マッチングアプリ

3年ぶりにできた保育士の彼女とイチャイチャしすぎて即効で冷めて別れてしまった

ペアーズを利用して3ヵ月目で彼女(モデル子)ができた話の続きです。

アプリとLINEで濃厚な時間を過ごして、出会う前にはお互いが恋愛感情を持った結果、実際にデートして30分くらいで付き合ったわけですが、その後やっぱり上手くはいきませんでした。

ペアーズ開始3ヵ月目でスタイル抜群の保育士の彼女ができたぞ!ペアーズを利用して早3ヵ月。 アプリ内でのメッセージにも慣れてきたおかげで、実際に様々なタイプの女の子とデートをして恋愛偏差値を上...

結論から言うと、付き合った日以降、僕らは連絡を取らなくなり自然消滅しました!

つき もちお
つき もちお
3年ぶりの彼女を1日で失ったから、もはや彼女ができたうちに入らないような気がするけど…

人の感情というのがいかに薄っぺらいものだと思い知らされた出来事で、女性を好きになることの難しさと感情に流される怖さを痛感しましたね。

うーん、恋愛って難しいものです…

それでも3年間音沙汰なかった恋愛面に風穴をあけることができたのは成長の証だと認識しています。この経験を生かして、今度は長続きする素敵な彼女を見つけやりますよ!

では、今回のスピード破局に至った経緯を紹介していきます。恋愛経験のない男性ほど陥りやすい心理的なミスが原因なので、恋愛が苦手な方はぜひ参考にしてください。

性欲に踊らされイチャイチャしたくなる

無事にカップルになった僕たちは、目的地の公園に到着しベンチに腰掛けることに。

ここでは具体的な家の場所や仕事の話など、すっかり相手を信頼した僕たちはお互いのプライベートな情報を提供し合って仲を深めました。

しかし、ここから歯車が狂い始めてきます。手を繋ぎ体を密着しているうちに、僕の欲望が止まらなくなってきたのです…

女性とこんなに密着したのはお店以外だとかなり久しぶりで、愛情と性欲がごちゃごちゃになってしまったのですが、残念ながらこの時点では全く気がついていません。

つき もちお
つき もちお
付き合うことになったから彼氏面していいんだよね(笑)
モデル子
モデル子
うん、つきくんなら何でも許せちゃうよ。

密着して話していると当然ながら顔の距離が近くなり、僕はキスがしたくてしょうがなくなりました。完全なる性欲モンスターに変貌したのです!

ここからの展開は自分でも「気持ち悪いな」と思うため正直あまり公開したくないです(笑)

ただ、生々しい恋愛面を語ってこそ意味があるような気がするので包み隠さず話していきます。モテない男の気持ち悪い行動をどうか寛容な気持ちで受け止めてください!

モデル子の唇に近づくと、モデル子は「恥ずかしいよー」と照れていました。その姿に僕の欲望がノンストップに!性欲に体が支配されていたのでしょう。

つき もちお
つき もちお
モデル子、俺もう我慢できないかも(笑)
モデル子
モデル子
何がー?
つき もちお
つき もちお
キスしたくなった(笑)
モデル子
モデル子
えー、人いるもん。ダメだよー

確かに公園内には散歩をしている老夫婦や子供たちもいたため、ここでキスをするのは難しい状況でした。

 

しかし、性欲モンスターは諦めません。

 

つき もちお
つき もちお
じゃあ、人がいなかったらいいの?
モデル子
モデル子
人がいないとこってどこ?
つき もちお
つき もちお
まぁ、ホテルとか?
モデル子
モデル子
いきなりだね(笑)
つき もちお
つき もちお
付き合ったんだし、二人っきりでイチャイチャしたいんだもん!
モデル子
モデル子
私もくっつきたいけど…

モジモジしているモデル子を見て、これは押せばいける!と判断し、「とりあえず歩こうかー」と公園を後にし僕らは歩き始めました。

スマホでホテル街の場所をリサーチし、正確な場所はわからないまでもその方向に歩みを進めることに。

途中、モデル子が「お金を降ろしたい」と言ったので、コンビニに寄るついでに飲み物を買ってホテル街に向かいました。

モデル子
モデル子
なんか、つきくんは奥手かと思ったけど、いつもこんなに早いの?
つき もちお
つき もちお
いつもはこんな大胆なことできないよ!モデル子だからだと思うよー
モデル子
モデル子
私も会って初日に付き合ったことはこれまでも何回かあったけど、いきなりイチャイチャするのは初めてだからね(笑)

途中で道を曲がろうとしたら、「こっちは飲み屋しかないよ」とモデル子が道案内をすることになりました。やけにホテル街に詳しいので、彼女もこういう所には慣れているのかもしれません。

 

そして、モデル子に促されるままドン・キホーテの前に到着。

 

モデル子
モデル子
ここを真っ直ぐ行くとホテルたくさんあるよ。本当に行くの?
つき もちお
つき もちお
モデル子が嫌なことはしたくないけど、やっぱいきなりはやめておく?
モデル子
モデル子
ううん、大丈夫だよ

同意を得た僕は、モデル子の手を少し強く握り再び歩み始めました。モデル子も覚悟を決めた様子で僕に体を密着してきたのでドキドキが止まりません!

