雑記

【体験談】レーシック手術で視力を回復するまでの全記録!眼鏡との決別の時

僕は子供の頃からめちゃくちゃ目が悪くて、高校生の頃には視力が両目とも0.01くらいでした。

ド近眼の人ならわかるかと思いますが、メガネをかけると屈折の関係で目が小さく見えるんですよね。逆ケントデリカットみたいに(このネタわかる人いないかな)

これが当時の僕はすごく嫌だったので、日中はコンタクトレンズを装着して生活していました。

 

ただ、社会人になってから「これから何十年も不自由な生活をしないといけないのかぁ」と急にネガティブに。

毎日毎日コンタクトをハメるのも面倒だし、朝起きたらハッキリと物が見えない悲しさがこのまま続くのかと思うと軽く凹みましたね。

 

そこで興味を持ったのがレーシック手術

僕の視力は眼の体操とかで回復させることがほぼ不可能な状態なので、もはや医療の力に頼るしか道はありません。

だけどコンビニ感覚で受けられるはずもなく、ネットで体験談を読み漁ったり医療機関に直接質問したり色々調べることに。

そんな僕の知識と経験を、これからレーシック手術を受けようか悩んでいる人に捧げていきます。

レーシック手術を受けるまでの葛藤

最初のレーシック手術の印象は

 

 

だって角膜を削るとかビビるでしょ普通。目にレーザーをあてるとか逆サイクロップスかよ!

サッカーの本田圭佑も「レーシックで目が変になった」とか噂されていた時期だったから、視力回復への期待よりも失敗の恐怖の方が何倍も大きかったんだよね。

 

ただ、「失敗して失明でもしたら…」という不安が大きかった反面、視力回復への気持ちがどうしても諦めきれない部分がありました。

そんな葛藤を抱えていた時、芸能人の間で空前のレーシックブームが到来。

オリエンタルラジオの藤森やアンジャッシュの渡部とか芸人がレーシック手術で視力が回復したとテレビで告白していたのを記憶しています。

 

有名人もこぞってレーシックを受けている事実から何だか手術が身近な存在になってきて、次第に好奇心が顔を出してきました。

レーシック手術について色々調べていくうちに自然と前向きな気持ちが大きくなったので、症例件数が日本一の品川近視クリニックで検査を受けることに。

レーシック手術の適応検査や手術を受けるには、コンタクトレンズの装着制限があるので必ず確認してください。

検査にあたっては、視力を測るだけじゃなくて角膜の厚さなどレーシック手術を受けられる状態かどうかもチェックしたので、医者との面談も含めて半日くらいかかりました。

待合室で結構な人数が検査に来ていたのを見て少し安心。数の力でレーシック手術への不安が少し薄れたんだね。

「これだけの人がレーシックするんだから、失明するリスクはないだろう」と根拠のない自信がみなぎったくらい。

 

診断の結果、僕の角膜の状態はレーシック手術が可能だったんだけど、医師との面談中に新たな問題が浮上。

視力が0.01程度と深刻な近眼の僕は、レーシック手術ではなくフェイキック手術を提案されたのです!

 

フェイキック?WHAT?

 

フェイキック レーシック
近視戻り なし 徐々に視力が低下する可能性あり
術後のリスク なし ドライアイなど
見え方の質 鮮明 光がにじみやすい

フェイキック手術について医師から説明があったので要約すると、永久コンタクトレンズを目の中に埋め込むイメージ。

レーシックとの大きな違いは、角膜を削らないで視力を回復させること。

 

視力が悪い人ほど角膜を削る量が多くなるから、僕の場合だとレーシックを受けたとしても数年後に視力が元に戻る可能性が高いと言われました。

その他にも、見え方やドライアイの副作用などの面から考えても、レーシックよりもフェイキックの方が優れているとのこと。

 

もはやフェイキック手術を選択するのが自然の流れか…

せっかくレーシックで裸眼生活を手に入れても、それが数年の命であったらガッカリだもんね。

ここまでくると普通はレーシックじゃなくてフェイキックを選ぶはず。

 

