とむの日常

男の一人暮らしに最低限必要なものを検討するためミニマリストになって生活してみた

社会人になり実家を出て一人暮らしを始めたばかりの話。

超がつくほどの面倒くさがりな僕は、家電とか家具とか揃えるのを後回しにして引越しの手続きを行ってしまいました。

まぁ何とかなるだろう精神で、実家から持っていったのはステーションワゴンに詰めれたシングルベッドのマットレスのみ。

殺風景な部屋に白いマットレスだけって新しいラブホテルの類を匂わせるけど、せっかくだしミニマリストの気分を味わいながら最低限生活するうえで必要なものは何なのか向き合ってみました。

これから一人暮らしを始める男子諸君のために、極限生活から本当に必要なものを紹介していこうと思います。

ちなみにトイレットペーパーとか消耗品はカウントしないからね。めんどいもん!

意外にも男の一人暮らしはベッドだけで何とかなる

1ヵ月くらいマットレス生活を送って気がついたことは、今までいかに不要なもので部屋が狭くなっていたということ。

ミニマリストを推奨したいわけじゃないけど、正直言って寝る環境だけ整えれば生活に大きな支障は出なかったです。

特に机とかソファとか家具関係は生きる上では全く必要ない。生活の質を高める道具だから、急いで揃えなくても全然OK!

所詮、人間なんて屁して寝るだけの生き物だから…

 

確かにテーブルがないと床に食事を置いて食べるという育ちの悪さが出ちゃうけど、ぶっちゃけ一人暮らしで部屋に人を呼ばない限り誰の目にも止まらないし。

そう、友達が極めて少ないぼっちボーイの僕には好都合さ…

とにかく、生きていくだけであれば寝具が揃っていれば一人暮らしは完結できるのだ!

 

よくよく自分の生活を振り返ると、家にいる時間ってかなり少なくて、家にいても寝る時間がほとんどだから当たり前っちゃ当たり前なんだよね。

テレビ・ソファ・テーブルとか実家にある当たり前のものをいざ失ってみても、案外不便さを感じないものなんだ。

ただ、この辺は価値観が大きく左右される問題だから、必要な人はテレビでもソファでも必要性を感じたら買ってもいいと思う。

 

現に僕もほぼ毎日家でブログを書いているから、机と椅子がないのはかなり不便だったし。

最初はベッドに寝っ転がって記事とか書いていたけど、さすがに集中できなくなるし体が痛くなるから椅子って重要だなと実感しました。

この実感が物凄く大事で、『必要だと自分が判断したら買う』ってルールを作れば無駄な出費をかなり抑えられるはず!

 

自分の趣味とかライフスタイルに合わせて、寝具以外に不便さを感じたらそれが自分に必要なものだと認識できるってことかな。

何もない状態で生活してみて不便に感じてから動き出せば、本当は必要のないモノを買わずに済みますよ。

そもそも暮らしてもみなきゃ必要かどうかなんてわからないもんね。暮らす前に考えても意味ないのさー

自炊するにしても徐々に揃えるべし!

一人暮らしを始めるからには自炊くらいは身につけたいと考えている人は多いけど、いきなり調味料や料理器具を揃えようとするのは間違い。

人間というのは単純かつ愚かな生き物で、最初は「自炊するぞ!」と鼻息荒く意気込んでも、実際に長続きする人はそうそういないから!(僕もやで!)

『自炊すると節約できる』ってイメージがあるけど、調味料に調理道具、冷蔵庫は最低限必要になるから初期投資は結構大きい。

これで自炊に飽きたら節約どころか大打撃を受けるハメになるから、自炊するにしても簡単なものから始めて自分の適性をチェックした方が絶対いい。

食材もその日のうちに使い切る量を買うようにして、最初は冷蔵庫は買わないで様子をみるべき。正直、夏以外はそんなに冷蔵庫の必要性を僕は感じられなかった!

仕事で疲れた体で料理を作るとかマジ拷問なんで、僕は毎日の自炊を早々に諦めてキッチン周りには必要最低限のものだけしか置いていません。

必要最低限の調理器具
  • フライパン
  • アルミ鍋
  • ザル
  • お玉
  • 圧力鍋

一人暮らしの自炊はこれだけあれば十分だから、料理にハマらない限りは余計な出費は控えるべし!

ちなみに圧力鍋はめちゃくちゃ使い勝手がよくて、これ一つで米も炊けるしパスタも茹でれるし、カレーも作れる優れもの。

買って損しなかった調理器具No.1に輝くね。

食器に関しても「誰か来客した時のために多めに買っておこう!」と判断する人もいるけど、自分家で誰かに料理を振る舞うなんてことなんてリア充以外はほとんどないから気にすんな!

一人暮らしの想像なんて現実には起こらない安心してくれ!

なお、冷蔵庫を置かないことで無駄な食事をしなくなったから、外食中心の生活でも思ったより金銭的負担にはならないこともわかった。

中途半端の自炊よりも外食の方が安上がりってこともあるんだね。もちろん安い定食屋さんを見つけることが前提だけど。

掃除機は不要!洗濯機は必要!

掃除に関しては、掃除機の必要性は感じませんでした。

100均のコロコロと雑巾さえあれば、部屋の掃除は問題なく済ませることができますよ。

そもそも物をほとんど置かないスタイルだから、掃除がクソ楽だというメリットも感じることができました。

ダイソンの吸引力もミニマリストの前では宝の持ち腐れですわ。

 

でも、さすがに洗濯機は必要性をビンビンに感じました。

お金の話になると、2年以上一人暮らしをするなら購入した方が元が取れる計算になります。

コインランドリーを利用すると1回300円はかかるとして、週2回で月2,400円洗濯代がかかるので、年間に換算すると約3万円です。

コンパクトタイプの洗濯機の値段は4万円を切るので、コインランドリーまで毎回行く面倒さを考えても洗濯機は必要でしょう。

 

試しに風呂場で揉み洗いしてみた時期もあったけど、脱水機能の素晴らしさを実感しただけの結果に。桃太郎のおばあさん大変な生活しているわ。

びしょびしょの洗濯物を干しても全然乾かないし、部屋干しならなおさら匂いがキツくなるし…

寝具に次ぐ第2位の必要性を洗濯機に与えたいと思います。

 

ちなみに、一人暮らし用洗濯機の中でコスパ最強なのはハイアールです。

僕も使っているけど、2万円以内で洗濯機が買えるなんてお得すぎ!

安くても、すぐ壊れたり爆音でうるさいってことは感じないから、普通に生活するぶんには何の問題も起きません。

一人暮らしで失敗したくなければコツコツ揃えることが大事

ミニマリストのメリット
  • 引越しの初期費用を抑えられる
  • 部屋が広くなり掃除が楽
  • 次の引越し代も安くなる

ミニマリストもどきの生活をしてみた結果としては、当面は寝具と洗濯機があれば生活するうえで大きな影響は出ないことがわかりました。

これから一人暮らしを始める男性のみなさんには、家具家電を一気に揃えるのではなく、生活をする中で不便に感じたら購入を検討するという方針をオススメします。

今回、ミニマリストの生活を体験してみて色々と気づかされたので、ぜひ皆さんも一度お試しあれ。

当たり前のことを疑うって大切なんだなって改めて気づかされた、そんな心地のいい気分です!

それでは、よきシングルライフを!