ライフスタイル

水洗顔はニキビに効果ある?悪化する人と綺麗になる人の違いとは?

毎日ちゃんと洗顔してるし化粧水もつけているのに、何故ニキビが治らないのか不思議で仕方がない人もいるでしょう。

様々なスキンケアを試しては失敗を繰り返していると、「いっそのこと何にもしない方が肌が綺麗になるんじゃない?」と思うことがありますよね。

そこで注目されるのが、水洗顔です。水洗顔とは、その言葉通り洗顔料を使用しない洗顔方法のこと。

水洗顔を実施することでニキビが綺麗に治ることもありますが、やり方を間違えると余計ニキビが増える結果になることも・・・

水洗顔をやるにしても事前に正しいやり方や注意点など最低限の知識は持っていた方が絶対いいです。

ここでは、水洗顔のやり方と注意点についてまとめたので、肌断食に興味のある方は参考にしてください。

水洗顔はニキビに効果ある?

水洗顔の目的
  • 必要な皮脂を残す
  • 過度なスキンケアで弱った肌を元に戻す

ニキビに悩んでいる人は「皮脂が毛穴に詰まるからニキビができる」と思っているので、普通は洗顔料を使って肌の皮脂汚れを落としますよね。

水洗顔は、それとは真逆の行為になります。

洗顔料を使わないので、簡単に言えば『洗浄力をあえて落とす』ということに尽きます。

つまり「朝晩、毎日泡をモコモコ立てて汚れを落とすことって実は過剰な洗浄行為なんじゃないの?」という疑問から生まれた方法なのです。

要するに水だけで洗顔した方が肌の皮脂と水分のバランスが整えられ、皮脂詰まりの予防することが期待できるわけです。皮脂詰まりが予防できれば、ニキビができにくい肌を作ることができますからね。

 

また、過度なケアによりバリア機能が低下した肌を一度リセットさせる目的もあります。

ニキビに悩んでいる人は、知らず知らずにスキンケアを頑張りすぎて肌に負担をかけてしまうことが多く、これにより肌が消耗してしまっていることもあります。

過度なスキンケアを継続することで肌のバリア機能が低下し、外部の刺激に敏感になったり肌の水分保持力が弱まり乾燥肌になったりとニキビができやすい肌を自ら作っていると言えます。

弱まった肌は洗顔料の刺激でさえ負担になるので、水洗顔をすることで肌のバリア機能を取り戻すことが狙いとなっています。

水洗顔をしたからといって、肌の機能がパワーアップするってことはありません。

これらのことから、水洗顔はニキビを治す治療ではなく、あくまで肌本来の水分バランスを調整する方法の一つだということが言えます。

つまり、ニキビに直接働きかけることはありませんが、水洗顔を取り入れることで皮脂と水分のバランスを整えばニキビができにくい肌を作ることはできるということです。

肌との相性次第な部分がありますが、水洗顔でニキビ肌が綺麗になった人もいるくらいなので試してみる価値はありますよ。

水洗顔の洗い方のポイント

では水洗顔の具体的なやり方について説明していきます。ただ水でバシャバシャするだけでは二流ですぞ。

まず、洗顔前に必ず手を洗いましょう。雑菌のついた手で洗顔するのはNGなので、石鹸とかハンドソープを使いましょう。

これ意外とできていない人がたくさんいるので注意してくださいね。石鹸や洗顔フォームを使う時も同じですが、洗顔料を使わない水洗顔では特に大事なことですよ。

 

あと大事なのは温度

水洗顔って言うだけに冷水で行う人が結構いますが、これは間違ったやり方です。

冷たい水だと毛穴が引き締まるイメージが強いからだと思いますが、残念ながら冷水で洗っても毛穴は小さくなりません。

 

