公務員試験

地方公務員採用試験の難易度と合格者の大学偏差値を元県職員が語る

地方公務員を目指す方にとって、もっとも気になるのが試験の難易度ですよね。自分の学力で勝負できるのか不安な人もいるでしょう。

  • 地方公務員の合格難易度ランク
  • 地方公務員の大学偏差値
  • Fランの可能性
  • 大学偏差値と合否の関連性

この記事では、上記の内容を中心に解説していきます。

県職員時代の同期を見渡すと、それなりに大学偏差値の分布なんかが見えてきますので、実際に公務員試験を経験したリアルな情報を参考にしてください。

参考までに、僕の最終学歴は偏差値55以下のの国立大ですが、民間企業で働いている時に県職員採用試験を合格しています。しかも理系卒なのに行政職を受験するなどキャラ渋滞しています(笑)

地方公務員の合格難易度ランキング

地方公務員といっても、県庁や市役所、町役場など様々ありますし、試験区分も『教養+専門』のところもあれば『教養のみ』のところまであります。

基本的には、専門試験が含まれる採用試験のほうが難易度が高いです。試験勉強で時間をかけるのも専門試験が中心になるので、「とにかく公務員になれればどこでもいい」と考えている人は教養試験のみの自治体を探すといいでしょう。

では、個人的な意見を踏まえた難易度ランクを発表します。

都庁・指定都市 > 人口の多い県庁 > 特別区・県庁・中核市 > 市役所・町役場

市役所や町役場より県庁の難易度を高めに設定しましたが、採用人数が5名程度の市役所とかになると合格率は県庁のほうが高かったりするので一概に当てはまるとは言えません。あくまで参考程度に捉えてください。

実際に、僕は県庁と市役所を受験しましたが、試験問題の内容に大きな差があるとは思いませんでした。県庁のほうが意識高い系が集まりやすいため、難易度が高いと判断したまでです。

まぁ、実際に同期の話を聞くと、市役所や国家一般職の筆記を落として県庁だけ受かったという人は少なかったので、平均的に見ると県庁のほうが難易度が高いと言えますね。

あとは、やっぱり人口が多くて街が華やかな自治体が人気なので、田舎の県庁よりは横浜市とかの指令都市のほうが難易度が高くなります。

各自治体のHPとかで採用試験の合格率などを公表しているので、まずは情報収集から始めてみましょう。

地方公務員の大学偏差値

  • 東大・京大…たまにいる(同期は0)
  • 地方旧帝国大…そこそこ(5名程度)
  • 早慶…たまにいる(3名程度)
  • 地方国立大…多い(20名程度)
  • MARCH…そこそこ(5名)
  • その他私立…そこそこ(7名程度)

県庁職員時代の同期で僕が知っている限りだと、出身大学の主流層は偏差値60くらいがもっとも多く、東大・京大を除く旧帝国大学の勉強エリート達もそこそこいる感じです。

地方の県庁だったので、早慶やMARCHは少なくて、地方国立大の占める割合が高かったです。首都圏に近いと分布図も変わってくると思います。

その他私立の中には、正直聞いたことない大学出身者もいたので、県職員も高学歴ばかりじゃないことがわかりますね。

 

ちなみに出世と出身大学の相関関係はほとんどないです。年功序列の公務員の世界でも、出世だけは本人の実力勝負なので、偏差値が高いから偉くなるわけではありません。

地方公務員の出世には出身大学の学歴フィルターは存在しない出世欲の強い公務員ほど「そんなの興味ないよ~」と言いつつ腹の中では何を考えているかわかりません。 さて、年功序列の古い体質で有名な...

Fラン大学出身者は少ないけど可能性がゼロではない

残念ながら、いわゆるFラン大学から県職員になる人は少ないです。

もしかしたら出身大学差別を恐れて発言を控えている可能性もありますが、それでも偏差値45を切るような方はかなり珍しいと思います。

ただ、これに関しては、そもそも公務員試験を受けるFラン大学生の母数が少ないことも作用しているので、Fランは地方公務員になれないとまでは言えません。

正直、僕は正しい努力ができれば底辺と呼ばれる大学出身でも公務員になれると考えています。誰でもとは言えませんが、学歴だけで判断するのは勿体ないです。

冒頭で軽く触れましたが、僕自身も『偏差値55以下の大学卒』+『民間企業で働きながら半年間の勉強』+『理系卒なのに行政職を受験』という逆風を乗り越えて県職員になれました。

この経験が根拠となっているので、机上の空論で話しているわけではありません。やるかやらないかは個人の自由ですが、出身大学を理由に自分の可能性を狭めるのはやめましょう。

【経験談】民間企業で働く社会人でも半年あれば独学で地方公務員試験は合格できる民間企業で働きながら公務員を目指す人は年々増えています。20代後半から公務員デビューする方も珍しくはないですよ。 僕自身も民間企業...

大学偏差値と合否の関連性

公務員の採用試験では、出身大学が合否を左右することはありません。有名大学だろうがFランだろうが、公平な試験の点数で順位が決められるため、そんなこといちいち気にする必要はありません。

特に筆記試験は問題の正答率で合否が決まるので、「有名大学だから5点加算してあげよう」とか絶対ありえない話です。こんなことしたら大問題になりますからね。

つまり、筆記試験で落ちるのは、完全に自己責任なのです。

 

一方で、点数化しにくい面接試験だと有名大学出身者が有利だと考える受験生もいますが、それだけで合否を決める自治体は今の時代ほとんどありません。

たしかに未だに日本では、有名大学のブランドは安心感を与えますが、面接試験は『身だしなみ』『コミュニケーション力』『伝達能力』などをマニュアルに沿って数値化しているだけなので、面接会場で与えた個人の印象が合否に直結します。

自治体によっては、学歴による印象操作を防ぐために、面接官には受験者の学歴情報を伏せている可能性もあります。

いずれにせよ、出身大学を意識しすぎて自分を過小評価してベストを尽くせないなんてことのないようにしてください。

集団討論後に「私は〇〇大(某有名大学)ですが、どこ大ですか?」と聞いてきた人でも不合格になっていました。やはり面接試験は個人を見ることがわかります。

公務員試験の難易度は参考程度に考えよう

公務員試験の難易度や合格者の出身大学を見て、「ちょっと自信がないからやめておこう」と考えるのはもったいない話ですし、僕もそんな風に思ってもらうために記事を書いたわけではありません。

正直、大手民間企業と比べて公務員試験は大学フィルターがなく、ここまで公平な試験は日本において珍しいです。履歴書の学歴だけで不合格判定する企業よりは遥かにマシ。

むしろ学歴に自信がない人こそ公務員は最後のオアシスになるかもしれません。実力で這い上がる気合いと根性があれば、誰にでも合格の道が開けていますから。

 

試験難易度や出身大学は傾向なだけで、結局のところ個人の実力だけが合否を決める判断材料になります。

自分の背景に悩むくらいなら、さっさと勉強を始めて筆記試験を合格することに集中するべきです。自信があるなら独学でもいいですし、効率的に予備校を利用してもいいので、まずは行動しないことには始まりません。

難易度や出身大学は参考程度に捉えて、未来の自分のために今できることを考えていきましょう。