ライフスタイル

眉毛は抜くと生えなくなる?剃ると濃くなる説は本当?

眉毛の形や濃さで、顔の印象はだいぶ変わります。女性は、時代によって細い眉が流行ったり濃い眉が流行ったりしますよね。

眉を整える時は、余分な毛を抜いたり剃ったりするのが一般的な処理ですが、眉毛を抜いてしまうと毛が生えなくなることがあるのをご存知ですか?

  • なぜ抜くと眉毛が生えなくなるのか?
  • 薄くなった眉毛を濃くする方法はあるのか?

この記事で眉毛の正しい処理方法を確認していきましょう。

眉毛は抜くと生えなくなる?

眉毛を抜くのって気持ちいいですし、切ったり剃ったりするよりも綺麗になるので、見た目的にも抜く方がメリットがあります。

ただ、眉毛を抜くと生えなくなる事実は本当なのでやりすぎは禁物です。

眉毛を抜いたことがある方はわかると思うのですが、毛の根元に白い物が付いていることがありますよね。

あれは毛を成長させる細胞なので、毛を抜くことを繰り返し行うことで細胞が傷つき再生しなくなる可能性があるからです。細胞が傷つくことで、毛が細くなったり生えなくなったりしまうのです。

 

加齢とともに細胞自体が衰えるので、歳を取るにつれてその傾向が強くなりますが、若いからと言って安心してはいけません。

私の周りでも、高校生の時に眉毛を抜いていたせいで、大人になって薄い眉に悩んでいる人もいたくらい。

また、元々濃い眉の方の場合、抜いた箇所の眉が男性の青髭のように青くなることもあります。こうなると女性はスッピンで外に出るのが恥ずかしくなりますよね。

抜いても大丈夫な眉毛もある

眉を観察してると、毛が集中している部分から外れている1本毛が見つかります。

あの毛って邪魔ですよね。そのため、眉毛を抜き続けると生えにくくなるという理論を生かして、私はこの毛は抜いています。

 

ただし、外れ毛の場所によっては抜いていけない部分もあります。

それは瞼(まぶた)です。

瞼の眉毛を抜くことで、たるみやシワなど肌トラブルに繋がるからです。毛をガシガシ抜くことで、毛穴が開くことが原因ではないかと言われています。

加齢とともに皮膚はたるむものですが、毛を抜くことで瞼のたるみを促進させることに繋がる可能性があるので、不安な人は抜かない方が無難でしょう。

抜き方のポイントは?

また、瞼の毛でなくても、勢いよく毛を抜くことで毛穴が広がったり肌が荒れることがあるので、皮膚に負担の少ない抜き方を覚えておきましょう。

最も重要なのは、眉毛を抜くタイミング。

朝起きてメイク前や洗顔前に眉毛の処理をする方が多いですが、もっといいタイミングがあります。

それは、風呂上り。

というのも、風呂上りは毛穴が広がっている状態なので、毛がスムーズに抜けやすくなるからです。

皮膚に負担を与えないためには、毛穴を広げることが重要です。お風呂上りでなくても、温めたタオルで毛穴を広げてから行うのも有効です。

 

さらに、抜き方にも工夫をしましょう。

毛抜きでただ引っ張るだけだと、皮膚まで引っ張られて負担が大きくなります。

そこで、毛抜きを持っている手と反対の手で皮膚を押さえることで、皮膚が引っ張られるのを防ぐことができます。

薄くなった眉毛は剃ると濃くなる?

眉毛が薄いと、ヤンキーと勘違いされたり、性格がキツイと誤解されてしまうことがしばしばありますよね。

さらに最近では自然な太目の眉が人気のため、細い眉や薄い眉の人はメイクでカバーするしかありません。

ですが、自然に生えている眉と違い、メイクしてますという作り物の印象は拭いきれません。なるべく、昔のふさふさの状態に戻したいところですよね。

「眉毛を濃くするためには、剃るといい」とよく聞きますが、見た目の変化はほとんどありません。

 

眉毛が生えなくなるのは、抜きすぎたことにより細胞が痛んだことが原因なので、弱った細胞を活性化させることができれば元気な毛を生えるよう促すことができます。

そこで、眉毛を抜きすぎて薄くなってしまった状態を回復するには、眉毛専用の美容液がオススメです。

中でも口コミ評価の高いマユライズがおすすめです。

ネット販売限定にも関わらず、雑誌で取り上げられたことで人気が爆発しました。

マユライズは、使用して2~3ヵ月程度で効果を実感する方が多いです。即効性はありませんが、じわじわと効果を実感できるものになっているので、根気よく使用することが大切です。

薄い眉で悩んでいるなら、試してみる価値のある商品ですよ。