むしろ、肌の温度を急激に下げることで赤ら顔の原因になる可能性があるので気をつけてください。

適温は人肌と同じ35℃が望ましいですが、そこまで神経質にならなくてもいいのでぬるま湯というアバウトな感覚でOKです。

冬の朝は寒くて温度を上げたくなりますが、そこはグッと堪えてください。

時間は1分以内で行い、手のひらで強く叩いたり刺激を与えず優しい力加減を心がけましょう。

水洗顔のルール

  • 水洗顔は朝だけ or 2日に1回は洗顔料を使う
  • 水洗顔後は保湿する

水洗顔を初めて実戦しようとする人は、朝・晩ともに洗顔料を使用しないで化粧水+乳液も一切使わないと考えているんじゃないかな。

僕もそのやり方で水洗顔をやったのですが、結果的にニキビが悪化したので正しいやり方とは言えません。

水洗顔を実施するうえでは、上記のルールを必ず守りましょう。

水洗顔だけでは皮脂汚れが溜まる

まず言えることは「水洗顔だけでは絶対に汚れが蓄積していく」ってことです。

正直、2日目には水だけじゃ汚れは落ちていないっていうのが見た目でわかります。

「最初は気になるのは当然だ!我慢しよう!」言い聞かせていましたけど、肌はベタベタするしテカリやニキビは悪化するだけ。ニキビも増えるわ角栓は詰まるわで肌コンデイションは最悪になりました。

この苦い経験からわかったことは、夜まで溜めた皮脂汚れは洗顔料を使って落とさないとダメだということです。

朝はともかく、日中は外気の汚れや埃など皮脂汚れ以外も蓄積するので、水だけでは十分に落ち切りません。

特に脂性肌で皮脂量の多い人は、水のみの洗顔ではニキビが悪化するだけなので、せめて夜だけは肌に優しい石鹸を使って余分な皮脂だけを落とすことが大切です。

水洗顔と相性のいい洗顔料はNon A石鹸

肌への刺激を極力減らすためには、泡立ちのよい洗顔料を選ぶことが重要です。

ニキビ肌の人ほどゴシゴシと力任せで汚れを落とそうとしがちなので、モコモコ泡で包み込むように洗顔することを肝に銘じておきましょう。

そこでオススメなのが、不器用な人でも簡単に弾力のある濃密な泡が作れるNon A(ノンエー)石鹸です。

見た目はシンプルな固形石鹸ですが、泡立ちの良さが他の洗顔料とは比べ物にならないレベルにあります。

朝は水だけで、夜はNon A石鹸でしっかり汚れを落とすことが理想の水洗顔のやり方と言えるので、これから水洗顔を実践しようと考えている人はNon A石鹸を試してみるといいでしょう。

ノンエー(Non A)石鹸はニキビに効果ある?口コミ高評価を検証したニキビに効果的な洗顔料を調べると有名なNonA(ノンエー)石鹸に辿り着きますよね。 口コミの評価も高い人気の固定石鹸なので、「自分...

 NonA公式ページ

水洗顔後は化粧水などで保湿ケアをおこなう

保湿しない方が肌の調子がいいと言う人もいますが、大人ニキビができやすい人は保湿が必要です。

例外として、化粧水をつけた直後に肌が赤くなったりヒリヒリ刺激を感じた場合は、一度使用を中止して様子をみた方がいいでしょう。

これは、過度なケアで刺激に敏感になって化粧水の成分が負担になっている可能性が高いので、この場合は下手につけない方が賢明な判断です。

この辺は自分の肌を観察しながら判断するといいですが、一向に症状が治まらない時は早めに皮膚科で診察してもらいましょう。

水洗顔の実施期間の目安

水洗顔を始めるにあたっては最初は肌が汚くなる場合がありますが、これは肌環境の変化による要因が大きいです。

つまり2~3日ニキビが増えたとしても「水洗顔は肌に合わない」と判断するのは時期早々と言えます。

最低でも1ヵ月は継続して行ってから相性を判断するべきです。

このため、多少ニキビができても支障が出ない時期を狙ってやることを推奨します。

ニキビができても1ヵ月は一喜一憂しないで試しましょう。

1ヵ月の理由はターンオーバーの周期が正常な状態だと28日だからです。できれば3ヵ月とか続けた方がいいのですが、合う合わないの中間判断は1ヵ月で十分です。

水洗顔と相性のいい肌質

様々な化粧品を試しまくったり過度なスキンケアにより敏感肌になった人は、水洗顔との相性がいいので取り入れてみる価値があります。

洗顔料を使用した後に肌全体が赤くピリピリする人なんかはぜひ実施を検討してほしいです。

過度なスキンケアでターンオーバーが早まって敏感肌になっている可能性もあるので、一度水洗顔でリセットさせた方がいいでしょう。

異常なターンオーバーを整えてニキビができやすい環境をまずは改善させることが優先事項なのです。

過度なケアで敏感肌になった人の場合、ニキビを治すというよりもスタート地点に戻りましょうって感覚に近いですかね。-1を0にする感じ。

朝に水洗顔を取り入れることで肌への負担を軽減させ、少しずつ肌をリセットさせていきましょう。

 

