生活情報

小学校の卒業式で父親はスーツが基本?色やネクタイの選び方は?

小学校を卒業されるお子さんのいるお父さん、おめでとうございます。

これから中学生になり、さらに成長が楽しみですね。

さて、小学校の卒業式に着ていく服は決まりましたか?

父親はどんな服装で行くのがいいか、気になるところですよね。

ここで、小学校の卒業式での父親の服装について確認していきましょう。

小学校の卒業式で父親はスーツでなければダメ?

小学校の卒業式の主役は、お子さん達です。

保護者は、参加者ではなくあくまで傍観者という立場ですので、目立ったり、浮いたりする服装は止めておきましょう。

周りよりもカッコイイ父親を演出するのではなく、周りと同じ服装に合わすのがTPOに合わせた大人の振る舞いになります。

 

たまに作業着の方を見かけますが、卒業式の雰囲気には相応しくない服装です。

自分が変な目で見られるだけなら問題ありませんが、周りの迷惑になる可能性がある以上、ラフすぎる格好はマナー違反です。

 

考えてみてください。

我が子を撮った写真の背景に作業着の男性がいたら、否が応でも気になりますよね。

一生に1度しかない小学校の卒業式の思い出に、自分は意識しなくても邪魔してしまうケースも考えられるのです。

周りや子供達のことを考えれば、ラフな格好で行く選択肢はなくなるのではないでしょうか。

 

では、卒業式の雰囲気に合う服装とはどういったものでしょうか?

まず、日本人は終わりの節目を重んじる傾向にあります。

生まれた時や結婚式など始まりの節目と違って、葬式など終わりの節目は、服装が色まで決められており厳粛な空気が漂っています。

小学校の終わりの節目となる卒業式も同様に、学校行事の中では最も厳粛です。

このような雰囲気に合う服装はスーツしかありません。

 

礼服も間違いではありませんが、最近は見かけなくなりました。

スーツが圧倒的に多いので、周りに合わせてスーツを着ていきましょう。

 

最近では、スマートカジュアルと言い、私服とスーツの中間のスタイルのお父さんも見かけるようになりました。

ですが、こういったスタイルは普段からオシャレな人がやるから様になるのであって、普通のお父さんがやると痛い目に合います。

そのため、無理せずスーツで行くことをお勧めします。

卒業式で父親のスーツの色はどうする?

仕事着がスーツの方は、手持ちの中から選んで大丈夫です。

スーツさえ着ておけば周りから浮くことはありませんので、色はある程度自由なところがあります。

ただし、厳粛な空気とは言え一応お祝いの行事ですので、真っ黒のスーツは避けましょう。

黒色の服装だと、どうしても弔事を連想させてしまいますから。

また、派手すぎる色だとさすがに浮きますので、ほどほどに。

 

普段、スーツを着て仕事をしないため一着も持っていない方は、デパートやイオンで購入しておきましょう。

最近の主流はシングルですので、ダブルしか持っていない人もこの機会に購入してはどうでしょうか。

これから入学式もありますし3年後には中学校の卒業式もありますので、やはり1着は買っておいて損はないかと思います。

卒業式で父親はネクタイが必要?

もちろん、ネクタイも必要です。

クールビズ期間でもないですし、ノーネクタイの方はほとんどいません。

春先なので明るめの色でも大丈夫です。

手持ちの中で自分に似合う色を奥さんと選びましょう。

 

ただし、白と黒は選んではいけません。

黒は先ほども言ったとおり弔事を連想させますし、白のネクタイは結婚式ぐらいでしか見かけません。

 

白のネクタイだと、あの芸人を連想させますしね(笑)

いつの間にか変なあだ名をつけられていることのないようにしたいところです。

 

また、ネクタイとスカーフの色と同系色に合わせると、グッとオシャレになります。

スカーフをされる方はあまりいませんが、ちょっとカッコつけたいという方はチャレンジしてもいいですね。

会場に来てみて「やっぱり変だ」と不安になったら外せばいいだけですからね。

まとめ

小学校の卒業式はスーツで出席するのが基本です。

主役の子供達の思い出を邪魔しないように周りに溶け込む服装を心がけ、我が子の旅立ちを目に焼き付けましょう!