公務員試験

【公務員試験】地方上級(行政職)の出題科目・問題数を確認して戦略を練ろう

元公務員のとむです。

県庁や指定都市など地方上級試験の合格を目指す方は、自分の受験する自治体の試験情報を収集することが極めて重要です。

敵を知らなければ対策しようがないので、面倒ですが必ず行いましょう。

本記事では、地方上級試験(行政職)の出題科目と問題数について、元県職員が解説していきます。

地方上級試験の主な5区分

  • 全国型
  • 関東型
  • 中部・北陸型
  • 東京都Ⅰ類B
  • 特別区Ⅰ類

地方上級は主に全国型、関東型、中部・北陸型の3タイプと東京都・特別区を合わせた計5つの区分に分けることができます。

各区分で科目ごとの出題数が変わってくるので、まずは自分が受験する自治体がどのタイプに属するかを明らかにしましょう。

HPを見ると試験情報を得ることができます。

【公務員試験】地方上級試験の筆記の合格ボーダーラインを元県職員が解説元公務員のとむです。 公務員試験において、筆記試験の配点と合格ボーダーラインを知ることは極めて重要です。 そこで、本記事では...

上記のパターンに属さない独自のシステムを採用している自治体もあるので、その場合もHPなどから情報収集するといいでしょう。

教養科目の出題数(平成29年度データ)

東京都・特別区を除く3区分に関しては、出題数は50問で科目ごとの出題数も大きな差はありません。

ただ、関東型だけ50問から40問を選択するスタイルなので、比較的高得点を取りやすいシステムになっています。

全国型の出題数

科目 出題数
一般知能 文章理解
判断推理
数的推理
資料解釈
社会科学 政治・経済
社会
人文科学 日本史
世界史
地理
自然科学 数学
物理
化学
生物
地学
合計 50問

関東型の出題数

科目 出題数
一般知能 文章理解
判断推理
数的推理
資料解釈
社会科学 政治・経済
社会
人文科学 日本史
世界史
地理
芸術
自然科学 数学
物理
化学
生物
地学
合計 50問中40問選択

中部・北陸型の出題数

科目 出題数
一般知能 文章理解
判断推理
数的推理
資料解釈
社会科学 政治・経済
社会
人文科学 日本史
世界史
地理
芸術
自然科学 数学
物理
化学
生物
地学
合計 50問

東京都Ⅰ類B

科目 出題数
一般知能 文章理解
判断推理
数的推理
資料解釈
社会科学 社会一般
社会事情
人文科学 日本史
世界史
地理
芸術
自然科学 物理
化学
生物
地学
合計 40問

 特別区Ⅰ類

科目 出題数
一般知能 文章理解
判断推理 10
数的推理
資料解釈
社会科学 政治・経済
社会事情
人文科学 日本史
世界史
地理
思想
自然科学 物理
化学
生物
地学
合計 48問中40問選択

教養科目のポイント

一番のポイントは、教養科目の半分以上が一般知能問題という点。

また、必須問題のため、一般知能の対策を怠るとほぼ間違いなく不合格になります。

特に判断推理と数的推理に苦手意識を持っている人が多いため、早めに着手することをオススメします。

この分野は暗記科目と違い、日々の演習により実力をつけるしかありません。

毎日継続して、一つでも多くの問題を解けるようになることが大切です。

なお、教養科目は6割を目指せばいいので、自然科学や人文科学の分野で2~3つくらい捨て科目を作っても大丈夫です。

専門科目の出題数(平成29年度)

専門科目は区分ごと40~55問出題されますが、概ね40問を回答する形になります。

各区分でどの科目の出題数が多いかをしっかり分析することが大事です。

東京都Ⅰ類Bの専門科目は3科目の選択記述式なので、他の試験と併願する時は注意が必要になります。

全国型の出題数

科目 出題数
経済系 経済原論
財政学
経営学
行政系 政治学
行政学
社会政策
国際関係
法律系 憲法
行政法
民法
刑法
労働法
合計 40問

関東型の出題数

科目 出題数
経済系 経済原論 12
経済一般
財政学
経営学
行政系 政治学
行政学
社会政策
国際関係
法律系 憲法
行政法
民法
刑法
労働法
合計 50問中40問選択

中部・北陸型の出題数

科目 出題数
経済系 経済原論
経済一般
財政学
行政系 政治学
行政学
社会政策
社会学
国際関係
法律系 憲法
行政法
民法
刑法
労働法
合計 50問中40問選択

東京都Ⅰ類B

記述試験

経済原論、財政学、政治学、行政学、社会学、憲法、行政法、民法、会計学、経営学

から3問選択。

特別区Ⅰ類の出題数

科目 出題数
経済系 経済原論 10
財政学
経営学
行政系 政治学
行政学
社会学
法律系 憲法
行政法
民法 10
合計 55問中40問選択

専門科目のポイント

専門科目は、経済原論、憲法、行政法、民法の出題数が多いのが特徴。

中でも経済原論は数式が入ってくるため苦手意識を持っている受験生が多く、ここを乗り越えられるかどうかが一つのポイントになります。

また、民法は出題範囲が広く、理解もしにくい分野なので、あまり時間をかけずに基本を固めることが重要です。

まずは、経済原論と民法から着手して、スケジュール全体に余裕を持たせるといいでしょう。

専門科目は7割の正答率が目安になります。

【まとめ】出題数の多い科目が筆記の鍵を握る

  • 教養科目は文章理解・数的推理・判断推理の出題数が多い
  • 専門科目は経済原論・憲法・行政法・民法の出題数が多い
  • 筆記試験合格のためには出題数の多い科目から勉強を始める

地方上級試験における、各科目の出題数を紹介してきました。

出題数の多い科目でいかに得点を稼げるかが、合否を左右する重要な要素になるのは言うまでもありません。

特に数的推理・判断推理・経済原論を逃げ出す受験生は、合格への道が一気に細くなります。

裏を返せば、人が苦手な分野を淡々と勉強できる人が公務員試験では勝てるのです。

コツコツと地味な努力こそが合格に近づく唯一の方法なのを覚えておきましょう。

 

▼当ブログの公務員試験対策をまとめた記事はこちら

【公務員試験対策まとめ】筆記・面接に役立つ記事を元県職員がピックアップ元公務員のとむです。 本記事は、公務員試験対策に役立つ記事をまとめています。 公務員試験はやみくもに勉強しても簡単に受かるも...