レーザー治療

ニキビ跡のレーザー治療は痛い?アンコアとフラクセル2を経験した僕の感想

フラクショナルレーザーの体験談や口コミを見ると「めちゃくちゃ痛いです!」「大人なのに痛みで泣きました!」など施術中の激しい痛みに関することが書き込まれています。

このため、「この痛みに自分が耐えることができるのか?」と不安を覚えている人もいるでしょう。

僕も重度の凸凹クレーター肌を綺麗にしたくて、これまでアンコア(ブリッジセラピー)とフラクセル2を施術しましたが、施術前はレーザーを当てた時の痛みが不安でしょうがなかったです。

この記事では、実際にレーザー治療を体験した僕が、ニキビ跡のレーザー治療の痛みについて自身の体験談を書いていきます。僕の経験を伝えることでレーザー治療の悩みが解決できれば幸いです。

アンコアレーザーの痛みは2種類ある

(画像はオザキクリニックHPより)

アンコアレーザーにはDeepとActiveの2つの種類があり、それぞれ痛みの感覚は異なります。

施術コースによってDeepだけのものやActiveだけのものもありますが、通常両方を組み合わせたTotalという施術をするのが一般的なので、Deepの痛みとActiveの痛みを知っておいた方がいいでしょう。

Deepの方が深部までレーザーが届くので痛そうなイメージがありますが、間違いなくActiveの方が痛いです。

月とスッポンとはまさにこのこと。Deepの方が深部にダメージを与えますが、肌に当たる面積はActiveの方が大きいため、Activeの方が痛点を直撃する範囲が広いから痛みを強く感じるのです。

例えるなら極細の針を奥まで刺すよりも爪楊枝を浅く刺した方が痛いといったところでしょうか。

 

Deepの痛みに関しては、皮膚の薄い部分でチクっとするレベルなので、麻酔が痛みをブロックするが実感できます。部分によっては何も感じなかったくらいですし、正直ブロック注射の方が痛かったです。

Activeの痛みに関しては、アンコアの施術前にクリーム麻酔とブロック注射の2種類の麻酔により、痛みに関しては「大丈夫だろう」と安心しきっていましたが、1発目当てた時は正直ビックリして体がビクッてなりました。

僕の施術では先にDeepを行ったため「アンコア痛いって言われてるけど余裕じゃん。みんな大袈裟すぎだって。はっはー」と油断しきっていたのですが、Activeの施術と同時に一気に顔の表情が変わりましたね。

施術をした医師が言うには「アンコアを初めてやる人は皆さん、自分なりの痛みを想定してくるけど、それを下回ることはほとんどない。」だそうです。結構誇らしげに言ってたけど、あんたにドヤ顔されてもさぁ…

ある人は「タバコを軽く押し付けられた痛み」と表現していましたが、さすがにそれは大袈裟でした。ビビらせるんじゃないよ!

 

ここまで聞くと「自分はアンコアの痛みに耐えきれなさそう・・・」と弱気になってしまう人が続出すると思うので一応言っておきますが、確かに痛いけど我慢できるレベルなので過剰にビビることはありませんよ。

僕がやったアンコアの強さは標準より一段階上だそうでしたので、標準レベルは大人なら我慢できるのではないかと思います。「ニキビ痕を治すんだ!」と強い覚悟を持って臨めばへっちゃらですよ!

ちなみに僕は痛いのが大っ嫌いです!インフルエンザの予防注射もいつも嫌がりながら渋々やっているくらいのビビりです。おばけも怖いです。こんな僕でも我慢できたのだから、世間の荒波に揉まれた皆さんなら大丈夫でしょう。

フラクセル2の痛みも相当なもの

フラクセル2を施術する人の中には、ニキビ跡治療だけでなく肌のハリを与えるなどアンチエイジング目的の人もいて、目的によって美容整形の先生がレーザーの出力レベルを調整していきます。

出力レベルを簡単に説明すると「どれくらい肌の奥までレーザーが届くかの目安」ってところですね。

アンチエイジングは浅めでもいいのですが、ニキビ跡治療は真皮層にまで達しないといけないため出力レベルはより大きくしないといけません。

しかも、フラクセル2は効果があると言っても1回の施術で終了ではなく、クレーター治療であれば10回以上は施術しなければ効果は期待できません。10回で深いクレーターが浅くなるぐらいで、完治にはもう少し回数や時間がかかるでしょう。

このため、ニキビ跡治療目的のフラクセル2は痛いし、施術を10回以上耐えないといけない辛抱強さが必要になります。

いくら痛みが我慢できると言っても、気軽に治療をしようと考えないことです。覚悟なき者にフラクセルは乗り越えられない!

