お金・資産運用

年収400万円の僕が30歳から資産1億円を目指すための具体的戦略

20代は時計や車に目がくらんだ浪費家の僕ですが、30歳から億万長者を目指してガチで資産運用にチャレンジしています。

スタート当初の貯金はわずか200万円程度しかなく、周りと比べると若干少ない印象があります。

ちなみに現時点での年収は約400万円なので、このまま働くだけでは億万長者の仲間入りはほぼ不可能と言えるでしょう。

 

毎月10万円貯金できても、年120万円、30年後は3,600万円だから目標に全然届かない!

 

30年後の60歳になる頃に総資産1億円を達成するためには、逆算して資産運用の戦略を立てなければいけません。

そこで今回は、僕の現実的でリアルな戦い方を公表するので、これから資産運用を始める方は参考にしてください。

資産運用はリスクを伴うもので、必ず資産が増えるものではありません。投資は自己責任でお願いします。

基本はインデックスファンドの積立投資

「株って怪しくないか?」と日本人の多くは悪いイメージを持っており、「定期貯金こそ美学!」みたいな部分がありますよね。

この預金至上主義の考えを改めない限りは、平均年収の凡人が億万長者になることはほぼ不可能だと思いましょう。

貯金だけで億万長者になれたら苦労しないから!

 

確かに株式を始めとする投資はリスクがゼロではありません。リーマンショックにより株価が大幅に下落したのも記憶に新しいですよね。

確かにイチかバチかの短期トレードで利益を生み出そうとするのは一種のギャンブルなのでオススメできません。

しかし、長期スパンで株価を見てみると、上下を繰り返しながらも右肩上がりで成長しています。(日本の株価はここ20年間ほど停滞していますが…)

このため『今後も資本主義と市場経済が成長して企業の利益が拡大する』と見通したなら、長期的な株式運用を始めるのは理にかなった戦略になります。

短期間のわずかな利益や損失に一喜一憂するのではなく、「数十年後の未来に投資する」と考えた僕は、30年程度の長期投資で一部の資産を形成する計画を立てました。

しかし、投資初心者が個別銘柄の株式を見極めて資産を増やすことは困難なので、アメリカの投資家の間では当たり前になっているインデックス投資を実践することにしました。

具体的には、毎月貯金の一部でインデックスファンド(投資信託)を購入しています。

将来、絶対に株価が上がるとは限りませんが、インデックス投資で資産運用することで1億円突破を目指すのです!

不動産投資もいいですが、まだまだ勉強不足なので手を出していません。不動産投資リスクをしっかり確認してから頑張ります。

毎月いくらインデックス投資すると億万長者を目指せるのか?

では、毎月いくら積立でインデックス投資をすれば億万長者になれるのか考えていきましょう。30歳の僕が定年退職を迎える60歳までの30年間をベースで考えていきます。

わかりやすくするため、貯金を全額投資した場合で計算していきます。(貯金ゼロはリスクだらけですが…)

退職金2,000万円が出ると仮定すると、8,000万円分を資産運用で捻出しなくてはいけません。

ご存知の人もいるかと思いますが、株式投資で得た利益の20%は税金として引かれます。ただ、今回はシュミレーションなので、細かい税計算は省略します。

 

それでは、計算していきましょう。

いちいち手計算しては面倒なので、便利なツールを使用するのが効率的です。

中でもファンドの海の「長期投資予想/アセットアロケーション分析」がオススメです。

実際に使用する前に、資産配分を考える必要があります。資産配分は長期運用を行う上で最も重要で注力しなくてはいけない部分ですが、まずは簡易的に

  • 日本株式25%
  • 先進国株式25%
  • 新興国株式25%
  • 日本国債25%

で計算していきます。

毎月5万円の30年間の場合

毎月5万円で30年間積立した場合の運用シュミレーションをみていきましょう。

それぞれ資産クラスごと、5万円×25%=1.25万円となりますね。

元本1,805万円で最頻値が2,662.4万円なので、857.4万円の利益が出ています。しかし、目標の1億円には遠く及びません…

30%の確率で4,710.5万円になるけど、それでもまだ半分にしかならないですね。

債権を増やすとよりリスクが抑えられるので、不安な人は債権の割合を上げて計算するといいでしょう。

毎月10万円の30年間の場合

次に毎月10万円で30年間積立した場合の運用シュミレーションをみていきましょう。

それぞれ資産クラスごと、10万円×25%=2.5万円となりますね。

元本3,610万円で最頻値が5,324.8万円なので、1,714.8万円の利益が出ています。

5万円の時と比べて2倍の利益が出ていることがわかりますね。

ただ、50%の確率でも7,107.5万円なので、あと一歩届かない計算になります。

ぶっちゃけ、凡人の僕らは毎月10万円も捻出するのが限界ですよね。やっぱり億万長者になるって難しいですな!

