雑記

【脱アルコール】お酒が飲めないキャラで1年間過ごしたらメリットだらけだった

僕はそこまでお酒が飲めない。アレルギーとかではなく、2杯くらい飲むと気持ちが悪くなるタイプ。

お酒を飲んだ次の日は確実に二日酔いになり貴重な1日が潰れてしまうから、職場の飲み会とかは地獄の一言。まぁ、普通に楽しくないってのもあるけど…

正直、この先ずっと苦手なアルコールと付き合うのも辛いので、30歳を機に『お酒が飲めないキャラ』で過ごしてみました。

お酒を飲まない生活を1年間実践した結果、めちゃくちゃメリットがあったので、お酒が飲めないことで悩んでる人達に「むしろ飲めない方がいいよ」ってことを伝えたいと思います。

【メリット1】無駄な支出が減る

お酒が飲めないことを理由に、飲み会の参加数をめちゃくちゃ減らしました。仕事で避けられない飲み会以外はほとんど行かないです。

「あれ?お酒飲めなかったっけ?」って言われたら、「実は無理してたんですけど、お酒を飲むと体調不良になるんで…」と悲しい顔をするとだいたい乗り切れます。

今のところ飲み会に行かなくても仕事も友人関係も支障がないです。日頃のコミュニケーションさえ問題なければ、飲みニケーションがなくても人間関係を構築することはできるのを実感しています。

 

ということで、毎月の飲み代がほぼゼロになったから、貯蓄や投資に使えるお金が明らかに増えました。

 

1杯の飲み物に600円を払うことがなくなったら、そりゃお金が増えます。ラーメンとカクテルが同じ値段とか冷静に考えたらふざけてますよね(笑)

飲み会って二次会まで行くと平気で5千円が飛ぶから、お酒が飲めない人間からすると異常なくらい「高!」って感じちゃうんです。

毎月、平均して2~3回あった飲み会を少しずつ減らすことで、以前と比べて月1.5万円の節約に成功しています。

お酒が好きで「みんなでワイワイ楽しむのがストレス解消だ!」って人にとっては必要な支出かもしれませんが、わざわざ苦手なことにお金を払うなんて無駄ですからね!

【メリット2】使える時間が増える

苦手な飲み会に行かなくなったので、自分の時間が増えました。飲み会の憂鬱な時間を自分の好きなことに使えるのは最高です。

これまでの僕は、飲み会当日だけでなく、翌日も体がダルくなり1日を冴えないまま消費していました。1回の飲み会で2日分のエネルギーを吸われる感じです。

こんな生活しているなんて、時間の無駄使いもいいところ。誰しも時間だけは平等なので、使い方を意識しないのはマズいです。

僕は飲み会で浮いた時間を、ブログを書いたり投資の勉強とか生産性のあることに使えているので、「みんなが金を消費している間に僕は金を生んでいる」とニヤニヤしています。

 

ハイ、気持ち悪いですね。すみません。

 

でも真面目な話、仕事をしていると本当に自分がやりたいことに時間をかけるのが難しくなります。仕事=好きなことにしない限り。

そこまで今の仕事に不満があるわけではないけど、僕は「雇われる身を脱却したい」という目標があります。

だから、ブログで収入を増やしたり投資で資産を増やすことが、今の自分にとって優先順位が高いのです。

自分の時間をどう使うくらい、自分で決めたいですよね。

【メリット3】体が疲れない

「適度なアルコールは健康にいい」みたいなこと言われていますが、僕にとってアルコールは害でしかない。気持ちもハッピーになれないし、寝つきがよくなるわけでもない。

正直、飲み会のせいで体調不良になり仕事を休んだことも数回あるから、日常生活に悪影響を与えているのは紛れもない事実です。

 

それが、1年間ほど全く飲まない生活を送ったら、すこぶる調子がいい。体も軽いし以前より疲れを感じることが少なくなりました。

やっぱり体が拒否していたんだと思う。素直にメッセージに応えてやらなければダメなんだね。

 

あと、性欲もアップしたし、朝勃ちも元気いっぱいです。

毎日飲んでいたわけじゃないので、もしかしたらアルコールが体に与える影響って大きいのかもしれません。

「最近疲れやすい」って悩んでいる方は、アルコール絶ちを試してみる価値はありそうです。

デメリットもそれなりにある

  • 飲み会の迎えを依頼される
  • 飲み会の出来事を話されると寂しくなる
  • 合コンに誘われなくなる

飲めないキャラを浸透させたことで、上記のようなデメリットがあります。

特に送迎を頼まれるのは厄介。アッシー君として使われるのも嫌ですが、テンションの上がった酔っ払いに付き合わないといけないのは辛いです。

都会の人にはわからないかもしれないですが、地方暮らしは飲み会があるとタクシーで帰宅するのが一般的です。電車の利便性が悪いですからね。

このため、タクシー代も節約しようと考える愚か者から送迎依頼をされることが多いのなんの。

 

対処法としては、「予定があるから無理」の一点張りです(笑)

自分で帰り―や。

 

まぁ、デメリットなんてネタみたいなもんだから、お酒を飲めないキャラになってから生きやすくなったのは間違いありません。

飲み会に行かないと仲間外れにされるとか今の時代ないです。ってか、そんな女子高生みたいな考え持っているのダサくない?

『お酒が好きなら飲む、嫌いなら飲まない』もっとシンプルに考えて行動してみましょうよ。