 

ちなみに施術前に麻酔をするので、痛みはほとんどないと油断しないことです。麻酔がなかったらどんだけ痛いのか、想像するだけで冷や汗ものです…

フラクセル2は肌の水分を蒸発させて軽度の火傷状態にするレーザーなので、皮膚が焼かれるような感覚に近いです。最初は「なんだこの拷問は!」と驚くと思いますが、僕の場合は痛みにすぐ慣れました。

施術時間は15分くらいですが、一番最初の施術は時間が経つのがめちゃくちゃ長くて辛かったです。

フラクセル2の特徴として同じ個所を何度も往復させるから、「そこさっきやりましたよね。」と心で軽くキレかけていたくらい。何度か往復させる必要があることは施術前からわかっていたのですが、それでも最初は今までの治療にはない辛さを経験しました。ピーリングの刺激なんて可愛いものです。

 

初めて施術する時に「痛みのせいで施術途中で止めた人もいますか?」と質問したのですが、「女性でたまにいる。」と先生は苦笑いで答えてくれました。

  • 痛みの我慢比べは男の方が強いのか?
  • それとも女性の皮膚は男性に比べて薄いからなのか?

不安な人は先生にその旨をしっかり伝え、最初は出力レベルを下げるなど調整してもらいましょう。

参考までに「泣きながら我慢した女の人もいるよ。」と先生が感心している様子もありました。痛みよりも治したい気持ちが強いんだろうな。顔も名前もは知らないけど応援してます!

クリニックによって痛みは異なる

フラクセル2の痛みはクリニックの影響も大きいと僕は思います。

麻酔は先生ではなくアシスタントの女性が行うことが多いと思いますが、この麻酔が痛みの大きさのポイントになります。麻酔を施術する人によって痛みに影響が出るってことです。

アシスタントの素質というか性格というべきか。「雑な人と丁寧な人でこんなに違うのか!」と驚くほどですよ。

雑に塗られると十分に麻酔が効いていない箇所が出て、同じ出力レベルのはずなのに施術中の痛みが全然違うのだから…

一回めちゃくちゃ雑にやられて悶絶するほど痛かった時があって、さすがにその時はクレーム入れちゃいました!

 

僕の経験上、特に目元やフェイスラインの端っこの部分は麻酔が効きにくい箇所だから注意した方がいいです。

もし雑に塗られたら「この部分にもう少し厚めに塗ってください。」と指示してやりましょう。

 

あと施術者である先生によっても痛みに差が出ます。

施術経験が豊富な先生や患者の気持ちを考える優しい先生は「この部分は痛いからスピードを早めに終わらせよう。」とか「この部分は痛みが少ないからスピードを落としても大丈夫。」というのがわかります。

施術する先生は運次第なところもありますが、僕が施術した有名クリニックは上手な先生が多かったです。

多少金額が高くても症例件数の多いクリニックにした方が、痛み対策も万全かと経験上そう思います。

特に痛みを感じる部分

フラクショナルレーザーで特に痛みを感じるのは皮膚が薄い箇所です。

  • 目の周り
  • フェイスライン

ここはかなり痛いです。気合を入れる部分でもありますね。

個人的には鼻に最も激痛が走りました。鼻はニキビ跡には悩んでいないから、5回目くらいから「鼻はやらなくていいです。」とお願いしたくらい。

フェイスラインもニキビ跡がないから本当はやらなくてよかったのですが、我慢できるレベルだったし何よりフラクセル2の値段を考えるともったないので気合で乗り越えました。

おでこは施術していないため痛みレベルはわからないですが、頬と比べると皮膚が薄い気がするので結構痛いと思います。

アンコアとフラクセル2はどっちが痛い?

僕の経験上、痛みの強さの関係はDeep<フラクセル2<Activeになります。

ただ、一発の痛みこそActiveの方が大きいですが、施術時間を通しての痛みの不快感はフラクセル2とそこまで変わりません。

というのもアンコアが1ヵ所1発で終わるところ、フラクセル2は往復して4発くらい打ちつため、施術時間がフラクセル2の方が長いからです。ボクサーに渾身の1撃を喰らわされるか、ジャブを連打されるか、そんな感じですかね。

フラクセル2は1発目が終わっても、この痛みがまだまだやってくるんだなと思うと軽く凹みます。その点は、アンコアの方が精神的余裕がありますね。

 

フラクセル2の出力レベルによって違いがありますが、重度のニキビ痕治療になるとぶっちゃけどっちも痛いので、痛みでアンコアかフラクセル2を選ぼうとするのはナンセンスな話です。

痛みだけが悩みのタネであれば、より効果の高いアンコア一択でしょう!

不安であれば、医師との面談の際に「痛みが怖い」ということを正直に話しましょう。施術の際も試し打ちで様子を見ることもできますので、自分の我慢できるレベルをそこで確認することも可能ですよ。

アンコアレーザー(ブリッジセラピー)によるクレーター治療を体験してきたクレーターにお悩みの我が同志達よ、凸凹肌を治すために今どんな治療を開始していますか? 自宅でこっそりケアしている者、とりあえず情報...