ニキビ

ニキビの原因となる5大要素を直せば美肌へ近づく

ニキビを綺麗に治すためには、やみくもに洗顔をすればいいわけではありません。

ニキビを治す方法ばかりに気をとられてしまいがちですが、ニキビの原因を解消しない限りは何回も再発を繰り返す結果になるだけです。

まずは、ニキビが発生するメカニズムを知ることから始めましょう。焦らずニキビと向き合うことが長い目で見たら近道になりますからね。

ニキビに関する正しい知識を持たないままスキンケアを頑張ったところで満足のいく結果は得られませんよ。

この記事では、ニキビの原因となる5つの要因を解説していきます。

ニキビの原因となるメカニズムは1つ

ニキビが発生する舞台は毛包になります。

ニキビができるメカニズムのスタートとして、毛穴付近の内側の角質が何らかの要因により厚くなり出口が狭くなるところから始まります。

これを角化異常と呼びます。

皮脂腺から分泌される皮脂が出口を失い毛包の中に溜まることで、肌の常在細菌であるアクネ菌が繁殖し、毛包が炎症を起こすことでニキビとして認識されるようになります。

アクネ菌は嫌気性と呼ばれる性質を持っており、空気(酸素)の入らない場所を好み皮脂をエサに繁殖しますので、毛穴が塞がった毛包はアクネ菌にとって最高の住処になるのです。

ニキビのメカニズム
  1. 毛穴付近の角質が何らかの要素により厚くなり毛穴が狭くなる。
  2. 皮脂が外に排出されなくなり毛包に溜まる。
  3. 嫌気性を好むアクネ菌の繁殖が活発になる。
  4. 毛包の中で炎症が起こる。

ニキビができるまでの流れは上記のとおりになります。

思春期ニキビだろうが大人ニキビだろうがメカニズムは同じで、角化異常によりアクネ菌の繁殖スピードが早まることが根源となっています。

このため、ニキビ予防を単純に考えると「角化異常を起こさなければニキビはできない」と言えますよね。

しかしながら、ニキビの始まりである角化異常を引き起こす要因は様々あり、これがニキビ治療を複雑にする原因となっています。

メカニズムは1つでもそこに辿り着くまでに様々な刺激が複雑に絡まり合っているため、ニキビ予防は難易度の高いミッションになっているのです。

角化異常を引き起こす要因

  • 男性ホルモンの過剰分泌
  • 乾燥
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • スキンケア不足

それでは、角化異常を引き起こす主な要因について確認していきましょう。

上記に挙げた要素以外にも原因はありますが、まずは基本の5つのポイントを抑えることがニキビ予防の第一歩です。

男性ホルモンの過剰分泌

ホルモンバランスの乱れは、ニキビと深い関係があります。

特に男性ホルモン(アンドロゲン)には、皮脂腺を発達させ皮脂量を増加させる働きがあります。皮脂はアクネ菌の栄養になるため、皮脂量が多い人はそれだけでアクネ菌の繁殖スピードが早くなると言えます。

アクネ菌が皮脂の成分であるトリグリセリドを分解する際に遊離脂肪酸を放出するのですが、これが毛包の壁を刺激することで角化異常を引き起こす原因になります

一般的に脂性(オイリー)肌の人がニキビができやすいと言われるのは、単に皮脂量が多いからだけではなく、皮脂量が増加することで角質が肥大しやすくなるからです。

特に思春期は、体の成長のために男性ホルモンの分泌量が急激に増えることでホルモンバランスを崩しやすいため、ニキビができやすいと言えます。思春期の男性ホルモンの分泌には、親からの遺伝など体質による個人差が大きいのが特徴的です。

乾燥

一見ニキビと無縁のような気がする肌の乾燥ですが、角化異常を引き起こす要因の一つです。皮脂量は多いのに水分量が少ないオイリードライ肌が特に要注意です。

肌内部の水分量が少ない状態になると、肌に潤いを与えようと皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促進させる作用が働きます。

皮脂量が増加することで角化異常を引き起こすメカニズムは先ほど説明したとおり。皮脂と乾燥は180°真逆なイメージですが、密接な関係を持っているのです。

自分は脂性肌だと思っていたけど、実は乾燥が原因で皮脂分泌量が多くなっているというケースが多く見られます。皮脂でべたついた肌でも乾燥することがあるということを覚えておきましょう。

また、乾燥することで肌が硬くなり新陳代謝(ターンオーバー)が遅れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると、本来剥がれ落ちるはずの古い角質が留まり続け角質を厚くする原因になるため、間接的に角化異常を引き起こす要因になるのです。

