公務員の恋愛模様

公務員が事務補助員と仕事終わりに食事デートしたら意外と盛り上がった

公務員の職場には正社員だけでなく事務補助員の女の子もいて、1年ペースでコロコロと出入りがあります。

正社員と比べて可愛い子が多くて、同僚とかでも事務補助さんと結婚する人も珍しくはありません。

30歳にもなって独身の僕を見かねてか、隣の席の子持ちのおばちゃんが気を遣ってくれて別の課で働いている事務補助さん(26歳)を紹介してくれました。

彼女とは同じフロアでたまに廊下ですれ違う時に会釈をする程度の関係で、見た目はおっとりしてて可愛い印象があるだけで性格までは全くわからない感じです。(おっとり子と命名)

恋活に励んでいた僕としては断る理由がなかったので、おばちゃんに促されるままLINEを交換することになりました。

仕事関係の人と恋愛を意識した付き合いをするのは久しぶりすぎて不安ですが、おっとり子も優しそうな雰囲気があったので無理せず自然体で接したいと思います。

おっとり子はLINEの返事が遅いがデートは乗り気

LINEの交換をした日の仕事終わりに、さっそくファーストメッセージを送ってみました。仕事上は後輩と言え、堅苦しいかもしれないけど敬語バリバリの業務連絡っぽい感じの内容からスタートです(笑)

とむ
とむ
お疲れ様です!〇〇課のとむです。よろしくお願いします。

しかし、1時間経っても2時間経っても一向に返事がきません…

おばちゃんが無理矢理LINE交換を勧めたから、もしかしたら嫌がっているのかもしれないと先行きが不安になっていました。

もう今日は返事ないだろうなぁと思って、寝る準備をしていた23時45分頃におっとり子からメッセージが届きました。

おっとり子
おっとり子
〇〇課のおっとり子です。今日は飲み会だったので返事遅れてすみません。よろしくお願いします。

無事にメッセージが届いたことに安心しました。このまま返事がなかったら職場での気まずさがハンパないですからね(笑)

 

 

次の日。

 

 

仕事の合間にトイレに行くと、運命のいたずらなのかおっとり子と廊下ですれ違いました。

急に曲がり角から登場したおっとり子に僕は驚きを隠せず「おっっ、お疲れ様です。」とアタフタする始末。

完全にモテない男の振る舞いで挨拶をしてしまいましたが、「あっお疲れ様です!」とおっとり子は笑顔ですれ違ってくれました。

可愛い子の笑顔の破壊力は凄まじいもので、まだ1通しかLINEしていないのに既におっとり子を意識しているのが自分でもわかります。

僕の弱点は惚れやすいところで、顔さえタイプだったら一気に好きになっちゃうことがしばしばあります。

とむ
とむ
今回も先に惚れてしまった僕は、おっとり子より立場が下になってしまうことに…

ポジショニングを間違ったことで恋愛を自分の思い通りにコントロールできなくなることはこれまでの経験で散々わかっていたはずなのに、またしても同じことを繰り返しています。

 

本当に恋愛は難しい!

 

いつも仕事が終わり帰宅した20時頃におっとり子にLINEしていますが、返事は遅くて23時台に短文のメッセージが送られるだけ。それでも無視されるよりはマシだとポジティブに考え、1日1通のメッセージを1週間ほど続けました。

LINEではおっとり子のテンションが微塵も上がらないままだったので、今回はおっとり子が自然消滅を狙っているような気がしてなりません(笑)

ダメならダメでもいいのですが、おばちゃんに紹介してもらった手前、何もしないのは男の恥だと訳のわからないテンションになってしまった僕は、ダメもとで「一度ご飯行きませんか?」と誘うことにしました。

とむ
とむ
せっかくなので、おっとり子さんと話がしてみたいです。今度食事でもどうでしょう?
おっとり子
おっとり子
ご飯行きましょう!いつ頃都合いいですか?

 

あっさりOKの返事が。

 

とむ
とむ
水曜日は定時で帰ることができると思います。
おっとり子
おっとり子
水曜日OKです。

さっそく次の水曜日にディナーすることが決定しました!

アッチも紹介してくれたおばちゃんに気を遣って「食事ぐらいしなくちゃ」と思っている可能性が高いですけど、可愛い女の子と一緒にご飯が食べられるのはやっぱり嬉しいものです。

職場の人なので大胆な行動はできないですが、おっとり子とのラブロマンスを密かに期待して水曜日の朝を迎えたのでした。

おっとり子との初デート当日

今回はおっとり子が行きたい店があるということで、職場から近いパスタの美味しいイタリアンに行くことになりました。

僕も何度か行ったことがある店だったので安心感はありますが、以前ペアーズで知り合った大学生から食事マナーを指摘されて以来パスタを食べることに緊張してしまいます(笑)

ペアーズで桝田絵理奈似の女子大生(巨乳)とデートしてきたペアーズを利用して1ヵ月が経過しようとした頃、アプリを開いたら「いいね!」が届いていました。 ただ、女性から「いいね!」が届く場合...

