ニキビ跡

リプロスキンはニキビ跡に効果ある?2年間使用したリアルな口コミ評価

ニキビケアで苦労した方の多くが、今度はニキビ跡による赤みやクレーターに悩まされます。

僕もその一人で、スキンケアや食生活も見直したりメンズエステに数十万かけて通いましたが、一向にニキビ跡は消えませんでした。

「もうボツボツは一生治らないのか…」と諦めかけた時、ニキビ跡に効くと噂の化粧水「リプロスキン」と出会いました。

「リプロスキンって本当にニキビ跡に効果があるの?」と試そうか悩んでいる方へ、この記事では2年以上愛用した僕がリプロスキンの効果についてリアルな口コミを紹介します。

リプロスキン公式ページ

リプロスキンがニキビ跡の赤みに効く理由

リプロスキンの有効成分であるニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-Fやグリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビの炎症の沈静化や予防に効果的な成分ですが、直接ニキビ跡に作用するわけではありません。

このためリプロスキンを使ったからと言って、即効でニキビ跡が治ることはほとんどないでしょう。

ただ、これはリプロスキンに限らず化粧品全般に言えることです。化粧品は医薬品と比べると配合できる成分や濃度に限界がありますからね。

 

それでもリプロスキンで毎日ケアすることで、ニキビ跡の赤みを少しずつ薄くする効果は期待できます。

リプロスキンがニキビ跡の赤みに効果がある理由として、乱れたターンオーバーが整い慢性化した肌の炎症が落ち着くことが一番の要因だと僕は分析しています。

ニキビ跡が残りやすく消えない肌というのは、ターンオーバーが乱れていて古い角質が肌に残っている状態です。角質層が固く厚くなり美容成分が肌の奥まで届けることができないため、なかなかニキビ跡が改善しないのです。

ニキビ跡ケアと聞くと有効成分に注目しがちですが、どんな成分でも肌に浸透しなくては意味がありませんからね…

そこで、肌をふっくら柔らかくしてニキビ跡にアプローチするために作られたのがリプロスキンです。美容成分を肌の奥に届けることから導入化粧水とも言われています。

 

リプロスキンを使う前の僕の肌は毎日どこかしらにニキビができていて、治っては新しいニキビができるのを数年繰り返していたため、僕の肌は常に炎症を起こしている状態が当たり前でした。

外部の刺激にも敏感ですぐにニキビができる僕の肌が、リプロスキンを使い始めてからは肌が徐々に潤いを取り戻してプニプニと柔らかくなったのを実感できました。触った感覚が明らかに以前とは違いましたよ。

ターンオーバーが正常な28日周期になり古い角質が排出されることで、ニキビ跡の赤みはどんどん薄くなります。

「本来の肌機能を取り戻して肌を綺麗にしていく」というやり方が、スキンケアでできるニキビ跡対策と言えますね。

ターンオーバーを整える方法としてはケミカルピーリングも候補に挙がりますが、ピーリングの刺激で余計ニキビが増えることもあるので、まずはリプロスキンで赤ちゃんのような肌に近づけることから始めましょう。

リプロスキン公式ページ

リプロスキンでクレーター(凸凹)のニキビ跡は治らない?

真皮層以下の肌はターンオーバーが行われないため、一度傷ついてしまうと自力で生まれ変わることができません。

つまり瘢痕組織の広がりにより真皮層の肌まで凹んでしまうと、ターンオーバーによる自然治癒が不可能になります。

クレーターを改善させるためには、瘢痕組織を正常な肌細胞に生まれ変わらせることが鍵を握っていますが、化粧水の成分が浸透するのは角質層までで真皮層にまで辿り着くことができません

たとえ化粧水に瘢痕組織を正常化できる成分が配合されていても届かなければ意味がありませんよね。

肌はこんなに層があるのに化粧水が浸透するのは角質層までって、にわかには信じにくい話ですが事実です。

これは外からの異物を肌に取り込まないよう肌のバリア機能が働くからです。

肌を守るためのバリア機能が肌の再生を拒む障害になるとは困ったものですね。

そして化粧水が真皮まで届かないという事実は、リプロスキンも例外なく該当します。

リプロスキンを肌につけても真皮層の瘢痕組織に影響を与えることができない以上、当然凸凹肌が改善することはありません。

でもこれってリプロスキンが詐欺商品だとか騒ぐレベルの話ではなく、そもそも化粧水だけでクレーターを改善させるってこと自体が夢のまた夢の話だということを物語っています。