特に水分量が少なくなる20代以降からの大人ニキビには乾燥が絡んでいる可能性があるため、大人ニキビに悩んでいるなら保湿を考えなければいけません。

肌が乾燥することで肌のバリア機能が低下すると外的刺激(紫外線など)の影響を受けやすくなり、ますます角化異常を引き起こしやすくなるので乾燥は危険です。

ストレス

メカニズムこそ解明されていませんが、ストレスによりニキビが悪化するのは明らかなこと。最近では、ストレスがホルモンバランスの乱れを引き起こし、男性ホルモンの異常分泌を促進させる可能性を示唆する研究も行われています。

特にフェイスラインや顎にできる大人ニキビにはストレスが関係している可能性が高いです。

大学進学や就職により生活環境が変わったことでニキビが悪化するケースには、ストレスが絡んでいることが多いため間違いないでしょう。

ブラック企業の増加、複雑な人間関係などストレス社会を生き抜く僕達にとってストレスは切っても切れない関係にあるため、ストレスを感じないことよりもストレスを溜め込まないことが大切と言えますね。

生活習慣の乱れ

「綺麗は内側から」という言葉があるとおり、体の中が健康的でなければ肌は綺麗にはなりません。

特に重要なのが睡眠です。

睡眠は肌を修復する働きがあるため、食事よりも重要度が高く、ニキビに悩んでいる時には真っ先に見直さなければいけない要因です。

睡眠時間が短かったり入眠時間がバラバラの生活を続けるとホルモンバランスの乱れを誘発します。睡眠を疎かにしているとホルモンバランスが乱れやすいため、睡眠不足は角化異常を間接的に引き起こす原因になると言えるのです。

また、睡眠とストレスも密接な関係があり、ストレスが溜まると睡眠の質や時間に悪影響を与えてしまいます。睡眠にはニキビだけでなく体の健康全てに影響を与える要因なので、睡眠障害は深刻に考えた方がいいです。

 

睡眠の次に食事も重要です。

肌は内臓を映す鏡と言われている通り、内臓に負担をかけた食事や偏った栄養バランスの摂取により肌へ悪影響を与えるのはご存知のことでしょう。

脂肪分が多い食材や血糖値を上げやすい食材などの摂取により皮脂の分泌を促すので、皮脂分泌による角化異常を引き起こす要因になると言えます。

ただし、バランスの取れた食事が重要なので、野菜を食べればいいわけではありません。「野菜ジュースを毎日飲めばOK」とそう簡単にはいかないのです。

また、サプリで栄養素を補うのも悪くないですが、体への吸収率は食材から摂取する方が高いのでなるべく食事を見直しましょう。

スキンケア不足

正しいスキンケアができていないと、皮膚が不潔になり皮脂汚れが毛穴に詰まりやすかったり、肌内部の水分量が少なくなり乾燥を促進させたりと間接的に角化異常を引き起こす要因となります。

特に20代以降は肌内部の水分保持力が低下し始めるので、乾燥を防ぐため洗顔だけでなく保湿ケアを追加する必要があります。

また、スキンケアのやりすぎや自分の肌に合わない化粧品を使用することで、肌に負担をかけニキビを誘発するので、正しいスキンケアを習得することがニキビ予防には重要と言えます。

特に洗顔時に力いっぱいゴシゴシ洗ったり洗浄力の高い洗顔料を使ったりすることで皮脂を落としすぎてしまい、肌のバリア機能を著しく低下させ乾燥肌になるケースが目立ちます。

また、洗顔後に化粧水をつけるだけでは十分な保湿はできなく、むしろ乾燥しやすくなるだけの場合もあります。

化粧水の成分や乳液の必要性など保湿ケアについての基礎知識を習得しなくてはいけません。

ニキビの原因|まとめ

ニキビを誘発する原因はたくさんあるので、考えられる要素を一つ一つ改善していくことが大事です。

ニキビの発生メカニズムは、アクネ菌が繁殖し急激に数を増やすことから始まります。

ただし、アクネ菌自体はもともと肌に存在する常在細菌のため、アクネ菌を殺菌するよりも角化異常を引き起こす要因を排除することがニキビ予防には効果的と言えます。

しかし、角化異常の原因は1つではなく様々な要素が絡み合っているため、誰しも同じ対処法でニキビが改善するわけではありません。これがニキビがなかなか治らない理由の一つと言えるでしょう。

一人一人が自分の原因を分析して自分に合ったニキビ予防方法を確立することが大事です。まずは、昔からの生活習慣であっても、ニキビの原因として考えられる習慣は全て改善していくことがニキビケアの第一歩です。