慌てて食事マナーの本を読み返して頭の中でイメージトレーニングしましたが、いつも上手にパスタを巻けない自分がそこに…

パスタを食べる時に右手にフォークで左手にスプーンを使う人が多いですが、本来はフォーク1本でパスタを食べるらしいです。海外ではスプーンを使うのは上手に食べられない子供だけだそう。

パスタの食べ方に不安があったまま水曜日を迎えましたが、もうジタバタしてもしょうがないのでクチャクチャ音を立てて食べないようにだけ気をつけることにしました。

そして仕事終わり、おっとり子と連絡を取ったところ、彼女も仕事が終わりお店に向かっているとのこと。

「同じ職場なのだから一緒に行けばいいのに」という声もあるかと思いますが、やはり同僚の目が気になってしまうので現地集合が無難と判断しました。

お店に向かってると、おっとり子から「先に着いたから中で待っています!」とLINEがきました。10分前に到着するとは、時間にはキッチリしている人なのかもしれませんね。

時間ギリギリに到着した僕は、彼女の待つ店の中へ。そこには、髪を結ったおっとり子の後ろ姿がそこにありました。

とむ
とむ
お疲れ様!お腹空いたねー
おっとり子
おっとり子
お疲れ様です!私もう決めたので、メニューどうぞ。
とむ
とむ
もう決めたんだ(笑)何にしたの?
おっとり子
おっとり子
日替わりパスタにしました!豚肉のガーリック炒めらしいです。
とむ
とむ
じゃあ、俺もそれにしようかな。

無事メニューも決まり、おっとり子と初めての会話が始まりました。

穏やかで優しいイメージがあるので、会話はこっちが主体とならなきゃいけないかなと最初こそ思っていたのですが、意外とおっとり子は話好きでLINEでのテンションの低さが嘘のよう。

やっぱり人は会ってみないわからないものだと再認識したところで、職場の話や休日の過ごし方などいつものトークで盛り上がりました。

恋活を始めてから、初対面の女の子でも無理なく話することが自然とできるようになれたのは、2ヵ月前の自分では考えられないくらいの成長です。

初対面にある特有の壁がなくなったところでパスタが到着し、おっとり子が「わー、美味しそう」と言っていた傍で僕の緊張度だけが少し高まりました(笑)

とむ
とむ
(今日はパスタごときに恋愛の邪魔はさせん!)

怖気づいてはなるものかと気合を入れ、マナー本に書いてある通りにパスタを2~3本フォークで絡み取り時計回りにクルクル巻きました。

すると、今回はちょうど一口サイズに綺麗に巻き取ることができ、ズルズルすすることもなく綺麗に食べることができました。自分中でパスタが味方になった瞬間ですね!

おっとり子はスプーンを使ってパスタを食べていましたが、「それは子供の作法だよ」と声に出したら恥をかかせてしまうことになるのでグッと堪えました(笑)

 

「いやパスタの話はいいだろう!」と厳しい声が聞こえてきそうなので、本題に戻しましょう。

食事中もおっとり子との会話はスムーズだったし笑顔も見られたので、悪い印象は与えていないと思います。職場の関係もあるので良好な関係を築いていこうと考えているのかもしれませんが。

まぁ可愛い女の子と友達になることすらこれまでの僕の人生にはなかったことなので、別に恋愛に発展しなくても関係が続けばそれでもいいです。

そんな考えもあってか、今回のデートは変に力が入らず素の部分も出せたような気がします。

中でも一番盛り上がったのは、お互いにスイーツ好きという部分です。

恥ずかしながら僕は30歳を超えたにも関わらず、スイーツを食べることが何よりの至福。お酒よりも甘いスイーツでストレスを発散しているタイプです。気持ちは女子そのもの。

「どこのパンケーキが美味しい」や「市販のスイーツでおすすめの品は何か?」などの話で盛り上がっていたからか、お腹はスイーツを受け入れる体制に突入していました。

とむ
とむ
なんか甘いものの話したら食べたくなってきましたね(笑)
おっとり子
おっとり子
私もですー(笑)何か注文しちゃいます?

せっかくなので、食後のケーキを注文しました。初めてのデートでまさかケーキを食べるなんて(笑)

しかし、ケーキを食べたのは僕にとっては追い風となり、なんと今度有名なパンケーキを食べに行く約束ができました!

共通点からデートの約束をするのは定番ですが、ここまで綺麗に決まるとは思ってもみませんでした。バルサ並みのパスワークからゴールを決めたそんな感じ。

恋愛として上手くいくかは別として、おっとり子と次のデートの約束ができたのは大きいです。

恋活を始めた当初は次のデートに行けないケースが多かったのですが、最近は次のステージに進める機会が増えてきています。女心がわかってきたということでしょうか!

帰宅後にLINEでお礼を言い、次のデートは週末の休日に決定しました。

スケジュールは1日空いているということだったので、パンケーキを食べるだけでなく水族館にも行かないか誘ってみたらあっさりOKの返事が。

相変わらずLINEの返事は遅いですが、順調に進んでいるような気がします。もしかしたら、おっとり子も僕の事を気に入っているのかもしれません(願望)

後は焦ってポカをしないことを意識して頑張りたいと思います!

公務員が26歳の事務補助員と水族館デートしてきた体験談同じ職場のおばちゃんから紹介された事務補助員のおっとり子と2回目のデートをしてきました。 初デートでスイーツ好きという共通の話題で...