ニキビ

ニキビが悪化するから日焼け止めを塗らない人は根本的に間違っている

「紫外線はお肌に悪い」と耳が痛いほど聞いていると思いますが、ここでは紫外線とニキビの話をします。

紫外線を浴びメラニンの分泌量が増えることがシミの原因になるというのは有名ですが、実は肌を乾燥させたりすることでニキビを引き起こす原因にもなります。

ただ、ニキビ肌の人にとっては、日焼け止めを塗ることがニキビの悪化に繋がるという疑念もありますよね。なかなか紫外線対策に本腰を入れられていないのではないでしょうか。

しかし、ニキビが悪化するから日焼け止めを塗らないというのは根本的に間違っています!

紫外線対策を怠ることのリスク

紫外線=シミのイメージが強いですが、実はシミ以外の肌トラブルのリスクを同時に抱えることになります。

シワやたるみなど将来の肌の劣化を早めることに繋がりますが、それは今すぐ起こる問題ではないので今回の論点からは外します。

今回の論点はニキビと紫外線です。

結論から申し上げると、紫外線を浴びればニキビができやすくなります。

紫外線を浴び続けることで、「肌の深部まで紫外線を通さないようにするぞ!」と肌が防御反応を起こし角質が厚みを増し、肌がゴワゴワと固くなります。

角質層の厚みが増すことで毛穴を塞ぎやすくなり、皮脂が詰まることでニキビができやすくなります。

 

また、紫外線を浴びると肌表面に活性酸素が発生します。

活性酸素は過酸化脂質という物質を生み、治るはずのニキビを炎症性の黄ニキビまで化膿させる原因になります。

炎症の酷いニキビが何度も繰り返しできてしまうと、たとえ潰していなくてもクレーター型のニキビ痕が残りやすくなるんですよ。最悪の状況になってしまうと、ニキビ痕と後悔しか残りません。

仕事や趣味などで長時間外で生活する人が日焼け止めを塗らないということは、こういうリスクと隣り合わせなのだと認識しましょう。シミは気にしないと言っている場合ではありません。

日々の生活が室内中心の人が日焼け止めを塗らないからと言って、今すぐ重度のニキビができるリスクは小さいですが、室内で生活していても紫外線の影響を受けるためUVケアをお勧めします。

日焼け止めでニキビは悪化するのか?

日焼け止めを塗らないとニキビができやすくなることがわかりましたね。

一方で「日焼け止めを塗るとニキビができやすくなる」という言葉を聞いたことがありませんか?

これが本当なら、日焼け止めは塗っても塗らなくてもニキビができるというもどかしい事実になりますね。

 

結論としては、日焼け止めを塗ることでニキビができやすくなる人もいます。

「じゃあ、日焼け止めは塗っても塗らなくても変わらないってこと?」って思いますよね。

でも、違います。

日焼け止めを塗ってニキビができやすい人は、日焼け止めの選び方が間違っていることが多く、主に必要以上のオーバースペックの日焼け止めにより肌に負担をかけてしまっていることが考えられます。

自分の生活に合った日焼け止めを選びさえすれば、日焼け止めを塗ってもニキビが発生するリスクはグッと減ります。

ニキビができにくい日焼け止めの選び方

日焼け止めを購入する時のポイントは、紫外線に効果のある成分日焼け止めの強さにあります。

まずは、成分から説明します。

日焼け止めと一口に言っても、防御するアプローチが2種類あります。

1つ目は、紫外線を吸収し肌に無害な熱などに変換させ、紫外線を威力を弱める方法です。このアプローチに使用される成分を紫外線吸収剤と呼びます。

2つ目は、紫外線を反射させ肌への侵入を防ぐ方法です。このアプローチに使用される成分を紫外線散乱剤(紫外線錯乱剤)と呼びます。

この吸収剤と散乱剤のどちらの成分がよりニキビのできにくい日焼け止めかというと、答えは散乱剤の方が肌への負担が少ない成分となります。

紫外線への防御力といった点に関しては吸収剤の方が上なのですが、日常使いでは散乱剤の防御力で十分です。

散乱剤の場合は、日焼け止めに「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」など記載されていることが多いので、購入の際は参考にするといいでしょう。

ちなみに、パルソールA、メギゾリルSX、オキシベンゾンなど記載されているものは吸収剤になるので避けましょう。

次に強さについて説明します。ここで言う強さとは、日焼け止めのSPFとPAのことです。

紫外線にはA波とB波があり、A派の防御力をSPF、B波の防御力をPAで表しています。

SPFは20や50など数値で表されており、これは何も塗らない状態の肌に紫外線を当ててヒリヒリ赤くなる時間を1とした時、SPF20であればその時間を20倍延ばすという意味です。

PAは+や++、+++で表されており、+の数が多いほどB波カットの効果が高いという意味を持ちます。

 

もちろん効果の高い指数の日焼け止めの方が紫外線をブロックするのですが、同時に肌にも負担をかけてしまうデメリットもあります。

このため、日常使いであればSPF20、PA++のもので十分です。

SPF50やPA+++は、屋外レジャーなどで半日以上外にずっといる時ぐらいにしか必要ありませんので、日常使いとレジャー用で使い分けるといいでしょう。

また、敏感肌の人はSPFはMAX30までが限度であり、それ以上は肌荒れの可能性が高くなりますので、負担の少ない日焼け止めをこまめに塗り直すことで対応するといいでしょう。

日焼け止めの選び方ポイント
  • 紫外線吸収剤ではなく紫外線散乱剤を選ぶ
  • SPFは20~30を選ぶ
  • PAは+~++を選ぶ

日焼け止めを塗るとニキビができるのではないかと不安に思っている方は、上記のポイントを参考に日焼け止めを選んでください。

ちなみにニキビ肌の僕は、Curel(キュレル)の日焼け止めを使っています。敏感肌や乾燥肌の人にもオススメなので、何を買えばいいか悩んでいる方は一度試してみてください。