ニキビ跡

ビタミンC化粧品でクレーターは治る?デコボコ肌で検証した真実

ニキビ跡の症状が悪化して、肌がクレーターになった場合は元に戻すのは困難になります。

美容外科クリニックでのレーザー治療で凹みを浅くすることはできますが、日々のスキンケアだけでは完治させることはできません。

ただし、スキンケアで肌を滑らかに見せることはできますので、ニキビによる毛穴の開きやクレーター肌の人にとって、化粧品に含まれる成分選びが重要になります。

さて、美肌に不可欠な成分と言えば「ビタミンC」をイメージする人が多いと思いますが、果たしてビタミンCにはクレーター肌を目立たなく見せる効果はあるのでしょうか?

この記事では、ビタミンC化粧品とクレーター肌の相性についてまとめました。

スキンケアでクレーター肌を治すことができない理由

先ほども軽く触れましたが、肌が陥没するクレーターは自然回復を待っても一向に改善しません。

これは肌の生まれ変わりをサポートするターンオーバーが、真皮層以下の皮膚ではおこなわれないことを意味しています。

つまり、真皮層の組織まで破壊された肌は、肌本来が持つ自然回復力の及ばない範囲であるため、放置していても一生治らないということ。

お笑い芸人のブラックマヨネーズ吉田さんを見ると一目瞭然ですが、40歳を超えてもなおクレーターが治っていませんよね。

凹んだ肌は傷跡と同じ状態であり、瘢痕組織が形成されています。

瘢痕組織は真皮に近い丈夫な肌組織ではありますが、コラーゲンの配列が不規則であり正常な状態とは言えません。

瘢痕組織が元の真皮組織に自然に戻ることはありませんので、肌に残った傷跡は一生続くと考えていいでしょう。

このためクレーターを治すためには、瘢痕組織の量を減らして正常な真皮層の細胞に近づけることが重要なのです。

 

しかし、残念ながらスキンケアで瘢痕組織の量を減らすことはできません。

これは、肌にバリア機能があるため、美容成分が瘢痕組織に浸透することは困難だからです。たとえ瘢痕組織に美容成分を届けることができても、瘢痕組織を破壊するなどの影響を与えることはできません。

そもそも化粧品に肌組織にダメージを与える刺激の強い成分を配合することはできないので、現実的にはありえない話ですが・・・

とにかくスキンケアでクレーターを治すということは、夢物語だということを理解してください。ネットで探すと、クレーターを治すイメージを持たせる化粧品が多々ありますが、期待値を上げるとガッカリする結果になるだけですよ。

スキンケアで凹みを目立たなく見せることは可能

スキンケアで凹みを浅くすることはできませんが、凸凹の高低差を目立たなくすることは可能です。

肌の凹んだ箇所は、くぼみに影ができることで余計に目立ってしまいますので、いかに影の影響を抑えるかが鍵を握っています。

そのために重要なのが、肌に潤いを与えることと内側からハリを与えることです。

乾燥してゴワゴワした肌では鮮明に凹みが見えますが、水分量の多い柔らかい肌はキメが整っているので光を反射し影をぼんやり見せることができます。

だから、毛穴やクレーターが目立って肌が汚く見える人こそ、諦めないでスキンケアに力を入れることが重要なのです。

ただし、むやみやたらに化粧品を使えばいいというわけではありません。クレーター肌には凸凹を和らげる成分が配合された化粧品を選ばないと意味がありませんからね。

ビタミンCはクレーターの凹みを和らげる効果的な成分か?

ビタミンCの作用
  • 抗炎症作用
  • 皮脂分泌の抑制
  • メラニンの沈着予防
  • 美白効果
  • コラーゲンの生成を促進

ビタミンCにはニキビ予防やニキビ跡ケアに効果的な作用があり、中でもコラーゲンの生成を促進する作用は凸凹肌に有効です。

真皮層の大部分を構成するコラーゲンが失われると肌にハリがなくなり、肌のたるみや乾燥といった悪影響を及ぼします。

コラーゲンが少なくなると肌の弾力が失われクレーターが余計に目立ってしまいますが、肌にハリがあるとピーンと伸びることで凹みが目立たなく見せることができます。

このためコラーゲンを生成を促すビタミンCの効果は、凸凹肌を改善させるために有効だと言えます。

ただし、これはあくまで理論上のこと。

現実には、ビタミンCだけの力で目に見えるほどの改善を短期間で実感するのは難しいです。

 

