ニキビ跡

ニキビ跡ケアに洗顔は関係ないと思っていると痛い目にあうぞ

ニキビ跡の赤みや色素沈着を消すためには化粧水や美容液でケアすることが大事ですが、その前に間違った洗顔方法で顔を洗っていては綺麗に治ることは難しくなります。治りが遅れるだけならまだしも、場合によってはニキビ跡を悪化させることもあります。

このため、ニキビ跡を早く治したいなら、正しい洗顔方法の習得やニキビ肌に合った洗顔料選びをしなくてはいけません。

この記事では、ニキビ跡ケアに有効な洗顔方法についてまとめましたので、自分のスキンケアを見直しましょう。

ニキビ跡は洗顔で消すことができる?

確かに、洗顔だけでニキビ跡を消すことは難しいです。

ニキビ跡の赤みや色素沈着は汚れではないので、頑張ってゴシゴシこすってもニキビ跡を薄くできるわけではありませんからね。また、洗顔回数を増やしたところで、やはりニキビ跡を早く治すことはできません。

むしろ、洗顔のやりすぎによって皮脂を奪いすぎてしまうことで、乾燥肌になって肌荒れやニキビができやすくなるので逆効果と言えます。

「ピーリング効果のあるAHA配合の洗顔料を使うことでニキビ跡を薄くすることができる」という意見もありますが、洗顔料に含むことのできる成分濃度は低いため毛穴詰まりを予防する効果しか期待できません。

凸凹クレーター肌も浅くなることもないので、「洗顔でニキビ跡を治す!」と気合いを入れても空回りするだけです。

 

だからと言って、ニキビ跡ケアに洗顔が無関係というわけではありません。

洗顔一つで肌環境がガラリと変わりますので、間違った洗顔をしていれば肌に悪影響を与えるのは当然のこと。

ゴシゴシ洗いや刺激の強い洗顔料を使っていては、肌が傷ついたり水分バランスを崩してしまいます。

肌のバリア機能を低下させることで新たなニキビができやすくなるだけでなく、ニキビ跡を消すために重要な肌の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れてしまいます。

ターンオーバーの乱れはニキビ跡ケアにおいては致命的なので、洗顔はニキビ跡を治す目的ではなくニキビ跡ケアの舞台を整える役割があると思うといいでしょう。

つまり、肌の状態を整えることでターンオーバーが乱れにくい健やかな肌を作ることが、ニキビ跡ケアにおける洗顔の本来の目的と言えます。

また、正しい洗顔方法で整えられた肌に化粧水や美容液をつけることで有効成分が浸透しやすくなるので、ニキビ跡を早く治したいなら正しい洗顔テクニックを習得することが大事なのです。