この時点で下半身は発情期を迎えてしまい、ホテルの前に辿り着くころには準備万全になり猫背のまま入室を果たしました。

賢者タイムで本当の答えがわかった

昼間とは言え休日なので、ホテルは満室御礼。皆さんの盛んですねー

10分で空くとのことだったので、案内されるがまま待合室へ。5分くらいで「お待ちのお客様どうぞー」と呼ばれフロントへ向かいました。

僕はホテルに慣れていなく、どういうシステムかわからなかったので店員の言われるがままに2時間3,980円コースを選択しました。

店員から鍵を渡され、エレベーターの前に立っていると、デリヘルらしき女性がフロントで受付をしていました。嬢と目が合ってドキッとしましたが、モテない男だと悟られたくないのか何故かカッコつける態度に(笑)

モデル子は嬢を見るのが初めてだったらしく、「あんな可愛い女の子もいるんだね」と驚いていました。

つき もちお
つき もちお
(まぁ可愛い子ばかりではないけどね…)

そんなこんなで、ようやくホテルの部屋にチェックイン!

上着をハンガーにかけた僕は、久しぶりのダブルベッドにテンションが上がり、まるで子供のようにダイブしてはしゃいでいました。傍から見たら童貞丸出しの行為ですな(笑)

モデル子はソファに荷物を置き、「寒くない?」と言いエアコンのスイッチを入れ暖房で部屋を暖め始めました。興奮状態にいた僕はむしろ暑いくらいだったので、冷房を入れてほしいくらいでしたが!

そして、モデル子がベッドにいる僕の横に座ったタイミングで「ここがチャンスだ!」と言わんばかりに顔を近づけ欲望のままキスをしました。

 

 

ここからは、ご想像にお任せします。

 

 

30分後(早いとか言わないで…)

 

 

モデル子
モデル子
つきくん、私と会ってガッカリした?
つき もちお
つき もちお
ガッカリするわけないじゃん。想像通りだったよ!

と二人の愛を確かめる時間になるはずが、僕の頭は「ヤバい、モデル子のことそんなに好きじゃない」という感情に支配されていました。

賢者タイムに突入した途端さっきまでの勢いがなくなり、まだ会って間もないモデル子への愛情がさっぱりなくなっていたのです。

ようやくわかったのですが、僕はモデル子のことが好きだったのではなく、早く彼女が欲しかったために恋に恋した状態だったわけです。

そして、性欲が都合のいいように解釈し「モデル子のことが好きだ!」と勘違いしていたと推測します。冷静に考えれば、電話で話しただけの相手を数時間で好きになるわけないですよね…

結果的にかなりゲスな行動をしてしまった僕ですが、もちろん最初からモデル子のことを騙すつもりは微塵もなく、むしろ僕自身がこの気持ちの変わりように整理がつかなく軽くパニック状態でした。

  • 今は賢者タイムだから気持ちが薄れているだけで、またモデル子への気持ちが復活する気がする
  • 自分から告白したくせに1日で別れるとか酷すぎるぞ
  • 電話で好きになった気持ちを忘れたのか?

など、モデル子とこのまま付き合おう的な考えも芽生えてきた一方で、

  • 実際に会って数時間の相手を好きになるはずがなかったんだ…
  • モデル子を傷つける結果になるけど、自分の気持ちに正直になった方がいい
  • 100%の気持ちがないのにモデル子と付き合うのは失礼だろう

など、別れる選択も頭をよぎりました。ぶっちゃけ「どうやったらモデル子を傷つけずに別れるか」すら考えたくらい。

疲れと葛藤から僕の口数はどんどん少なくなっていき、そんな僕の態度の変化にモデル子も気づいたのか、二人の間でギクシャクした空気が流れてきました。1時間前まであんなに盛り上がっていた二人が嘘のよう…

不穏な空気を感じたままホテルを後にした僕たちは、お昼ごはんを食べるために駅に向かって歩き始めました。

ギクシャクしたまま初デート終了

ホテルに行くまでは二人とも笑顔で話していたのに、今では目を見て話すこともできず「今日は暑いね」なんて当たり障りのない会話で凌ぐことしかできませんでした。当然ながら手を繋いで歩くことすらできずに、本当に初対面の女性と一緒に歩くといった感じです。

許されるなら早くこの場を立ち去りたかったです。しかしそれではヤリ目と同じことになるため、誤解されないよう誠意だけは見せようと思いました。

しかし、そんな僕の気持ちとは裏腹に口数は減る一方で、モデル子との関係は悪化の一途をたどるだけ。恋愛初心者の僕には修復するだけの力が残っていませんでした。

駅までの道のりは地獄そのもの。すでにモデル子も僕への愛情はなくなっていたでしょう。体を求めるだけの男だと誤解されても言い訳できませんね…

それでもお昼ご飯を食べれば何かが変わるかもしれない!と最後の希望にかけ、モデル子がオススメするラーメン店に行きました。

モデル子
モデル子
あそこの味噌ラーメン美味しいんだよ。いつも行列ができるけど1時過ぎてるし空いてると思う!
つき もちお
つき もちお
そうなんだー。お腹空いてきたから楽しみ!