 

だけど・・・

 

 

僕はフェイキックを選ばなかった

 

 

理由は明確で、すぐに視力を回復させたかったから。

フェイキック手術をするためには、自分専用の永久コンタクトを作る必要があって3ヵ月かかるらしい。

 

いや長いわー

 

と一気にフェイキックへの熱量が冷めてしまった。

「いやそれくらい待とうよ。」と耳が痛くなる声もあるけど、僕は待つことが何よりも嫌いなのだ!行列とかマジで無理。

 

すぐに視力回復させたい気持ちが出来上がっていたから、さすがに3ヵ月はもう待てない。

 

さて、どうしよう。

 

答えに迷っていたら、医師から「角膜補強手術を追加すればレーシックでも視力低下のリスクを小さくすることができる」と説明されました。

一番の悩みポイントだった視力低下問題が解決できたので、もはやレーシックを断る理由がない。

こうして24歳の秋、僕はレーシック手術を受けました。

レーシック手術をして5年が経ったけど視力は落ちていないので、レーシック手術を受けたことに後悔はないです。

ただ振り返って考えると、フェイキック手術でもよかったかもしれないと思っているのも事実。

僕みたいに勢いで手術に踏み切るマネはしない方がいいので、その場で結論を出すのではなく一旦家に帰ってから答えを出しましょう。

手術から視力回復までの流れ

午前中から検査を受けたので、その日の夜には手術をする段取りになりました。

へとへとだったけど、一気に全部終わらせたかったから長時間の拘束にも何とか耐えてやりましたよ!

 

手術に関しては、点眼麻酔をしたから手術中に痛みを感じることはもちろんありません。両目合わせて15分くらいで終了。

ただ、痛みはないとわかっていても目にレーザーを当てる恐怖心は大きかったから、手術中は緊張して全身に力が入ったね。体が硬直するのが自分でもわかるくらい。

オプションの角膜補強手術については、目薬と光の照射を繰り返し行うだけで終わった感じ。「これで大丈夫か?」と疑うくらいあっさり。

 

 

さぁ、これで目を開けたらクッキリとした視界が僕を待っている!

 

 

と思っていたんだけど、目を開けても視界はぼやけたまま。

 

 

 

 

うそ・・・

 

 

まさか失敗!

 

 

脳裏に不安がよぎったんだけど、これは当たり前のことなのでセーフ。

レーシック手術直後に視力が回復することはなくて、僕の場合は翌日の朝まで時間がかかりました。

 

帰宅するまで視界がぼんやりするし保護ゴーグルもかけるから、普段慣れている電車移動も一苦労でした。駅の階段とかも危なくてヒヤヒヤものです。

あと、10分毎に目薬を差さないといけないルールがあったから、とにかくバタバタして帰宅したのを覚えています。

この教訓から、よっぽど家が近くなければ近くのホテルに宿泊した方がいいですよ。

 

次の日の午前中に手術を受けた品川近視クリニックで術後検査を受けてフィニッシュ!

あとは1週間後と3ヶ月後に検査を受けただけで問題なく終わりました。ちなみにドライアイなど副作用も出ていません。

 

こんな感じで視力が回復して、コンタクトと眼鏡と決別することに成功!もう二度とお世話になりたくないものだ。

次の日には裸眼で生活できるんだけど、仕事から帰宅したら洗面所でコンタクトを外す仕草をする癖が3日くらい抜けなかったのはレーシックあるあるのはず。

 

最初こそ朝起きた時に視界がハッキリ見えることが嬉しくてたまらなかったんだけど、慣れとは怖いもので当たり前になった瞬間から感動が徐々に薄れることに…

でも、目が見えることを当たり前にしないで、視力が落ちる習慣を見直さないとダメなんだよね。

パソコンとかゲームの時間を減らして、これからは外で遊ぶ時間を増やさないとなぁ。

 

そーいや、母ちゃんが遠くの山を見ろって言ってたっけな。

 

おしまい