ただ、化粧水でクレーターが治らないからと言って、何もしないとクレーターが余計目立ってしまいます。

これはスキンケアを怠ることで肌の水分量が少なくなり、ターンオーバーが遅れて角質層の肌が厚く硬くなるからです。

乾燥した肌はキメが粗くなることで、光を反射しなくなりクレーターの凹みが余計目立ちます。

しかもニキビが酷くなりクレーターがさらに重症化する可能性もあるため、これ以上の悪化を防ぐためにもクレーター肌の人でもスキンケアは重要です。

 

また、アンコアやフラクセル2などレーザー治療を検討している方も、スキンケアで肌を健康な状態に整えることが大切です。

というのもレーザー治療は肌の再生力を利用しているので、肌の回復力が弱いと治療効果が落ちるからです。

つまり、レーザー治療の効果をより発揮させるためにも、スキンケアで肌を健康な状態に保ち肌の力を最大限引き出すことが重要ということですね。

クレーター治療を諦めるか毎日のスキンケアを頑張るかはその人次第ですが、少しでも目立たなくしたい気持ちがあるならリプロスキンを使うことをオススメします。

リプロスキン公式ページ

リプロスキンはニキビ跡にどのくらいの期間で効果が現れるか

ターンオーバーにより肌は28日周期で生まれ変わりますが、だからと言って28日後に赤みが消えるということはまずあり得ません。

リプロスキンを使った直後に目に見える変化はありませんので、最低でも半年は継続する覚悟がない人にはオススメできないです。

ただニキビに関しては、比較的早い段階で少なくなったと実感できる可能性があります。

ニキビがなくなるだけで肌全体が綺麗になるので、そういう意味では早い段階で「他の化粧品とは違う!」と感じることはできるでしょう。

誰しもが同じ期間で改善するわけではありませんが、効果を判断する基準としては3ヵ月~6ヵ月を目安にするといいでしょう。

もちろん洗顔や乳液など他のスキンケアも完璧にしないと効果は半減します。またスキンケアだけに頼らず、日々の生活習慣も見直してください。

リプロスキンがニキビ跡に効果がないという皮膚科医の話

リプロスキンは効果がないという声もネットでよく見かけますし、医者から見たリプロスキンの評価でこんなことが記載されていました。

当院に来院された患者さんで、ニキビ跡にリプロスキンの効果があった方は、一人もいません。(効果があったなら当院を受診する必要はありませんからね。)

出典:肌のクリニック院長の肌ブログ

先ほども説明しましたが、リプロスキンは直接ニキビ跡に作用するわけではないのでターンオーバーだけで治らない重度のニキビ跡には効果がありません。

これは僕の推測ですが、医者に行くって人は相当重度な症状なんだと思います。それほどの悩みが化粧品で解決するんだったら医者はいらないですよね。

ニキビ跡を治すためにリプロスキンだけに頼るから、批判的なコメントがあるのだと思います。

だからニキビ跡の赤みが濃かったり範囲が広い症状の場合は、リプロスキンだけで解決できないと思っていいです。スキンケアだけでは改善できないので、そこまで酷い場合は美容外科や皮膚科での治療を検討するレベルだと考えましょう。

 

さらに、リプロスキンだって他の化粧品と同じで肌との相性がありますので、全ての人が効果を実感することは100%あり得ません。僕だって口コミで高評価だった化粧品を使ったのに、めちゃくちゃ肌荒れしてニキビが大量にできた経験もあるくらいですし。

つまり、リプロスキンを使ったからって必ずニキビ跡が治る保証はありません。

肌との相性は使ってみないとわからないのはリプロスキンに限らず化粧品全般に言えることなので、こればかりは自分で試して検証しないとわからない問題となります。

僕の場合、リプロスキン以外の化粧水を使うと何故だかニキビができるので今は手放せません。本当に肌って不思議ですよね。

 

まとめるとリプロスキンが効果あると言う人もいれば効果がないと言う人もいるのは当たり前のことです。

どっちの意見が正しいとかじゃなくて、どっちの意見も正しいってことです。僕から言えるのは「ニキビ跡に悩んでいるならリプロスキンは試してみる価値がある」ということだけです。

