ニキビ

小学生も洗顔と化粧水が必要?子供のニキビ肌スキンケアを解説する

思春期ニキビは中学生からのイメージが強いですが、早い人では小学生の頃から悩まされます。

僕の同級生にも、小学4年生からニキビができ始めた男の子がいました。稀なケースですが小学生でもニキビはできるのです。

自分の子供がニキビに悩んでいる時は、親が正しい知識でケアしてあげることが重要です。

たかがニキビと甘くみていると、大人になってからもニキビ跡が残ってかなり苦労しますから。

 

ただ、小学生のスキンケアって大人と同じ考えでいいのか悩みどころではないでしょうか。

成長の終わっている大人ならニキビ予防のために洗顔や保湿などスキンケアを徹底しますが、まだ成長途中の小学生だと余計なことしてニキビが悪化しないか判断が難しいですよね。

この記事では、思春期ニキビで苦しんだ僕がニキビ肌の小学生の正しいスキンケアを紹介していきますので、参考にしてください。

ニキビ肌の小学生は洗顔が必要

何もしないで放っておくと、どんどんニキビが増える状況では小学生でも洗顔が必要です。

小学生のニキビの原因は中学生から始まる思春期ニキビと同じで、男性ホルモンの過剰分泌によることが主な原因です。

男性ホルモンが過剰に分泌することで、角質肥厚や皮脂量の増加が促進され、毛穴を詰まらせるリスクが高まります。

特に皮脂量の増加による毛穴詰まりは正しい洗顔により改善できるので、ニキビ肌の小学生は洗顔するべきです。

 

ただし、洗顔が必要だからと言っても間違った方法ではニキビを悪化させることに繋がります。

小学生のうちから力任せにゴシゴシ洗う癖がつくと、肌を傷つけて余計にニキビが悪化したり乾燥を促進させることになり、中学生や高校生になってもニキビが一向に治らず最悪ニキビ跡が残る可能性が高まります。

洗顔が下手な人は他のケアをいくら頑張ってもニキビが治ることはありません。

それくらい洗顔は重要なのです。肌が健康な状態でなければニキビが何度も繰り返しできますからね。

泡立てネットの使い方から泡で優しく洗う方法までマスターしましょう!

 

洗顔回数については朝晩2回の洗顔が基本ですが、人によっては朝は水だけの洗顔で夜だけ洗顔料を使う方が肌の調子が良くなることがあります。

こればかりは実際に試してみないとわからないことなので、まずは朝だけ水洗顔にして夜お風呂に入る時に洗顔料を使ってみることから始めてみましょう。

正しい洗顔をしているのにニキビが治らない場合は、朝も洗顔料を使って様子を観察して自分の肌に合ったやり方を探してください。

思春期ニキビは洗顔だけで治らないケースもあります。体質的な影響を受けやすいので、洗顔だけでなく医療薬の力を借りないと治らない人もいます。お子さんが炎症ニキビで顔が真っ赤になっているなら必ず皮膚科に診てもらいましょう。

ニキビ肌の小学生にオススメの洗顔料

ニキビ肌の小学生は洗顔が必要ですが、裏を返せば洗顔選びを間違えると確実にニキビは悪化します。

ギャッツビーやアクネスなどドラッグストアで購入できる商品を選択しがちですが、市販の洗顔料には肌の負担になる余計な成分が含まれているものが多いのでオススメできません。

僕も中学生の頃にドラッグストアの洗顔料は網羅しましたが、どれを使ってもニキビが治ることはありませんでしたから…

また、ニキビケアで有名なプロアクティブも小学生は対象年齢外なので、どうしても試したいなら中学生になるまで待ちましょう。

プロアクティブの対象年齢は何歳から?小学生が使用しても大丈夫か聞いてみた思春期ニキビケアの第一人者であるプロアクティブですが、CMを見ると中学生や高校生の世代が使用者の中心となっています。 僕の場合、ニ...