なんとかテンションを上げようと頑張ったのですが、それを維持することはできませんでした。すぐに会話が止まり、また人見知りモードが発動…

席に着き、モデル子のインスタを二人で眺めていると、すぐに二人前のラーメンが出されました。気持ちが折れていたのかラーメンの味もそれほど美味しくはなかったです。

無言のままラーメンを完食した僕は、店に飾ってある有名人のサインを眺めることで何とか気まずい時間を潰していました。

この時点で「ここから普通に付き合うのは無理だな」と諦めモード突入です。電車の時刻を確認していると、いつの間にかモデル子も完食したもよう。

つき もちお
つき もちお
ごちそうさまでした!美味しかったよー
モデル子
モデル子
美味しかったでしょー。これからどうする?
つき もちお
つき もちお
ちょっと予定あるから今日は帰ろうかな。

会う前は1日中一緒にいたいと思っていたのですが、現実は午後3時で解散。まさかこんな感じになるとは思ってもみなかったです…

モデル子への申し訳なさや、自分への失望など、心の中で負の感情が膨らんでいった僕は、帰りの電車の中で恥ずかしながら少し涙を流してしまいました。

つき もちお
つき もちお
(何をやっているんだ俺は…)

恋活を始めてから女性にフラれて凹んだことは何度もありますが、今回の出来事はそれ以上に苦しいもので、恋愛慣れしていないとは言え一人の女性に対してあまりに身勝手で軽率な行動をとってしまった罪悪感がすさまじく、ダメダメな自分自身に嫌気がさしました。

家に戻ってもモヤモヤが収まらず、「とにかくモデル子に謝ろう…」とLINEで今の自分の気持ちを包み隠さず伝えることにしました。正直、モデル子に謝まることで自分が楽になりたかったのだと思います。

今日はありがとうございました!そして、すみませんでした。

今の気持ちを正直に話します。

電話で話していてモデル子のことを好きになったと本気で思っていました。でも、勢いだけでホテルに行ったことで、自分の感情が性欲ありきの考えであったことに気がついてしまいました。

気持ちの整理がつかなく途中からどう接していいかわかなくなり口数が減ってしまったけど、モデル子のことをガッカリしたり嫌いになったわけではありません。

僕は、モデル子に恋をしたのではなく、早く彼女を作りたいという焦りから無理に好きになろうとしていたのだと思います。

今日の僕の態度でモデル子を傷つけたことは本当に反省しています。でも、体目的で近づいたわけではないことは信じてほしいです。電話で話している一週間は本当に幸せでした。

長文のメッセージを送りモデル子の返事を待っていたのですが、未だに既読すらつきません。おそらく別れた直後にブロックされたのでしょう。当然の結果ですね…

今回の件で、自分の行動一つで女性に不快な思いをさせてしまうことがあると深く身に沁みました。

二度とこのようなことを起こさないために、自分を客観的に捉えて感情をコントロールする術を身につけていきます。こんな思いはもうしたくありません…

今回の失恋の教訓

今回の教訓
  • アプリ内で女性のことを好きになってはいけない
  • 電話しただけで女性のことを好きになってはいけない
  • 会った初日に告白しない
  • 性欲を理解したうえで理性で判断する

学生の頃から普通に恋愛してきた人にとっては「そんなの当たり前じゃん」という内容かもしれませんが、30代になってまともな恋愛をしてこなかった僕にはできなかったことです。

今思えば「何でこんな行動をしたのか」と後悔しかないですが、恋は盲目と言うように当事者になっている間は自分のミスに気がつかないもの。特に感情のコントロールは頭で理解するだけでなく行動で示さないといけません。

これから恋活を始める恋愛初心者も僕と同じ境遇に陥る可能性があるので、この教訓を頭の片隅に入れておけばきっと役に立つ時がくるでしょう。自分が傷つかないだけでなく、女性を傷つけないためにも僕を反面教師にしてください。

僕自身もこの教訓を忘れず、次会う女性には誠意を持って接していくことを誓います!今はまだ辛い気持ちが多少ありますが、これは時間が解決してくれるはずです。

つき もちお
つき もちお
まずは惚れっぽい性格から何とかしなくてはいけないね…