ニキビ

思春期ニキビに苦しむ子供にプロアクティブを買うのは果たして正解なのか?

プロアクティブのCMを見ると出演者のほとんどが10代の子供ですが、これはプロアクティブが思春期ニキビに悩んでいる人をメインターゲットにしているからです。

このため、青春真っ只中の中学生や高校生にとっては、プロアクティブがまさにニキビの特効薬のような商品に見えますよね。

「ニキビに悩んでいるならとりあえずプロアクティブ」というイメージがあります。

僕も青春時代にプロアクティブを使用したうちの一人です。あの頃は、藁をもすがる思いでプロアクティブを使用していました。「プロアクティブじゃなければ、僕のニキビは治らない!」とまで信じていたくらい。

思春期ニキビが完全に治った大人の今、「思春期ニキビ治療において本当にプロアクティブは効果的なのか?」をテーマに経験者のリアルな口コミを紹介していきます。

プロアクティブは思春期ニキビ効果ある?

プロアクティブの口コミを見ると

  • ニキビが治った人
  • ニキビが治らなかった(悪化した)人

など様々な意見があり、どちらの意見を参考にしたらいいか悩みますよね。

これはプロアクティブに限ったことではなく、化粧品は肌との相性が影響するため人気の商品ほど賛否両論あるのは当然のことです。人気商品である証拠でしょうね。

 

僕自身は、プロアクティブの効果を実感した時期もあれば肌が荒れた時期もあったので、肌との相性は正直微妙です。

具体的に言うと、おでこニキビはプロアクティブを使い始めてから徐々にできなくなり効果を実感したのですが、頬ニキビは使用直後こそ調子が良かったのに1ヵ月くらい経つとポツポツとニキビができやすくなりました。

プロアクティブを中学生・高校生・大学生の頃に何回か試したことがあるのですが、毎回こういった症状になるんですよね。

  1. プロアクティブを使いニキビが少なくなる。
  2. しかし、少し経つとニキビが増え始めて使用を中止する。
  3. 他の商品を色々試しても治らなくて、再びプロアクティブを注文する。

学生の頃はこの連鎖を5回ほど繰り返しましたが、毎回同じ経過になるんですよ。

頬ニキビに関してだけ言うと、プロアクティブは使い始めはめちゃくちゃ効果を実感するのですが、長期間の使用は僕の経験上あまりいい印象がありません。

 

ただし、これはあくまで僕の肌での結果であり、プロアクティブの効果を否定しているわけではありません。

むしろ、最初の1ヵ月くらいはニキビが少なくなるので、効果があると実感しています!おでこニキビはプロアクティブでめちゃくちゃ改善しましたからね。

こんな人にはプロアクティブ
  • おでこニキビが気になる
  • 白ニキビがプツプツとたくさんできやすい
  • 肌が強い方である

おでこニキビが酷い人は、プロアクティブとの相性がいい傾向にあるので、上記に当てはまる人はぜひ試してみてください。

頬ニキビに関しては、僕みたいに最初こそニキビ予防ができても数ヵ月後から効果が出なくなる人、最初から肌に合わない人など様々いるでしょう。

頬ニキビの原因は複雑で、思春期特有の皮脂の過剰分泌以外にも受験や人間関係のストレス、生活環境など様々な要因が複雑に絡まり合っています。

ホルモンバランスを崩してしまうと、プロアクティブに含まれる有効成分サリチル酸の刺激で肌が荒れることもあるので、頬ニキビが酷い人は肌の様子をチェックしながら慎重に試してください。

プロアクティブ公式ぺージはコチラ

プロアクティブはニキビを治す特効薬ではない

プロアクティブをニキビ薬だと認識している人もいますが、それは誤解です。

そもそもスキンケア商品は、薬機法で定められている成分しか配合できなく濃度も一定以下と決まっています。このため、ニキビを治療するほどの成分や濃度を配合することはできません。

つまり、プロアクティブはニキビを予防する効果は期待できますが、今できているニキビを治す力を期待することはできません。

プロアクティブを使えばニキビが簡単に治ると安易に考えて、短期間での効果を期待するのはやめましょう。

 

特に思春期ニキビは体質的要因が大きく影響するので、遺伝的にニキビができやすい人がニキビをゼロにすることは正直難しいです。プロアクティブと相性がいいからと言って、ニキビが全くできないとも限りません。

1個ニキビができるたびに憂鬱な気分になっては、ストレスにより肌環境が悪くなる一方なので、ニキビを必要以上に気にしないというのも大切な考えになります。

思春期の頃は一刻も早くニキビを治したい気持ちになりますが、化粧品だけの力でニキビを治そうと考えてもほとんどは結果には結びつきません。

これは僕も失敗したことですが、1日に何回も洗顔したり化粧品を使ったりした結果、過度なスキンケアにより肌がボロボロになりました。僕の経験からもわかるとおり、ニキビケアに焦りは禁物です。

プロアクティブでニキビができにくい肌を作ることができれば、ニキビ肌は徐々に綺麗になるので焦らずじっくり向き合いましょう。

プロアクティブを使用して1ヵ月経ってもニキビが悪化する人は、プロアクティブが自分の肌には合わないのだと判断して次の選択肢を探すのが賢明です。

プロアクティブが肌に合わない人の選択肢

プロアクティブが肌に合わない人は、肌への刺激の少ないアイテムを選びましょう。

特に洗顔料選びは思春期ニキビ予防には重要で、僕が中学生・高校生にオススメする洗顔料はNonA(ノンエー)石鹸になります。

ノンエー石鹸はプロアクティブと比べると肌の負担になる成分が少ないのが特徴で、プロアクティブで肌がピリピリした敏感肌の人もノンエー石鹸との相性はよく、安心して使用することができます。

肌に優しいですが、洗浄力は高いので皮脂量が多く毛穴詰まりが起きやすい思春期の学生の肌でも朝晩2回の洗顔で清潔に保つことが可能です。

また、プロアクティブのスクラブ洗顔と違って、石鹸での洗顔は泡で洗うのが基本になるため、ゴシゴシと力いっぱい洗いやすい子供でも肌を傷つけるリスクが減るメリットもあります。

付属品の泡立てネットを使えば不器用な方でも簡単にモコモコ濃密泡が作れますよ。

大人ニキビにもオススメできる洗顔料なので、ニキビの炎症で弱った頬の肌に合わせた洗顔料選びにはノンエーが最有力候補に挙がります。

Non A公式ぺージはコチラ

ノンエー(Non A)石鹸をニキビ肌の僕が実際に3ヵ月使ってみた感想ニキビに効果的な洗顔料を調べると有名なNonA(ノンエー)石鹸に辿り着きますよね。 口コミの評価も高い人気の固定石鹸なので、「自分...