このため、本気でクレーター肌を何とかしたいと考えているなら、コラーゲンを増やすだけでは不十分だと言えます。

だからこそビタミンCに+αの要素を加えることがクレーター肌のスキンケアには大事で、特にビタミンCの作用にはない保湿が重要です。

肌を潤いのある柔らかい状態を保つことが、クレーター肌を和らげるためには大切なのです。

クレーター肌にオススメの化粧品

クレーターには肌のハリだけでなく潤いが重要だということがわかりましたね。

だからこそビタミンCにこだわる必要はなく、凸凹肌を和らげる成分や浸透技術も検討材料に加えるといいでしょう。

当サイトでは数ある化粧品を厳選した結果、3つの化粧品をおすすめします。

頬に広がったクレーターに何年も悩まされた僕が実際に継続使用して、成分や使用感など様々な角度から十分に検証しているので、自信を持っておすすめする商品になります。

保湿力は断トツ「リプロスキン」

リプロスキンは、美容成分を角質層の奥まで素早く効率的に浸透させることが大きな特徴です。

ナノテクノロジーとブースター機能をあわせた先端浸透技術「ナノBテクノロジー3.0」により市販の化粧品とは比べものにならない浸透力の高さを実感するでしょう。

「肌にグングン吸い込まれる」という表現がベタすぎる気もしますが、使用した実感としてはまさにそんな感じ。

またプラセンタエキスにより、肌の透明感アップとふっくらした肌作りをサポートします。

使いやすさもピカイチなので、「本格的にスキンケアを始めたいけど面倒なのは嫌!」という人でも継続しやすいのも嬉しいポイントです。

ゴワゴワと肌が固く乾燥している人は、まずはリプロスキンで肌全体を整えるところから始めましょう。

リプロスキン公式サイトはコチラ

リプロスキンはニキビ跡に効果ある?2年間使用したリアルな口コミ評価ニキビケアで苦労した方の多くが、今度はニキビ跡による赤みやクレーターに悩まされます。 僕もその一人で、スキンケアや食生活も見直した...

凸凹肌専用美容液「アクレケア」

アクレケアは凸凹肌の悩みに応えるために作られた美容液です。

特に注目すべき成分は、ヒアルロン酸の約10倍の保湿力がある月下草エキス

肌に潤いを与えることで肌表面を滑らかに保ち、凸凹を和らげる効果が期待できます。

肌のくぼみを目立たせないアプローチこそアクレケアの真骨頂と言えますね。

その他にもビタミンC含有量が世界一の果物カムカムを始めとする豊富な美白成分、ターンオーバー促進をサポートする卵殻膜など、どの成分も他の化粧品にはあまり見られない貴重なもので構成されています。

今までどんな化粧品を使ってきても凸凹肌に満足のいく結果が出なかった人にこそアクレケアを試してほしいです。

「アクレケアを使い始めたら肌がプルプルになった」と実感する声が多いのも頷けます。

アクレケア公式サイトはコチラ

アクレケアはクレーター型ニキビ跡に効果あるのか凸凹肌の僕が4ヵ月試してみた凸凹ニキビ肌用の美容液「薬用アクレケア」は、クレーター肌の人にとっては気になる商品の一つではないでしょうか。 そんなアクレケアの特...

独自浸透技術と高濃度ビタミンCが売り「ビーグレンニキビ跡ケアセット」

国際特許技術QuSomeにより角質の奥まで美容成分を届けることができ、高濃度ビタミンC美容液Cセラムによりニキビ跡の悩みに直接アプローチ。

医療機関も注目している新時代のスキンケアに相応しい浸透テクノロジーにより、肌に浸透しにくい純粋なビタミンCをスピーディーに浸透させることができます。

保湿力の高さと高濃度ビタミンCにより傷ついた肌をいたわり、肌のキメを整えることで凸凹肌を徐々に目立たなくなるかと思います。

いきなりラインで揃えると金銭面の負担も大きいため、まずは1週間トライアルセットで肌との相性を確認しましょう。

洗顔+化粧水+美容液+クリームの4アイテムが1,800円で試せるのはコスパ良すぎます!

ビーグレン公式サイトはコチラ

ビーグレンニキビ跡ケアの効果と口コミを汚肌に悩んだ僕が検証するニキビ跡ケア商品を探すと、必ずと言っていいほど目に留まるのがビーグレンです。美容液んのCセラムが特に有名ですよね。 ニキビ跡の赤み...