公務員の実情

うつ病で休職する公務員が増えている3つの理由と対処法

公務員は気楽

一般人の公務員に対するイメージって、「ノルマがないから仕事が楽」「定時に帰って趣味を楽しめる」など隣の芝は青く見える内容がほとんど。

ですが、実際は公務員って民間企業で働くサラリーマンより鬱などで休職している人が多いです。同じ課で二人とか珍しくないですから…

民間企業と公務員の両方を経験してきた僕から見ても、公務員の休職率はヤバいなって思います。ってか、僕も公務員になってうつ病になりましたからね!

公務員の休職率が高い3つの理由

決して公務員のメンタルが弱いわけではありません。

公務員は精神的ストレスの負担が大きい環境にいることが一番の問題です。

理由は3つ。

  • 公務員は真面目すぎる
  • 残業時間がブラック企業以上の職場が結構ある
  • 新規事業は作れるが既存事業を廃止できない

公務員は真面目すぎる

一般の方が想像する以上に公務員は真面目な人が多いです。同じ組織の人に「お世話になっております。」なんて普通言わないですよね。

住民のために真面目に仕事をするのはいいことですが、問題なのは真面目すぎること。

拷問のような役に立たない試験勉強をコツコツ継続できる人達が集まっているので、当然と言えば当然ですね。

 

公務員は完璧主義者が多く、全てを100点にしようとするあまり大小問わずどんな仕事も全力投球しています。

上司が真面目すぎると部下にまで伝線してしまうのが厄介なところ。極端な話、組織が真面目すぎる公務員を作り上げている感じです。

いい意味で手を抜くということができない人が多く、もはや住民サービスとして機能しているかは関係なく、仕事を完璧に遂行することを目的として働いてしまいます。

 

上司や住民、民間企業など、全ての人の意見を反映させようするのも真面目すぎる公務員の特徴です。

気を遣う相手が多く、根が真面目で優しい人ほど精神的ストレスを抱える状況にあります。

課長級の上司が目を光らせていればいいのですが、ぶっちゃけ公務員の管理能力は低レベルすぎるのが現状です。

30代後半から40代の中間ポジションの公務員がメンタルを壊すのはこのためです。

 

また、公務員の仕事は分業制で、基本的には仕事を手伝ってはくれません。

このため、仕事を一人で抱え込む人が続出。メンタルを壊してから問題が浮上する悪循環が止まりません。

僕も民間企業にいた頃はチームで仕事をしていましたが、公務員になってからは報告ばかり求められる個人仕事ばっかり。

「助けを求めたら迷惑をかけてしまう…」と真面目すぎる公務員は頑張りすぎてしまい、自分が気づかないうちに体を壊してしまうのです。

残業時間がハンパない部署が結構ある

公務員の残業時間は、本庁になると月50時間以上は普通です。

100時間を超える部署には多くの若手(20代~30代)が配属されており、たびたびメンタルを崩して休職している現実があります。

主席(採用試験トップ合格)で入庁した同期が休職をした際は、月の残業時間が150時間を超えていたそうです。土日も休まず働いていたら、そりゃ体壊すの当たり前でしょ。

 

出世するには登竜門となる部署がありますが、そこで待っているのは年間800時間を超える労働力の搾取です。

この現状にメスを入れないのは明らかにおかしいこと。

「長時間働かないと出世させないよ」と言われているようなもので、仕事の成果ではなく耐えきることを評価対象にしてしまっているのですから。もはや軍隊と同じ考えですよね。

「働き方改革だ」とか言う前に目の前の職員を大事にしてほしいものです。

新規事業は作れるが既存事業は廃止できない

行政サービスを充実させるために、自治体は新規事業を立ち上げます。

時代の流れに沿って業務内容を修正することは大切なので、新規事業の提案は僕も賛成です。

問題は、時代遅れの既存事業を切り捨てないこと。

公務員の数は年々減っているのに、仕事は増えてしまっては一人一人の負担は大きくなるのは当然です。人のエネルギーが無限にあると思わないでください。

 

これは完全に既存事業を廃止にする決断ができない上司が悪いです。

日清食品の社是「決断なき上司は無能だと思え。社長に直訴せよ。」は全ての管理職に伝えたい言葉。

そもそも多くの管理職は、部下が行った仕事をトップ(部長や知事)に説明するだけの伝言係です。

そして、トップの意見を全て鵜呑みにして、部下に指示を流すだけしかしていません。

 

公務員は「もしかしたら事業を廃止したら問題が起こるかも」と責任を負うことを嫌うため、思い切った決断ができる人はほとんどいません。

これは民間企業が「成功する」ことに重きを置くのに対して、公務員は「失敗しない」ことに重きを置いている背景があります。

その結果、新規事業分の業務量が増えてしまい、肉体的にも精神的にも追い込まれた部下がバタバタと倒れていくのです。

民間企業みたいに失敗した事業をさっさと損切りする決断ができれば、公務員はもっとイキイキと新事業にエネルギーを注入できるのに。

公務員は真面目な人ほど損する組織

結局のところ、本庁勤務で出世コースの部署で働く公務員ほど鬱になりやすい傾向にあります。

公務員の基本給は本人の力量ではなく年齢に比例して決まるため、真面目で頑張っている人ほど鬱のリスクを抱えるため損をしやすいと言えます。

『出世コース』と『うつ病コース』の分かれ道、どちらに進むかの賭けをするって感じです。

出世しても大して給料が上がるわけでもないので、ハイリスク・ローリターンのギャンブルだと言えます。

 

公務員に転職してみて、仕事ができる人に負担が集中して、仕事のできない人は本当に何もしない組織だと実感しています。

主査級でも新採職員みたいな仕事しかしない人もいるくらい。

まぁ、法律で給料が決まっている以上、残念ですがこの仕組みが変わることはありません。

 

なので、公務員に人生を捧げるつもりがなければ、頑張りすぎて出世コースを歩まない方が身のためです。

その他大勢の仕事ができない公務員のために、自分を犠牲にする必要はどこにもありませんから。

頑張らなくても給料は毎年上がるので、トラブルや不祥事を起こさないレベルで最低限の仕事をこなしましょう。

 

こんなこと言うと、「俺たちの血税で働いているんだから死ぬ気で働け!」という声が聞こえてきますが、文句を言うべき相手はこんな組織を作っているトップの方々です。

現場の公務員は悪くありません。メンタルを壊してまで公務員の仕事ってやらなければいけないのでしょうか。

心を壊した人を出先機関に異動させて、すぐに若い人材を補充する繰り返し。人の人生を軽く扱っているようにしか思えません。

 

僕はうつ病を発症してから、心と体を大切に生きることは一人の人間として正しい選択をしていると思うようになりました。

誰かの犠牲の下で支えられている組織なんてコチラが利用してやるくらいの気持ちでいましょう。

何でもかんでも自分一人でやろうとせず、時には馬鹿なフリをして仕事を抱えないテクニックも公務員生活に必要だと頭に入れてください。

公務員の前に一人の人間として自分を大切にしましょう。真面目すぎる自覚がある人は、肩の力を抜いて時にはサボることも忘れてはいけませんよ。

【経験談】民間企業から公務員に転職して1年でうつ病を発症した話自分はうつ病にならない ほとんどの方がこう思っていると思います。僕もそうでしたから。 でも、僕は民間企業から公務員に転職して...