あとは乾燥肌の人も「水洗顔を取り入れたら大人ニキビが減った!」って声をよく聞きます。

特に大人ニキビの原因は乾燥の可能性が高いので、水洗顔を取り入れることで症状が改善する場合があります。

ただし、ストレスが原因の大人ニキビの場合は水洗顔の効果は期待できないので、水洗顔が大人ニキビと必ずしも相性がいいとは限りません。

色々試してみて、自分なりのスキンケアを確立していきましょう。

水洗顔でニキビが悪化しやすい肌質

水洗顔はニキビ治療においては引き算のアプローチになるので、自分の肌に合わない時はニキビを加速させる原因になることもあります。

変に期待値を上げるのではなく、諸刃の剣な部分があるということを理解して慎重に考えてくださいね。

特に根っからの脂性肌の人は水洗顔を取り入れた結果、ニキビが悪化する可能性が高いです。

思春期ニキビに悩んでいる10代の学生とか皮脂量が多い男性は、水洗顔で余計に毛穴詰まりを引き起こすことがありますから…

 

特に遺伝的にニキビができやすい人は、水洗顔との相性は悪いと思っていいです。

体質的な問題は、ニキビができないようにスキンケアを頑張ったり炎症が酷い時は皮膚科での治療をしたり、何かしら努力をしないと解決できないケースがほとんどですからね。

生活環境の変化や乱れた生活習慣、肌に合わないスキンケアなどがニキビの原因になっている時は、水洗顔がいい方向に転がることもありますが、元々の原因が遺伝的な問題の場合は水洗顔で解決できる可能性は低いと考えましょう。

 

また、水洗顔で重度のニキビ肌を改善させようと考えるのは危険です。

僕のようにニキビ対して重い悩みを持っている人は、水洗顔に期待するのはやめた方がいいですね。

水洗顔はニキビ跡に効果なし

結論から言うと、水洗顔を取り入れたからといってニキビ跡が改善する効果は一切期待できません。やるだけ無駄なので他の方法に目を向けましょう。

特にクレーターは真皮層にまでニキビの炎症が広がり細胞を傷つけるため凸凹しています。

一度死んだ細胞は放っておいても復活することはありませんので、水洗顔で肌本来の機能を回復させようとしても意味がないということです。

ニキビ跡治療は若いうちに開始しないと完治が難しいので、効果のない水洗顔だけのケアをしていると治りが遅れる可能性が高いです。

 

なお、ニキビ跡治療の具体的な方法として、効果の大きい順番に並べてみました。

僕がアンコア、フラクセル2、ダーマローラー、ピーリングを全部やってきた中で、効果を実感した順番になります。

施術内容 施術場所
アンコア 美容外科クリニック
フラクセル2 美容外科クリニック
ダーマローラー 美容外科クリニック、自宅(効果は落ちる)
ピーリング 美容外科クリニック、皮膚科、自宅(効果なし)

基本的に美容外科での治療が効果を実感していますね。高い金払っているのだから当然と言えば当然ですが…

無責任に美容外科に行けとは言いませんが、本気でニキビ跡を治したいなら検討した方がいいと思います。

この辺は、その人の価値観次第なところが大きいですね。

「肌ごときに何十万も払えるか!」って考えも間違いではないし、「クレーターが治るなら安いもんよ」って考えも間違いではありません。

水洗顔まとめ

水洗顔は肌バランスを整える方法の一つなので、相性のいい方はニキビ予防に効果的になります。

ただし、水洗顔はやり方を間違えるとニキビが悪化することもあるので、実施前にはしっかり知識を持つことが重要です。

そして、自分の肌に合うかどうかは実際に試してみないとわからない部分になりますので、様子を見ながら判断するといいでしょう。

思春期ニキビにはあまり推奨できませんが、大人ニキビがなかなか治りにくい人は朝の水洗顔を取り入れるのも一つの手です。