ませるといった配慮もありますが、それでも出先機関から出先機関への異動をする職員は厳しいです。

また、本庁でも暇な部署や係ばかり経験している人も出世は難しいです。本庁だから優秀というわけではなく、〇〇課の△△担当だから優秀というのを忘れてはいけません。

部長級クラスや同世代の有望株を見ていても、誰一人として出先機関や暇な部署を2連続で歩んではいません。20代や30代のうちに出世コースから外れたら、よっぽど成果を出さなければ戻ることはできないです。

 

公務員の出世に関しては、一つでも傷がつくと致命的になるので、入庁直後から定年間際になるまでコンスタントに認められなければいけない厳しい道のりが待っています。

やはり『長時間の残業に耐えられないと出世できない』という部分に適用することができるか否かがポイントで、頭脳だけでなく体力的・精神的にタフな人じゃないと出世できないのが現状です。

忙しい部署で働いてしんどくても、「これは出世の試練だ」と考えるか「もう嫌、こんな人生はまっぴらだ」と考えるかで公務員の適正なんかも見えてきますね。

ちなみに僕は、「まっぴらごめんだ!」のタイプです(笑い)