リプロスキンの使用感・安全性

着色料・パラペン・アルコールといった肌の負担になる成分が配合されていない無添加化粧水なので、化粧品との相性が不安な方でも安心して使えます。

実際に使用してみると、中身は無色透明でサラッとしており、肌につけてもベタベタすることがありません。皮脂が気になるオイリー肌でも問題なく馴染みますので、肌質や性別によって相性が悪くなるという印象は全く受けません。

だいたい500円玉くらいの量を手のひらに乗せれば顔全体に浸透させることができます。結構多めに使ってるかなと思っても、1本で1ヵ月半くらい持ちますのでコスパも高いです。

肌荒れしやすい僕でも、リプロスキンでピリピリしたり刺激を感じたことは一度もありません。全員が肌荒れしないとは言い切れませんが、安全面は化粧水の中でも高いレベルにあると思います。

保湿力と浸透力の高さを実感!

ニキビで弱った肌にリプロスキンを塗ると、ぐんぐん吸い込まれる浸透力の高さにビックリしました。

リプロスキンの浸透力の高さの秘密は、独自の浸透技術「ナノBテクノロジー3.0」にあります。

ナノテクノロジーとブースター機能を掛け合わせた技術により、美容成分のサイズをコントロールしたり成分をカプセル化することで素早く肌に馴染ませることができるのです。

また、ただ浸透させるだけでなく成分に合わせて長く留めることも可能となるため、保湿成分や有効成分の効果を最適化できるようにもなりました。

実際にリプロスキンを使ってみて、肌への浸透力や保湿力がニキビ跡ケアには大事なのだと認識できました。これまで様々な化粧水で効果を実感できなかった大きな問題が、化粧水の浸透力の差だと痛感しましたね。

リプロスキンのデメリット

  • 赤み・色素沈着に有効なビタミンCが配合されていない。

デメリットをあえて挙げるとすれば、ニキビやニキビ跡に有効な成分であるビタミンCが含まれていないことぐらいです。

もちろんニキビ跡にはビタミンC誘導体配合の化粧水が効果的ということも間違いではありませんが、リプロスキンはターンオーバーを促進する成分と浸透力の高さが売りなので大きなデメリットにはなりません。

ニキビ跡をより効果的にケアしたいのであれば、リプロスキンを使った後にビタミンC誘導体化粧水や美容液を使用するといいでしょう。

リプロスキンの導入効果を利用すれば効率的にビタミンCを浸透させることができますので、余裕のある人はリプロスキンだけでなく高濃度ビタミンC配合の美容液も検討してはいかがでしょうか。

ビタミンC美容液の中で僕がオススメするビーグレンのCセラムは、赤みケアとの相性が抜群にいいので、ぜひこちらも検討してみてください。

安価の1週間セットから始めることができるので、敏感肌の人でも安心して試すことができますよ。

ビーグレンニキビ跡ケアの効果と口コミを汚肌マンが検証するニキビ跡ケア商品を探すと、必ずと言っていいほど目に留まるのがビーグレンです。美容液んのCセラムが特に有名ですよね。 ニキビ跡の赤み...

ニキビ跡ケアは迷わずリプロスキンで決まり!

こんな人にはリプロスキン!
  • ニキビ跡の赤みに悩んでいる人
  • ニキビ跡だけでなくニキビも治っていない人
  • クレーター治療を始める人のスキンケアアイテム
  • 市販の化粧水が肌に合わない人

ニキビ跡の赤みを効果的にケアするためには、ターンオーバーを活性化させることが重要です。

医薬品や美容外科治療と比べるとスキンケアがもたらす作用は僅かかもしれませんが、それでもリプロスキンを根気よく使用続ければ徐々にターンオーバーが整う可能性が高いです。

また、重度のニキビ跡治療を始める際も、リプロスキンでケアすることでレーザー治療などの効果をより発揮するサポートができます。

こうした理由からニキビ跡が気になる方のスキンケア商品として、数ある化粧水の中でリプロスキンが頭一つ抜けていると僕は判断しています。

何をやってもニキビ跡が改善しない人は、少しずつ自分の肌に自信が持てるようリプロスキンを試してみましょう。

リプロスキン公式ページ