ニキビ跡を悪化させない正しい洗顔方法

正しい洗顔とは「肌に負担をかけずに綺麗に汚れを落とす」これに尽きます。

とてもシンプルな考えですが、意外とできている人は少ないのが現状です。

ただ、泡で洗顔すればいいという単純な話ではありません。力の入れ具合や洗顔時間、水の温度など気をつけなければいけない部分はたくさんあるんですよ。

ここで完璧な洗顔スキルを習得していきましょう。

ステップ1:顔をぬるま湯で濡らす

まずは手を綺麗に洗って皮脂や雑菌を落とし、それから35℃前後のぬるま湯で顔を濡らします。

優しくパシャパシャと素洗いするイメージですね。勢いよくゴシゴシ擦ってはいけませんよ。

ステップ2:洗顔料を泡立てる

次に洗顔料を使って泡立てします。

クレイ洗顔など泡立てしない洗顔料もありますが、洗顔はキメの細かい濃密な泡で包み込むように洗うのが基本です。

泡立てが不十分だと肌をゴシゴシ擦る原因になるので、面倒な作業ですが一番重要だと思ってください。

洗顔料に水を加えながら泡を作るのですが、不器用な人は泡立てネットを使用すると楽です。

ただし泡立てネットは簡単に泡を作れる反面、少ない水で泡立つため洗顔料の濃度が高いまま肌に触れてしまう危険性もあります。

このため泡立てネットを使う場合でも十分に水を含ませることを意識しましょうね。

ステップ3:優しく泡を転がすように洗う

泡を肌に乗せていきますが、まずは皮脂量の多いTゾーン(オデコと鼻)から洗っていきます。

指先は肌に触れないで円を描くようにコロコロと泡を転がし、泡と汚れをなじませるイメージで洗いましょう。

次にUゾーン(頬と顎)を洗います。

Uゾーンの肌はデリケートで肌荒れしやすいので、Tゾーンより優しく洗うのがポイント。

ゴシゴシ洗いは角質を傷つけバリア機能を弱くする原因になるので、水分量の少ないフェイスラインは特に丁寧に洗いましょう。

そして最後に口周りや目元など細かい部分を軽く洗って終了です。

時間をかけすぎてしまうと肌に負担をかけてしまうので、洗顔時間は1分~1分半を目安にしましょう。

繊細かつスピーディーな作業が求められるわけです。

ステップ4:丁寧にすすぎ、タオルで優しく拭き取る

最初に顔を濡らした時と同じ温度ですすぎます。

泡は擦らなくても簡単に落ちるので、優しく洗い流すことが大切です。

また、泡残りは肌を刺激するので、詰めの甘さがニキビの原因になることもあります。正面から見えにくいフェイスラインや顎の下、生え際などは特に泡が残りやすい部分なので気をつけましょう。

最後に冷水で引き締めると毛穴がキュッと小さくなったような気がしますが、それは一時的なことなので意味はありません。むしろ、急激な温度変化による赤ら顔の原因になることがあるので、仕上げの冷水はやめましょう。

ニキビ跡を悪化させない洗顔料選びのコツ

ニキビ跡を早く治したい人は、「肌に刺激を与えず余分な成分も含まれていない」洗顔料を選びましょう。

洗顔料は大きく分けると洗顔フォームと固形石鹸がありますが、ニキビ跡に悩んでいる人には固形石鹸がオススメです。

洗顔フォームの中には油分を含んだものもありますが、シンプルな固形石鹸は洗浄力が高くしっかり汚れを落とし肌に余分なものを残さないため、洗顔後に使う化粧水や美容液の浸透を妨げることがありません。

何を選べばいいかわからないニキビ跡ケア初心者は、まずは固形石鹸から選ぶといいでしょう。

ただし、固形石鹸の中にも肌の負担になる成分を含んでいるものがあるので何でもいいわけではありません。自分の肌に合った固形石鹸を選ぶことが何より重要なのです。

おすすめ固形石鹸はNon A石鹸

ノンエー石鹸の最大の特徴はキメの細かい濃密な泡です。

ドラッグストアで売っている市販の洗顔料では体験できないくらいのモチモチ泡を作ることができますよ。

ノンエーは肌に優しい無添加石鹸なので、肌がデリケートな敏感肌の人でも安心して試すことができます。

また乾燥肌の僕でも洗顔後につっぱることは今のところないので、皮脂を落としすぎない点も高評価です。

さらに有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」には炎症を鎮める作用があるので、今あるニキビの炎症を抑えることでニキビ跡の悪化を予防することもできます。

ニキビが治らないうちはニキビ跡の治りが遅れるので、ニキビの悪化を防ぐことは重要です。

肌に負担をかけずに綺麗に汚れを落とす点では、ノンエー石鹸が頭一つ抜けていると僕は判断しています。

ニキビ跡に悩んでいる人は、まずは3ヵ月ノンエー石鹸で洗ってみてください。以前よりも肌の調子が上がったと実感できると思います。

Non A公式ぺージはコチラ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想ニキビに効果的な洗顔料を調べると有名なNonA(ノンエー)石鹸に辿り着きますよね。 口コミの評価も高い人気の固定石鹸なので、「自分...