ライフスタイル

中学生の彼氏へのバレンタインチョコの上手な渡し方シチュエーションを紹介する

今時の中学生って普通にカップルになるらしいけど、マジで羨ましい!

僕が中学生の頃なんて、付き合える奴なんて選ばれしごく僅かだったからさ。

  • 足の速い奴
  • ヤンキー
  • ノリのいいイケメン

このような属性に染まらない限り、彼女ができることなんて夢のまた夢の世界だったよ。

 

まぁ僕の苦い恋愛事情はさておき、中学生だったら旅行とか遠出もあまりできないから、イベントごとは重要な思い出作りのチャンスだよね。

特に女子ならバレンタインは絶対外せないから、しっかり準備をして最高の思い出を作っちゃいましょう!

ただ、中学生だと他の生徒や学校の目もあるから、どのタイミングで渡せばいいかとか悩んで計画が進まない人もいるんじゃないかな?

よし、ここは人生の先輩が一肌脱ごうではないか。

学校という制限がある中でも失敗しない、最高のチョコの渡し方を女子中学生に捧げよう!

女子中学生が彼氏にバレンタインチョコを渡すタイミング

バレンタインで女の子が一番悩むのが、「どこで渡せばいいのか?」じゃないかな。

校則で食べ物を学校に持ってくることを禁止している学校もあるだろうし、周りの生徒にバレると思い出が台無しになるかもしれないからね。

バレンタイン当日ではなく前の週の土日に渡すという手もあるけど、やはり当日に渡したいのが乙女心。

リスクはあるけど、当日かばんにチョコを忍ばせておいてチャンスをうかがいましょう!

 

一番ベタなタイミングは放課後だから、学校終わりに待ち合わせしてデートの最中に渡すというのが無難っちゃ無難。

ちょっとドキドキを演出するなら、誰もいない教室で二人っきりになって渡すとかドラマのようなシチュエーションも面白い。

ただ、ここで重要なことに気づいてしまった…

中学生ってバレンタインデーでも部活は休みにならないよね。

運動部の彼氏だったら授業が終わったらすぐに部活に行くはずだから、放課後ゆっくりする時間がないという問題が発生します。

この場合は、部活動が終わるまで彼氏を待って、帰り道で渡すというのが自然な流れになるかな。

 

放課後以外だったら早朝も新鮮なドキドキが味わえると思う。

朝は比較的人も少ないから人目が気になる人にはオススメの時間帯だね。

前日に彼氏に「早く起きて待ち合わせをしよう」と言えば、彼氏も意識しちゃってワクワクしちゃうんだろうなぁ。

僕ならドキドキして夜眠れなくなるかもしれん!(すみませんアラサーです…)

早朝に渡す場合の注意点は、彼氏が1日中チョコを持っていないといけないということ。

隠し通せる彼氏なら大丈夫だけど、彼氏が友達に自慢して噂が広がる可能性もあるし、カバンから落とすドジっ子をしてしまうこともないとは言えないし。

心配なら、渡した時に全部食べてもらうといいね。

 

給食じゃなくてお弁当を持参して昼食をとる中学生だったら、一緒にご飯を食べながら渡すっていうのも1つの渡し方。

食後のデザートにと、その場で食べてもらえば、食べている彼氏の表情を見ることができたり、生の感想を聞くことができるのでいいですよね。

想像しただけで羨ましすぎるーーーーー

このようにさまざまな渡し方があるから、学校の決まりや彼氏の性格や行動など、自分の周りの環境をよく調べて考えると、当日失敗しない渡し方ができるでしょう。

頑張れ、恋する乙女たち!

バレンタインはチョコ以外のプレゼントが必要?

男としてはチョコだけでも十分嬉しいから、無理してプレゼントを準備する必要はないですよ。

もちろんプレゼントがあればサプライズ感も演出できるから、余裕のある女子は頑張るのも全然アリです。

自分がやりたいと思うならプレゼントも渡しちゃいましょう!

