株式投資

【株取引記録】投資判断ミスによりエボラブルアジア株5,000円の損失確定

株初心者の取引記録です!

今回は株初心者の多くが経験するであろうミスから損失を出した記録になります。

しくじり先生として参考にして頂ければ幸いです。

ロストカット設定のイレギュラー対応ができなかった

75日線に近づいてきた株を探していたらエボラブルアジアを発見!

一週間ほど株価が上昇しており、明日にも75日線を超える可能性があったので、その日の夜に逆指値注文を出しました。

翌日、無事に約定したのですが、残念ながら株価が下がり、午前中に75日線を下回ってしまいました。

ロストカット価格は『75日線-1単位』とルール化していたのですが、ロストカット価格以下になった時の対応が想定外だったのでパニックに陥ることに…

逆指値注文が約定した日に75日線を割った時のロストカット設定僕が上昇トレンドの準備段階でエントリーする場合、『75日線の価格+1単位』で逆指値注文を出していますが、約定日の終値が75日線を下回った...

「このまま一気に下落したらどうしよう」と焦ってしまい、お昼休みに売りの成行注文を出してしまいました。

やはりマイナス画面を見てしまうと冷静さを失ってしまいます…

単価 数量 約定代金
買い 2,322 100 232,200
売り 2,272 100 227,200
△50 △5,000

手数料500円を合わせると損失5,500円が確定して肩を落として家に帰ると、なんと終値が75日線付近まで上がっていました。

翌日から下落したので、成行で売ったことで損失が小さく済みましたが、これは完全に結果オーライです。

再現性が全くない投資判断だったので、ちゃんとロストカット設定して対応していかなければいけません。

翌日からも上昇する可能性が少しでもある以上、売りの判断は取引終了後にするべきですね。自分ルールを捨てた者には栄光なしです。

下落相場が終わったと判断したのが間違いだった

結果的に75日線を越えたのは一瞬で、2日後には大きな下落があったので、今回はロストカットに救われました。損切りの大切さを身に染みた投資記録になりましたね。

そもそも今回は買いのタイミングではなかったです。

エボラブルアジア株の本格的な下落は4月からで、まだ1ヵ月程度しか経過しておらず、「十分に下げた」とは言えません。

2~3ヵ月以上の下落が確認できなかったのに買い注文を入れたのは完全にミスです。

テクニカル的な買いポイントの見極めがまだまだ未熟なので、今後はより慎重に判断していかなければいけません。

ファンダメンタル的には大きなマイナス要素がなかったので、このままエボラブルアジア株には注目して買いポイントを探っていこうかと思います。