ニキビ肌の僕が、これまで様々なタイプの洗顔料を使ってきた中では、固形石鹸がオススメです。

ただし、固形石鹸は天然由来で安全と言われていますが、最近では角質を溶かすピーリング成分など本来洗顔に不要な成分が含まれている石鹸が増えています。

一概にピーリング成分が悪いとは言いませんが、少なくても小学生の肌には刺激が強い成分になるので僕はオススメしません。

小学生のうちは、余計な成分が含まれていなく安全に使い続けることができるシンプルな固形石鹸を選びましょう。

ニキビ肌の小学生にオススメはNon A石鹸

思春期ニキビに悩まされた僕がオススメする固形石鹸はNon A石鹸です。

固形石鹸なので洗浄力が高く余計な成分も含まれていないため、小学生の洗顔料に最も有力な候補に挙がります。

もちろんピーリング成分も含まれていないので、肌がピリピリする可能性も低いです。

ニキビケアに有効な抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていますので、すでにできたニキビの炎症を和らげる効果も期待できます。

その他にもダイズエキスやヒアルロン酸など低刺激で有効な成分が含まれているため、成長期の敏感な肌でも安心して使うことができますよ。

泡立てるとわかりますが、弾力とキメ細やかさが他の洗顔料とは別格です。石鹸とは思えないモチモチでクリーミーな泡が簡単に作れますよ。

ニキビができている肌は炎症によるダメージで傷ついている状態なので、ゴシゴシ洗いになりがちな小学生にはモチモチの泡で洗うことが大切です。

NonA石鹸はクッション洗顔と呼ぶにふさわしい商品なので、ニキビで弱った肌との相性は抜群です!

正直、僕も子供の頃にNonA石鹸に出会っていれば、ニキビ跡が残らずに青春時代~20代前半を楽しく過ごせたかもと想像することが今でもあります。

当時は洗顔について知識不足で、ゴシゴシ洗いもしてましたし刺激の強い安い洗顔料を使っていました。今思うとニキビが治らなくて当然だなと痛感します…

NonA石鹸は市販の洗顔料よりも若干高い金額で販売されていますが、その分効果が期待できるので後悔する買い物にはなりません。

いつか僕にも子供ができたら体質遺伝のせいで思春期ニキビに悩むでしょう。そんな時、僕なら迷わずNonA石鹸を試してあげます。

ニキビ肌の小学生の洗顔料選びに悩んだら、まずはNonA石鹸から始めましょう。

 NonA公式ページ

ニキビ肌の小学生でも化粧水は不要

人間の肌は生まれた頃をピークに水分量は下がりますが、小学生ですと水分量は十分に足りていますので特別な保湿は必要ないと言えます。

僕の考えでは保湿は高校生以降からでOKです。アトピーや体質的に著しく乾燥肌の場合以外は、洗顔後のケアは不要と考えてください。

下手に化粧品を使うと肌の水分バランスを崩して余計ニキビを増やす原因になります。化粧水をつければニキビが治るなんて簡単な話ではないですからね。

化粧水って肌にいい成分だけが含まれているわけではなく、中には肌にとって負担となる成分も含まれていますから…

 

また、化粧水だけのケアだと逆に肌を乾燥させることがあります。

化粧水の大半は水で構成されているので、肌につけても潤うのは一瞬のことで、実際にはほとんど蒸発してしまいます。

蒸発するだけなら問題ないのですが、周りの水分まで一緒に蒸発させてしまうため、化粧水をつける前よりも肌が乾燥してしまうことも…

小学生の頃から化粧水をつける習慣が身についてしまうと、肌の水分バランスが乱れやすくなり、ニキビが余計酷くなることも考えられますので、スキンケアは洗顔のみで様子を見た方がいいでしょう。

むやみに化粧品を試すのは、肌をボロボロにする原因になるので慎重に対応してくださいね。

小学生のスキンケア|まとめ

小学生のニキビケアは、洗顔が基本です。正しい洗顔テクニックを習得して、キメ細やかな泡で丁寧に優しく洗うことを徹底しましょう。

さらに、洗顔料選びも大切です。洗浄力は高いけど、肌の刺激の少ない洗顔料を選びましょう。

肌との相性が良ければ、ニキビが少なくなるのを実感するでしょう。

ただし、洗顔だけでニキビが治らないお子さんもいます。この場合、無理に化粧水をつけたり市販のニキビ薬を使うと余計ニキビが悪化する可能性が高いです。

思春期ニキビは体質的な問題が大きいため、スキンケアで対処するよりも皮膚科で処方される薬が効果的です。お子さんが嫌がっても、一度皮膚科へ連れて行くべきです。