ニキビ跡

ニキビ跡を改善させたいならピーリングよりレーザー治療の方が断然効果がある

ニキビ跡をいち早く治すため、スキンケアだけでなく美容外科クリニックでの治療を検討している人もいるでしょう。

ニキビ跡を治すとなるとケミカルピーリングフラクショナルレーザーが人気で、これから治療を検討している人は、「ピーリングとレーザーどっちを施術すればいいか?」と悩んでいるでしょう。

この記事では、ピーリングとレーザー治療の両方を経験してきた僕が、効果や注意点を比較していきます。

ピーリングとレーザー治療を比較する

ピーリング レーザー※
赤み
クレーター
ダウンタイム
料金(1回) 1万円前後 5~10万円
痛み

※フラクショナルレーザー(アンコア、フラクセル2)

効果に関してはレーザー治療の方が期待できますが、ダウンタイムや金額的負担が大きいのは無視できませんね。

お互いのメリット・デメリットを認識したところで、ニキビ跡のタイプ別にどちらの治療がおすすめなのか考えていきましょう。

赤みニキビ跡はピーリングがおすすめ

赤みタイプのニキビ跡への効果についてピーリングとレーザーを比べると、僕の経験上はややレーザーが優勢だと判断しています。

しかし、赤みケアを目的としているなら断然ピーリングをおすすめします。

美容外科クリニックでの治療と言えど、1回でニキビ跡が綺麗に消えることはまずありません。症状にもよりますが、効果を実感するまでには最低でも5回の施術が必要だと思った方がいいでしょう。

レーザー治療は効果は期待できますが、ダウンタイムにより顔が赤くなる期間が長く、料金も高めの設定のクリニックが多いため、継続して治療するのが本当に大変です。

また、レーザーは痛みを伴う治療であるため、苦痛に耐えきれなく1回で断念してしまう人が後を絶ちません。これまでレーザー治療を約20回経験してきた僕でさえ、未だにレーザー治療を施術する時は憂鬱ですから…

 

「レーザーのデメリットなんて関係ない!」という考えの人は別ですが、効果と継続性のバランスを考えるとピーリングが赤み治療には有効と言えるでしょう。

確かにレーザーよりは効果は落ちますが、ピーリングで古い角質を溶かしてターンオーバーが促進されれば徐々に赤みは薄くなります。もちろん生活習慣やスキンケアを見直すことも大事ですよ。

 

なお、赤みニキビ跡に効く化粧水でスキンケアしながらピーリングを施術すれば、より早くニキビ跡を消すことができるでしょう。

中でも僕のニキビ跡を改善させた化粧水「リプロスキン」がおすすめです。赤みニキビ跡に悩んでいる人のスキンケアはリプロスキンで決まりです!

リプロスキン公式サイトはコチラ

リプロスキンはニキビ跡に効果ある?2年間使用したリアルな口コミ評価ニキビケアで苦労した方の多くが、今度はニキビ跡による赤みやクレーターに悩まされます。 僕もその一人で、スキンケアや食生活も見直した...

クレーターはレーザー治療でしか治らない

凹んだ肌を元通りにするのは非常に難しいミッションになります。特に重度のクレーター肌は生半可な治療では回復しません。

このため、凸凹肌を治したいならダウンタイムが起こるような治療を選択しなければいけません。

よって、クレーターニキビ跡の凹みを浅くしたいならレーザーしか選択肢はありません。

正直言って、クレーター肌なのにピーリングを施術している人は、お金をドブに捨てているようなものですよ。

肌の凹みを治すためには、真皮層以下の肌組織を入れ替えるアプローチが基本です。

しかし、ピーリングによる角質除去の効果は肌の表面にしか作用しないため、効率的に凹みを改善させることはできません。

ダウンタイムや料金の優位性があっても治療効果がなければ意味ありませんからね。クレーター肌を本気で完治させたいなら、ピーリングを選んでいる場合ではないですよ。

 

ただし、ダウンタイムのある治療は肉体的にも精神的にも辛いので覚悟が必要です。

必ず満足いく保証もありませんし、その中でダウンタイムの長さや金銭的な負担をクリアしなくてはいけません。

仕事や生活環境などによりレーザー治療が困難な人もいますし、リスクを考えると肌に大きな負担をかける治療はやりたくないという考えの人もいるでしょう。

結論を急ぐ必要はないので、じっくり考えてくださいね。

クレーターはスキンケアから始めよう

僕の経験上から言わせていただくと、クレーター肌の人はレーザー治療を検討する前に、まずはスキンケアにより凹みが目立たない肌作りから始めるべきです。

自分の肌に合ったスキンケアが確立していない人が、レーザー治療を受けても効率的ではありませんからね。

確かに「化粧品でクレーターは完治しない」という事実はありますが、毎日のスキンケアにより、ニキビ跡の凹みを目立たなく改善させることは可能です。

まず大事なのが肌の保湿です。

クレーターニキビ跡により固くなった肌をプルプル柔らかくすることで、キメが整い肌の透明感が生まれます。

キメの細かい透明感のある肌は光を反射するため、クレーターの凹みの深さを目立たなくすることができるのです。

そして、肌にハリを与えることも大切です。

肌のハリが蘇ることで、クレーターの深みを目立たなく改善させることができます。年齢を重ねるにつれ肌がたるんでくるので、ふっくらとした元気な肌を作りましょう。

 

正しいスキンケアを継続できれば、鏡越しで見る肌の変化にきっと気づくはずです。

赤みニキビ跡よりも改善するまで時間がかかりますが、諦めずに毎日コツコツ努力すれば肌は少しずつ綺麗になっていきます。

僕は2年間の努力により、スキンケアだけでニキビ跡を改善させることに成功しています。現在はレーザー治療とスキンケアを複合したことで、もっと肌が綺麗になっていますよ。

世の中には「クレーター肌に化粧品を使うだけ金の無駄」という否定的な意見もありますが、僕の経験からは「スキンケアでクレーター肌は改善する」ということが言えます。

どちらの意見を信じるかはあなたが決めること。

少しずつでもいいから今よりも綺麗な肌にしたいのであれば、まずはスキンケアを見直してコツコツ頑張るしかありません。

デコボコ肌に効く化粧品ランキングを以下の記事で公表しているので、自分の肌に合った1本を見つけてください。

凸凹クレーター肌に効くオススメ化粧水・美容液ランキングニキビ跡の中で最も厄介なのがクレーターです。 凹んだ部分はファンデーションでも隠すのが難しく、一度残ると本当に憂鬱な気分にさせられ...