ただ、適当なものをプレゼントしたくないと考えていても、中学生なら使えるお金が限られているのが悩みだよね。

 

お手頃で、だけどオシャレものをプレゼントしたい!

こんな悩みを抱えている女の子はたくさんいるでしょう。

せっかくだし、学生だからこそOKなプレゼントにしてはどうだろう?

特に大人になるとなかなかできない、おそろいのプレゼントなんかはオススメ。

 

王道のネックレスやブレスレットもいいけど、若いからこそできるペアルックの服なども楽しそう!

よく街中やSNSで、スポーツメーカーのパーカーのお揃いカップルは見かけます。

大人になると絶対できないけど、学生だから似合っちゃうんですよね。

 

パーカーとかは探せば安いものだと2,000円くらいで買えるし、古着に抵抗がない人は古着屋で探すのも1つの手です。

ずる賢いやり方をすると、自分の分はあらかじめ親に私服として買ってもらい、彼氏の分は自分で購入するということで予算を半減することができますぞ!

まぁ母親と仲が良ければ彼氏の分も買ってもらってもいいけどさ。

プレゼント予算の注意点

彼氏だけでなく友達へのバレンタインチョコや材料を買うことも考えると、正直プレゼントはお小遣いの2~3割程度が妥当なんで、安くても別に問題ナッシングです。

もし周りの子が高価なプレゼントを選んでいたら焦ってしまうかもしれないけど、バレンタインはチョコレートが主役なんで気にすることはないですよ。

だって、1度無理をして高価なものをあげてしまうと、誕生日・記念日・クリスマス…と多くのイベントで無理をすることになるから、イベントがくるたびに自分の首を絞めることになるからね。

思いっきりイベントを楽しむためにも、無理のない金額のものを選びましょう!

僕が中学生に戻ったら手作りミサンガがほしい!

完全に僕の好みの問題だけど、中学生だったら手作りミサンガがほしいです。

手作りっていうのが嬉しいんですよ!

最近では大人の女性や男性でも自分で作ったものを身につけたりするほど、多くの方がハンドメイドのアイテムを身につけてるから違和感もないですよ。

手作りだから恥ずかしいというのは、今では逆に古い考えになってるからね。

 

購入すれば安くても1,000円くらいだけど、手作りなら材料費100~500円程度で出来るのでお財布にも優しいのが嬉しいところ。

あとミサンガって作ってみたら意外と1日もかからず完成できるので、ぜひバレンタインのプレゼントの候補に入れてみてください。

 

ミサンガだと子どもっぽくて嫌だなと思う人は、革の紐で編むことをオススメ。

刺しゅう糸を革の紐に変えるだけで、いとも簡単に大人の雰囲気と高級感を出すことができますよ。

注意点は、革ひもは編んだ時に元に戻ろうとするところがあるから力を加えてきつく編む必要があること。

だから、手作り初心者の場合は、細い革の糸を選ぶとミスが少なくなるね。

 

ちなみに、材料は100円均一のお店で入手できるよ。

最近の100均はハンドメイドの材料にも力を入れているから、品質も良いものが多くそろっています。

手芸屋さんでは300円だったものが、100円で売っている事もよくあるからお得感もあるよね。

もし100均になかった場合は、手芸屋さんで探しましょう。

愛情込めてミサンガ編んじゃいましょう!

ついでに僕にも作ってくれよーー

結局バレンタインは楽しんだもん勝ち

中学生のバレンタイン事情は様々な悩みがあるけど、あまり緊張しないで自分自身が楽しむことが何より大切。

彼氏も彼女が楽しそうな顔してれば、バレンタイン関係なく嬉しいからね。

大好きな彼氏が喜んでくれる姿を想像しながらやる準備なんて楽しくてしょうがないでしょうな。

ちくしょーー羨ましいぜ!