雑記

仕事が忙しい社会人にオススメの筋トレ時間帯を実体験から解説する

これまで運動とは無縁のガリガリ男子は、自宅トレーニングを諦めて潔くジムに通うべき。結果を出したいなら多少の出費は惜しまないようにしましょう。

https://ame-mizuame.com/home-training

ただ、ジムに通っても続かない人がいるのも事実。

特に週5日みっちり働く社会人は、ジムに行く時間帯を真剣に考えないと途中で挫折するリスクが大きいので注意が必要です。

ジム通いは気合でなんとかするよりも継続しやすい習慣作りが何より重要だと、筋トレを始めたばかりの僕自身が一番実感しているところだからね。

この記事では、僕の体験談を基に週5日働くサラリーマンでも筋トレを継続しやすい時間帯を紹介していくので、初心者の方はジム計画の参考にしてください。

サラリーマンは仕事終わりにジムに直行するべき!

筋トレをするサラリーマンにとっては、一旦家に帰ってからジムに行く選択もあります。

確かに職場に着替えを持っていくのは手間だから、僕も最初の頃は一度家に戻ってからジムに行ってました。

 

でもね、家に帰ると人間はダメになる生き物。

 

何かと行かない理由を探したりして、ジムに通うハードルが高くなる。一度習慣化すれば大丈夫だけど、筋トレ初心者にとっては高い壁と化すのです。

案の定、僕も一度家に帰ると外に出たくなくなるタイプだから、職場からジムに直行することにしています。よほど体調が悪くない限りはジムに通えてます。

 

ということで、平日のジム通いは仕事が終った後の19時頃に行くようにしています。毎週水曜日はジムに行く日だから残業しないように仕事頑張ってる!

21時頃まで残業した後にジムに行ったことも何度かあったけど、気力と体力が消耗しているから全然トレーニングに集中できません。

仕事が忙しい人でも、せめて週1日は定時で帰らないと筋トレを続けることが難しくなるのは確かです。

筋トレは夜ご飯を食べる前にする

運動部出身の人なら常識かと思いますが、文化系ガリガリ人は食後の筋トレが予想以上に吐き気を催すことを知りません。

僕自身、「空腹時に筋トレすると筋肉がエネルギーに分解される!」という話を聞いたことがあったし、仕事が終わる頃にはお腹がペコペコで力が入らないから、筋トレ前に夜ご飯を食べた方がいいだろうと判断してました。

食後1時間くらい経てば大丈夫だろうと想像してたんだけど、ガリガリの僕はいつまでもお腹いっぱいの状態が続いてしまいます。21時くらいに筋トレを開始してもすぐに気持ち悪くなるのだ。

 

これでは細マッチョどころか、体調不良で今以上に痩せてしまう…

 

だから、筋トレ前に夜ご飯を食べることはオススメしません。吐き気に強い人なら大丈夫かもしれないけど、ガリガリは大体すぐに吐くからな!(偏見)

よって、筋トレする日に限っては、ジムから帰ってきた20時30分くらいに食べるようにしましょう。

ただ、筋トレ直後は体が疲れ切っているから、家に帰っても自炊する気力が全然ないのが唯一の懸念材料。

面倒くさがりの僕は、ジムから家に帰る前に外食してます!

筋トレ前は軽食でカバー

仕事終わりに筋トレをするわけですが、先ほども言ったとおり『空腹時に筋トレをするのはタブー』とされています。

太っている人がダイエット目的で筋トレするなら空腹時でもOKですが、僕らガリガリが筋肥大させたい場合は、筋トレ前にエネルギー源を補給しなくてはダメってこと。

 

だから、仕事終わりには何か口にした方がいい。この辺の管理ができないと、筋トレ効果を実感できずに挫折するのが目に見えるね。

ただ、何を食べたらいいかが問題で、手軽だけどちゃんとエネルギー源になるくらいのカロリーが必要です。何も食べないよりはマシだけど、お菓子とか糖質が多いのはあまりオススメできません。

 

筋トレ前の食事でよく紹介されるのは

  • バナナ
  • 菓子パン
  • おにぎり

あたりだけど、正直どれも保存のきかない食べ物だから、いちいち買いに行かないとならないのがネック。

 

普通の人の思考パターンだと

  1. あー今日筋トレの日なのに何も買ってねぇや
  2. 買いに行く?どうする?
  3. 面倒だからこのまま行こう

ってなる。わざわざコンビニまで行くのだるいよね…

 

だから、軽食は常にカバンに入れても腐らないやつ限定で考えるべき。

色々試した挙句、僕はプロティンバーに落ち着いきました。

カロリーメイトとかシリアルバーでもいいけど、たんぱく質の重量はプロティンバーに軍配が上がる。タンパク質に反応するのは筋トレあるあるだよね!

筋トレ前の食事にタンパク質はあまり関係ないかもしれないけど、ガリガリ男子は日頃の食事でタンパク質不足になりがちだから、このタイミングで補給すると一石二鳥になるからね。

ちなみに日本のより本場アメリカの製品の方がタンパク質が多めだから、僕は箱買いして常にカバンに携帯しています。

今はコンバットクランチがお気に入り。

とはいえ、そこまで美味しくはない(笑)

できれば筋トレ1時間前くらいにはプロティンバーを食べたいので、僕は定時になるとカバンから伝家の宝刀を取り出してムシャムシャ食べています。

こうしてエネルギーチャージした僕は軽やかな足取りでジムに向かうのであった!

休日の筋トレは午前中が一番しっくりきた

僕は土日のどっちかを筋トレの日に設定しています。土曜日に予定がある時は日曜日に振り返るって感じです。

休日って時間的に余裕があるので、「いつでも筋トレできるじゃん!」って思ってましたが、選択肢がありすぎるが故にタイミングを逃して結局行かないパターンに陥ることが多々ありました。

 

そこで僕が編み出したのは、ジムの営業開始に突撃スタイルです!一番ノリするぐらいの勢いでスタートダッシュを決めてます。

 

ノルマをさっさとこなせば、午後はフリーの時間を満喫できます。筋トレを午後まで先延ばしすると午前中もなんか楽しくないんですよ!

朝イチだとウェイトエリアも空いているからマシンの順番待ちをしなくて済むし、午前中は頭も体もスッキリしているから午後に比べて集中力が上がる気がします。

早起きする習慣も同時に身につくので、健康的な生活リズムを手にすることも可能。

様々なメリットを感じることができたので、僕は休日の筋トレは午前中を推奨します!

社会人の筋トレ時間帯まとめ
  • 仕事終わりはジムに直行
  • 筋トレ前は軽食で済ます
  • 休日は午前中がオススメ

働く社会人が週2回ジムに通うなら、仕事終わりの時間帯がベストなタイミングと言えます。

筋トレ初心者にとって、まずはジム通いを継続することが一番重要なので、同じ時間帯にジムに行く習慣を身につけることが大切です。

この記事で紹介していることを守ったことで、面倒くさがりの僕でも毎週水曜日と土曜日にジムでトレーニングできています。

再現性の高いモデルになっているので、ジムをサボりがちな人はぜひ真似してください。

さぁ、一緒に筋トレ頑張ろう!