 

ここから15万円で計算したいところですが、毎月15万円を捻出するのは年収の低い庶民には難しいので、ここからは資産配分を変更して計算してみましょう。

より期待リターンの大きい株式の比率を上げて、リスクの小さい国債を下げてシュミレーションしていきます。

毎月10万円の30年間の場合(債権10%)

先ほどまでは、

  • 日本株式25%
  • 先進国株式25%
  • 新興国株式25%
  • 日本国債25%

の割合で計算してきましたが、ここからは日本国債の一部を他の資産に分配して

  • 日本株式30%
  • 先進国株式30%
  • 新興国株式30%
  • 日本国債10%

で計算していきます。

それぞれの資産クラスは以下のとおりになります。

金額
日本株式 30,000円
先進国株式 30,000円
新興国株式 30,000円
日本国債 10,000円

元本3,610万円で最頻値が4,951.2万円なので、1,341.2万円の利益が出ています。

鋭い方はお気づきになったかと思いますが、株式の割合を上げたにもかかわらず最頻値の結果は373.6万円下がってしまいました。

しかしながら、50%の確率でみると債権25%の時よりも527.2万円プラスになっています。

資産配分を変えるだけで、資産運用の結果に大きな影響を与えることがわかりますね。

そして、30%の確率でようやく1億円を突破したという結果から、月10万円の投資で運が良ければ億万長者になれる権利を得ることがわかりました。

月10万円のハードルは凡人には高い?

毎月の生活費から月10万円を捻出するのは結構大変ですよね。

僕が20代の頃の手取りなんて17万円くらいだったので、5万円貯金するだけで精一杯でしたから。

歳とともに年収は上がるとは言え、30年平均で毎月10万円の投資をする戦略は、普通の人にとっては困難なことに変わりはありません。

さらに、年収は上がっても結婚資金や子育て費用など支出額が増える可能性も高いですからね。支出が増えれば資産運用の枠も減る一方です…

この辺は、結婚相手の収入や子供の数も大きな影響を与えるので、自分一人でどうこうできない面もあります。

 

ぶっちゃけ言うと、平均収入の男性の場合、専業主婦やパート程度の収入の嫁さんを持つということは、億万長者になる可能性は限りなくゼロに近くなります。

40代後半くらいまでは家族を養うことで精いっぱいで投資をする余裕はほとんどないでしょう。

冒頭でも言いましたが、投資は長期運用が基本であり、短期間の運用はそれだけ元本割れのリスクが大きくなってしまいます。

また、50歳から10年間資産運用しても利益はそれほど大きくなりません。複利の効果は20年くらい待たないと恩恵を受けませんから。

このため、30歳からは毎月確実に投資できる金額を確保する必要があるので、結婚を考えているのであれば結婚相手の収入にも妥協しない方がいいでしょう。

最近では女性の社会進出が進んできているため、男性並みに稼ぐ女性も珍しくはありません。看護師や薬剤師などの比較的高収入の女性はかなり貴重です。

もちろん好きな人と結婚するのは素敵なことです。あくまで億万長者を目指すという視点から発言したもので、人様の結婚観を否定するものではありません。

まとめ:億万長者を目指すための戦略

億万長者への道
  • 資産運用の基本はインデックス投資
  • 30年間平均で月10万円以上の運用

安全資産(現金預金など)と月10万円のインデックス投資を併せれば、60歳を迎える頃には総資産1億円が現実味を帯びてきます。

しかし、1億円の権利と引き換えに、億万長者になるための戦略にはリスクが伴うということもわかりました。

元本割れの可能性が僅かでもある以上は、定期預金よりも資産が少なくなることだって考えられます。

つまり、凡人が楽して億万長者になることはできません。ある程度リスクを背負わないと達成できない目標なので、覚悟を持たない者には決してたどり着けない場所なのです。

 

また、安定して毎月10万円を投資に回すためには、

  • 収入を増やす
  • 支出を抑える

といった努力が必要になります。結婚や子育てなどライフステージが変わっても毎月コツコツ投資できる財政体力がないと億万長者への道は絶たれてしまいますからね。

特に支出面はコントロールできる部分が大きいので、まずは自分の1ヵ月の生活費がいくらかかっているのかを把握することから始めましょう。

【資産運用】年収400万円の僕は1ヵ月の支出額を把握することから始めた年収400~600万円程度の凡人が億万長者になるためには、やはり支出を抑えることがマストです。 なぜなら、収入と違って支出は自分の...

無駄な浪費を抑えたら、次に収入面を見直しましょう。

ですが、収入を増やすことは容易ではありません。会社の給料だけでは毎年1万円アップが限界ですよね。高収入の結婚相手を見つければイージーモード突入ですが…

そこで、手っ取り早く収入をアップさせるために、早いうちから副業を始めることをオススメします。

インターネットのある時代なので、個人が月5~10万稼ぐことは無理な話ではありません。

投資額を副業から捻出することができれば、高確率で億万長者になれますし、何より投資への不安を和らげてくれる一番の薬になります。

 

中でもアフィリエイトは自宅でもできる副業なので、会社員との相性が抜群です。

1~2年真面目に努力できれば月10万円は難しくありません。たとえ月2万円しか稼げなかったとしても、精神的余裕は全然違いますからね。

収入を増やし、支出を抑え、長期運用の投資を始めるなど、億万長者になるためにはやることが山積みですが、裏を返せば凡人が金持ちになるためには努力が不可欠ということです。

戦略を立て実行する人と、何も考えずにボーっと過ごす人では、同じ会社に勤めていても30年後の資産が全然違います。

若いうちに『自分の資産は自分で作る』ことを意識できただけでも一歩リードですからね。

 

最後に、戦略は実行しないと意味がありません。頭で理解するのと実際に動くのとでは雲泥の差があります。

もちろん投資は自己責任の世界なので慎重に考えることは大事ですが、投資期間が短くなるほど億万長者の可能性がどんどん低くなるのも事実です。

焦ることはありませんが、行動した者のみ栄光を掴めるということを頭に入れてください。まずは投資の基本的な勉強から始めてみましょう。