スワップ投資

【スワップ投資記録】トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランド(2ヵ月目)

スワップ投資2ヵ月目の運用記録です。(1ヵ月目は証拠画像がないためスルーします(笑))

2019年4月から始めた新興国通貨のスワップ投資の月次報告で、リアルなデータを公開していくので、これからスワップ投資を始めたい方のお役に立てれば幸いです。

新興国通貨のスワップ投資は、ハイリスク・ハイリターンなので少額運用しています。基本的には追加投資はせず、為替差益とスワップでLot数を増やしていく戦略です。

メキシコペソ

5月中旬に3,000円の為替益が出ていたので利確して、タイミングを図り下旬に再び2万通貨購入しました。

スワップも受け取りトータル3,500円くらいの利益だったのですが、再購入直後にトランプによるメキシコ関税発言により5.7から5.5まで一気に下落!

一気に含み損4,000円になったので、トータルで±ゼロになってしまいました(笑)

ポジションを取り直したので、スワップはここから再スタートです。なお、口座の+3千円とスワップを合わせて2万円になったらLotを1万増やしていきます。

Lot 口座残高 評価損益 スワップ
1ヵ月目 2万 4万円 △1,500円 700円
2ヵ月目 2万 4万3千円 △4,710円 150円

トルコリラ

トルコリラは5月中旬までは毎日含み損が増えているような状態で、最大でスワップの4倍以上の含み損を抱えていました。心臓に悪い(笑)

「トルコリラは噂に聞いていたとおりマズイな…」と危惧していたのですが、中旬で下落の勢いが止まったことで含み損が少しづつ減っています。

ただ、来月には再び下落が始まるかもしれません。しばらくは含み損に耐える可能性も考えていきます。

Lot 口座残高 評価損益 スワップ
1ヵ月目 0.3万 3万円 △3,200円 600円
2ヵ月目 0.3万 3万円 △2,241円 1,569円

南アフリカランド

悪い意味で一番ヤバイのが南アフリカランドです。

比較的レンジ相場が続いていたのですが、5月中旬から下落が続き、既に1万円以上の含み損が出ています。

強制ロストカットまでは余裕がありますが、さすがにこの時点で万単位の含み損は気持ちのいいものではありません(笑)

来月の相場次第では黄色信号が点灯するかもしれません!

Lot 口座残高 評価損益 スワップ
1ヵ月目 3万 6万円 △3,780円 800円
2ヵ月目 3万 6万円 △12,550円 1,990円

3ヵ月目の改善点

初期投資を10万円にしていたつもりでしたが、よくよく計算したら13万円で運用していました!足し算のミスとは我ながら悲しいです…

トルコリラと南アフリカランドを1単位多めに購入していたのが原因です。

1単位売却して出金すれば10万円投資に戻せるのですが、現時点でどちらも含み損を抱えているので、今決済するのは得策ではありません。特に南アフリカランドは苦痛の一言(笑)

このため、来月に2万円入金しメキシコも1単位増やすことで、初期投資15万円に修正して運用していこうと思います。