ニキビ

プロアクティブの対象年齢は何歳から?小学生が使用しても大丈夫か聞いてみた

思春期ニキビケアの第一人者であるプロアクティブですが、CMを見ると中学生や高校生の世代が使用者の中心となっています。

僕の場合、ニキビができ始めたのが中学1年時でしたが、クラスメイトには小学校5年生くらいからニキビに悩まされている人もいました。

そこで疑問に思ったのが、「プロアクティブは小学生が使用しても大丈夫なのか?」ということ。

これは考えても答えがでないので、プロアクティブを販売しているガシー・レンカー・ジャパンに直接質問して解決しました。ニキビに悩んでいる小学生のお子さんがいるお父さんお母さんは、ぜひ参考にしてください。

プロアクティブの対象年齢は何歳から?

プロアクティブは薬機法(旧薬事法)に基づき、日本人の肌に合わせた濃度で配合しているため安全性はありますが、サリチル酸系のニキビケア商品なので他の化粧品と比べると肌への刺激は強いです。

僕自身、高校生と大学生の頃にプロアクティブを使用していた時期がありましたが、その時感じたイメージは「ニキビができにくい肌を一から作るというよりは、有効成分により強制的にニキビを予防する」といったものでした。

ですので、まだ成長途中の小学生や中学生の肌に使用していいのか微妙なところで、個人的には「肌が荒れるのでは?」と予想します。

僕の意見だけでは確証を得られないので、実際に販売会社に質問してみました。

Q:プロアクティブは何歳から使用できるのでしょうか?

A:目安として12歳以上の方の使用をお願いしています。お子様がお使いになる場合には、保護者の方がご使用方法やお肌の状態を一緒に確認していただければと存じます。

プロアクティブには年齢制限があるため、小学生は対象外になるということがわかりますね。

大人でもプロアクティブの刺激で肌がかぶれたりする人もいますので、販売会社の言う通り小学生への使用は止めておいた方がいいでしょう。

ニキビに悩むお子さんにプロアクティブを試してあげた気持ちはわかりますが、小学生のうちから刺激の強い化粧品を使用していると後々別のトラブルで悩むことも考えられますので、ここはグッと堪え違うアプローチを考えていきましょう。

小学生の正しいニキビケアとは?

小学生の肌はデリケートであるため、変な刺激を与えると余計ニキビが悪化してしまいます。ぷつぷつと白ニキビが出る軽度なレベルであれば、正しい洗顔をマスターするだけでOKです。

下手に化粧水やらクレアラシルなどを使用すればその刺激で酷くなることもあるので、まずは洗顔だけで様子をみましょう。

ただし、現時点で赤い炎症ニキビができている重症レベルであれば、皮膚科に連れて行き漢飲み薬や塗り薬を処方してもらいましょう。中学生になるまで待ってプロアクティブを使用するのもいいですが、ニキビ跡を残さないためにも早めに皮膚科で治療することをお勧めします。

 

小学生でニキビができる体質の子供だと、10代はニキビとの戦いが続くことが予想されます。元々ニキビができやすい体質なので、長く付き合える皮膚科医と出会う方が有効な治療法と言えます。

ニキビの炎症が酷い時には、皮膚科の先生と相談しながら抗生物質を短期間だけ飲むなりディフェリンゲルなど塗り薬を試してみるなどの治療を選択してください。

素人判断で色々な化粧品を使っても肌がボロボロになる可能性が高いので、まずは洗顔と皮膚科の薬だけで対処するのが望ましいです。

小学生にはノンエー石鹸がオススメ

プロアクティブの対象年齢に関して、メーカーが12歳以上と指定しているため小学生は使用しない方がいいです。ニキビが余計悪化することも考えられるので、小学生にはプロアクティブ以外の洗顔料を試してください。

ピーリング成分が配合されているなど刺激の強い洗顔料は、デリケートな子供の肌との相性が良くありません。このため、小学生でも安心して使える洗顔料を選ぶことが子供のニキビ予防には重要だと言えます。

「何を使ったらいいかわからない!」という方は、洗浄力もあり肌に優しい成分にこだわっているNon A(ノンエー)石鹸がオススメです。もし自分の子供がニキビに悩んでいたら、迷わずノンエー石鹸で洗顔させます。

小学生のお子さんがニキビに悩んでいるなら、ぜひ一度試してみてください。

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想ニキビに効果的な洗顔料を調べると有名なNonA(ノンエー)石鹸に辿り着きますよね。 口コミの評価も高い人気の固定石鹸なので、「自分...

思春期ニキビは酷くなるスピードが早いため、気がついたら顔中ニキビだらけになることもあります。こまめにお子さんの肌状態を確認しながら、酷くなる前に皮膚科での治療も視野に入れましょう。お子さんが危険な治療を自己判断で進めないよう、親がしっかり見守ることも大切です。

 

▼小学生のスキンケアについては、以下の記事が参考になります。

小学生も洗顔と化粧水が必要?子供のニキビ肌スキンケアを解説する思春期ニキビは中学生からのイメージが強いですが、早い人では小学生の頃から悩まされます。 僕の同級生にも、小学4年生からニキビができ...